03-5953-5814無料ご相談はこちら
03-5953-5814無料ご相談はこちら

ファクタリングコラム

【保存版】ファクタリングについて解説します。初心者必見‼

コラム

2020年4月30日

「ファクタリング」とは、日本で、近年注目されている事業者向けの資金調達方法です。

事業者とは、法人や個人事業主様です。

この記事では、次のような事業主様向けにファクタリングについてご説明させて頂きます。

・資金調達を希望されている

・ファクタリングでの資金調達をご検討されている

最後までお読みいただければ幸いです。

 

※「給料ファクタリング」は個人向けの金融サービスで貸金業にあたるとして問題となっております。(貸金業は金融免許を持っていないとできない為)

この記事でご紹介しているファクタリングは、法人や個人事業主様向けの資金調達サービスです。

私ども株式会社イディアルでは「給料ファクタリング」の取り扱いはございません。

事業主向けのファクタリングを提供しております。

 

ファクタリングとは?

ファクタリングを端的にいうと「売掛債権の売買取引」です。

事業主様がお持ちの売掛債権(確定済)をファクタリング会社が買取ることによって、売掛債権の入金期日前に現金化できるサービスです。

つまり、売掛債権の入金までのタイムラグをなくすことが出来ます。

例えば、7月末が入金期日の売掛債権があった場合にファクタリングを使えば7月1日に現金化することが出来ます。

ファクタリングを「売掛債権の早期現金化」という方もいらっしゃいます。

もうお分かりとは思いますが、ファクタリングは売掛債権がないと使えません。

次に売掛債権についてご説明します。

 

売掛債権とは?

売掛債権とは売掛金とも呼ばれます。

売掛金と聞いたらピンとくる方もいらっしゃるかと思います。

売掛債権(売掛金)とは、企業間取引でサービスや商品を提供することによって発生した代金を請求できる権利です。

売掛債権には支払期日があり、売掛債権発生=資金化(現金化)というわけではありません。

一般的な売掛債権は、〇月末締めの翌月末払い、〇月末締めの翌々月払いとなっております。

支払期日に入金されて、初めて資金となります。

取引先によっては、売掛債権が発生したタイミングに即日お支払い頂ける場合も稀にございます。

もし、今ある売掛債権(売掛金)が早く入金されれば助かると思われている事業主様はファクタリングを利用することをお勧めします。

 

ファクタリング事例

ファクタリングと売掛債権について説明しましたが、簡単なファクタリング事例を紹介します。

 

東京で建設業の会社をやっている坂口社長は、8月31日に支払予定の売掛金1,000万円をファクタリングを使い8月1日に1,000万円資金化することができました。

 

以上がファクタリングの簡単な事例です。

 

ファクタリングのメリット

資金調達までのスピードがかなり早い

数ある資金調達方法の中でも、早急に資金が必要になった場合に最も有効な資金調達方法です。

銀行融資をはじめとした金融機関での資金調達は、審査時間を含めてお手元に資金が届くまでにかなり時間がかかってしまう場合があります。

ですが、ファクタリングの場合は、最短即日対応が可能です。

早急に資金を必要としている法人、個人事業主様に最適な資金調達方法です。

ファクタリングの中でも「2社間ファクタリング」が資金調達までのスピードがはやいです。

 

税金・社会保険滞納、銀行融資NG、赤字決算でも可能

ファクタリングの審査では、銀行融資と重要視する部分が違ってくるので税金・社会保険滞納、銀行融資NG、赤字決算でも可能となっています。

銀行融資では、会社の信用情報を重要視して審査を進めていきますが、ファクタリングの場合は、買取らせて頂く売掛債権がしっかりと返済されるかどうかを重要視して審査を進めていきます。

そのため、しっかりした売掛債権があれば、過去に銀行融資を断れてしまった方でもファクタリングでは審査が通ることが多いです。

 

担保や保証人は必要なし

銀行融資や金融機関などで資金調達をする際は、担保や保証人が必要になる場合があります。

ですが、担保や保証人が用意できない事業主様いらっしゃるかと思います。

ですが、ファクタリングは「売掛債権の売買取引」です。

そのため担保や保証人が必要ないのです。

 

審査に落ちても会社信用情報にキズがつかない

ファクタリングは「売掛債権の売買取引」のため借入金ではありません。

そのため会社の信用情報にキズをつけることなく資金調達が可能です。

ファクタリングを利用したからといって銀行などの融資審査が通りにくくなるということはありませんのでご安心ください。

 

売掛金の回収が出来なかった場合の弁済義務がない

万が一、売掛先の倒産や資金繰りの悪化で売掛金の回収が出来なかった場合、ファクタリング利用者に回収できなかった売掛金の弁済義務がありません。

売掛金が回収できなかった場合に、その売掛金分の金額を請求する権利を「償還請求権」といいます。

余談にはなりますが、ファクタリングを利用するにあたって気を付けてほしい点があります。

ファクタリング会社を偽った悪徳闇金業者の場合は金融免許がないにもかかわらず償還請求権があります。

通常のファクタリングは「売掛債権の売買」ですので、償還請求権がありますと「売掛債権を担保とした貸付」になってしまいます。

このような、金融免許がないのに償還請求権があるファクタリングは悪徳な闇金業者の可能性が高いと言えます。

 

取引先に知られずに資金調達することも可能

2社間ファクタリングを利用すれば、取引先に知られずに資金調達すること可能になります。また、債権譲渡登記情報を見る会社は少ないですが、契約時に債権譲渡登記を留保すれば、ファクタリングをしていることが知られることはありません。

3者間ファクタリングの場合、売掛先企業の承諾などが必要になるため必然的に取引先企業に知られてしまします。

取引先企業がファクタリングを利用していると知った場合、資金繰りが悪いと思われ最悪の場合、取引停止などということになってしまします。

取引先企業に知られたくない場合は「2社間ファクタリング」の利用をお勧めします。

 

2社間ファクタリングと3社間ファクタリング

ファクタリングの契約形態は以下の2種類があります。

 

・2社間ファクタリング(お客様、ファクタリング会社での取引)

・3社間ファクタリング(お客様、取引先企業様、ファクタリング会社での取引)

 

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングとは、お客様とファクタリング会社での契約になります。

簡単な流れですが、

①ファクタリング会社がお客様の売掛債権を買取ります。

②ファクタリング会社からお客様の口座に買取り代金を振込みます。

③お客様へ取引先企業から支払いがあった場合、ファクタリング会社へその金額をお支払いください。

必然的に売掛先企業に知られずに資金調達(ファクタリング)が可能になります。

メリットではありますが、売掛先が参加しない分、ファクタリング会社は、お客様から頂いた資料のみで買いとらせて頂く債権の存在確認をしなければなりません。

そのため手数料につきましては、3社間ファクタリングと比べて高くついてしまうのがデメリットとなります。

以下、2社間ファクタリングのメリット、デメリットをまとめました。

2社間ファクタリングのメリット

・資金調達までのスピードが速い

・取引先企業に知られることなく資金調達が可能

2社間ファクタリングのデメリット

・審査が通りづらい

・ファクタリング手数料が高くなる

・売掛金をお客様からファクタリング会社へ支払わなくてはいけない

 

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングとは、お客様とファクタリング会社、売掛先企業様での契約になります。

簡単な流れですが

①ファクタリング審査の段階で取引先企業に売掛債権を譲渡してもいいかの確認をとります。

②審査通過後、3社間での契約になります。

③支払期日までに取引先企業からファクタリング会社へ売掛金の振込をしていただければ完了です。

2社間ファクタリングと違い売掛先の承諾を取る必要があります。

その分、調達までの時間がかかってしまいます。

しかし、2社間ファクタリングより手数料が安いのがメリットです。

なぜ手数料が安くなるのかというと、2社間ファクタリングの場合、売掛債権の未回収リスクが高いのに対して、3社間ファクタリングは売掛先企業様も参加しますので売掛債権未回収のリスクが少ないためファクタリング手数料が安くなります。

その他のメリットとして、2社間ファクタリングの場合はお客様がファクタリング会社へお支払いしなければいけませんが、3社間ファクタリングの場合で、お支払いは売掛先企業様から直接ファクタリング会社へ行います。

そのため、お支払いの手続きに時間をかけなくていいのです。

以下、3社間ファクタリングのメリット、デメリットをまとめました。

3社間ファクタリングのメリット

・ファクタリング手数料が安い

・審査が通りやすい

・支払いは取引先企業からなので手間がいらない

3社間ファクタリングのデメリット

・資金調達までのスピードが遅い

・取引先企業に知られてしまう

 

このようにそれぞれメリット・デメリットがあります。

お客様の状況を考えた上でご契約方法をお選びください。

 

イディアルのファクタリング特徴

ファクタリングについて簡単に説明しましたが、次は弊社「株式会社イディアル」のファクタリングサービスの特徴をご紹介させて頂きます。

 

最大98% 業界最高水準の高価買取

ファクタリングには、手数料が発生します。

手数料が高いほど、買取金額が安くなります。

弊社は、ファクタリング手数料が安いため、高価買取が可能です。

見積りだけでも大丈夫ですので、他のファクタリング会社と比べてください。

スピード審査、スピード契約で即日調達が可能

株式会社イディアルはお客様をお待たせしません。

申し込みから最短60分のスピード審査、オンラインでのスピード契約にも対応しております。

最短、お申し込み当日に買取金額をお客様の口座へお振込み致します。

お急ぎの方は是非ご相談ください。

債権譲渡登記の留保も可能

債権譲渡登記に関しては、お気軽にご相談ください。

条件にもよりますが、債権譲渡登記の留保も可能です。

ファクタリングの債権譲渡登記があり、銀行融資を受けられない方は是非ご相談ください。

全国対応、全国出張可能

株式会社イディアルは全国対応しているファクタリング会社です。

2020年現在、全国で数多くのお客様が弊社のファクタリングサービスを利用しております。

また、全国出張対応も可能ですのでお気軽にご相談ください。

根本的な資金繰り改善のアドバイスをします

ファクタリングを利用した場合でも、必ず資金繰りが改善されるとは限りません。

弊社には、資金繰り改善に特化したコンサルタントが在籍しております。

ただ単に債権を買取るファクタリング会社ではなく

「資金繰りの改善ができるファクタリング会社」

です。お気軽にご相談ください。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

ファクタリングは、資金繰りを改善するために有効な資金調達方法の一つです。

是非、この記事が参考になり1社でも多くの企業様の資金繰りが改善することを心よりお祈りしております。

資金繰りの問題を経営者様が抱えていると、本業にも影響を及ぼし売上低下につながり悪循環となってしまうケースも少なくはありません。

資金繰りの改善を、株式会社イディアルにお任せいただいて経営者様が本業に集中できるようご支援させて頂きます。

ご相談だけでも結構ですのでお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合せください
CONTACT

to top