03-5953-5814無料ご相談はこちら
03-5953-5814無料ご相談はこちら

ファクタリングコラム

【保存版】フリーランス向けのファクタリング講座

コラム

2020年6月12日

目次

2020年新型コロナウイルスの感染拡大により影響でフリーランスの資金繰り悪化が多発しております。

法人よりも個人に近いフリーランスの資金調達事情、ファクタリング事情について解説していきます。

また、フリーランスが失敗しないファクタリング会社の選び方などを解説します。

まず、フリーランスの定義について解説いたします。

 

フリーランスの定義

フリーランスとは、企業や組織に属することなく、個人で仕事を請け負う働き方のことです。求められる技術やサービスを契約ごとに提供し、その対価としての報酬を受け取るという契約体系です。

 

職種に関係なく、自己のスキルを生かし仕事ができるのであれば、誰でもフリーランスを名乗れます。

フリーランスはどの仕事を受けるのかも自分で選択し、受注から納品まで全て自己責任で完結させなければいけません。

 

フリーランスは、給料受給者と違い収入が安定しないというイメージがあります。

 

フリーランスと資金調達

フリーランス様が使える資金調達方法は、法人や個人事業主とは違い少ないと言えます。

下記はフリーランスが使える資金調達方法です。

・国民金融公庫からの借入

・ビジネスローン

・カードローン

・キャッシング

・ファクタリング

 

借入、ローン、キャッシングなどの場合、フリーランスが給料受給者と違い収入が安定しないというイメージがあるため、審査に通りづらいということがあります。

今回は、この記事のタイトルにもあるように、「ファクタリング」での資金調達をお勧めします。

 

ファクタリング講座フリーランス編

ファクタリングとは?

ファクタリングとは、売掛金の早期買取サービスです。フリーランスがクライアントにサービスを提供したときに、クライアントへ代金を請求する権利を売掛債権(売掛金)と言います。

ファクタリングは、この売掛金をファクタリング会社が買取、早期資金化することができます。

たとえば、8月末支払いの売掛金があった場合、殆どの場合、支払われるのは8月末ですが、ファクタリングを使えば7月〜8月頭には現金化することができます。

 

売掛金がある=資金化ではない

売掛金があるからと言って、資金化されているわけではありません。

売掛金は入金されて初めて資金化されます。

売掛金を請求できる企業を「売掛先企業」といいます。

万が一の売掛先企業が倒産した場合や資金繰りが悪化した場合、売掛金の回収が出来なくなり不良債権になってしまいます。

また、ビジネス上のトラブルにより売掛金が入金されないこともありえます。

売掛金には、どんな状況であれ未回収リスクがあります。

 

フリーランスの売掛金は未回収リスクが高い?

総合的にみてフリーランスの売掛金は、未回収リスクが高いと言えます。

理由は下記の通りです。

 

売掛先企業の企業規模が小さいことが多い

フリーランスが取引をできるのは、フリーランスでも発注が許可されている企業のみです。日本の大企業を中心にフリーランスへの発注は原則不可というところが多いです。

必然的にフリーランスが取引するのは中小零細企業になってしまいます。

中小零細企業は、大企業と比べて資金繰り悪化や倒産のリスクが高くなります。

したがって売掛金の未回収リスクが高くなります。

 

全て1人で行わないといけないため

フリーランス様は全ての業務を1人で行うため、トラブル時の交渉などもしなくてはいけません。

トラブル発生により売掛金の未回収を回避する交渉能力がないと売掛金の未回収になってしまいます。

 

支払いサイトが長い傾向がある

フリーランスは、前項でお話ししたように全ての業務を1人で行わなければいけません。交渉に特化している影響のように交渉が出来るかは少ないと思います。

売掛先企業も、資金繰りを安定させるため支払いサイトは可能な限り長い方がいいです。

一般的な支払いサイトは、末締め翌月末払いですが、フリーランス様の場合だと末締め翌々月15日払いや末締め翌々月末払いなどになってしまいやすいです。

支払いサイトが長いほど、売掛金の未回収リスクが高くなります。

 

上記の理由によりフリーランスの売掛金は未回収リスクが高いと言えます。

 

売掛金の未回収リスクはファクタリングで回避できる?

一般的なファクタリング契約には償還請求権はありません、

※もし償還請求権のあるファクタリング会社があれば悪質なファクタリング会社の可能性が高いのでご注意ください。

 

償還請求権とは

償還請求権とは、ファクタリングで買取った売掛金が未回収になった場合、売掛金の売却をした人に弁済や保証させる権利です。

繰り返しますが、一般的なファクタリングには償還請求権がありません。

万が一、売掛金が未回収になった場合でも、売掛金の売却者は一切の責任を取らなくても大丈夫です。

 

ファクタリングで売掛金未回収リスクをなくす

売掛金をファクタリングした場合、売掛金の未回収リスクはゼロになりますので、売掛金の未回収リスクが高いフリーランスにはお勧めです。

 

■2種類のファクタリング契約

ファクタリングには2種類の契約形式があります。

・フリーランス様とファクタリング会社で行う「2社間ファクタリング」

・フリーランス様とファクタリング会社、売掛先企業で行う「3社間ファクタリング」

ここでは2つのファクタリング形式について説明します。

 

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングとは、フリーランス様とファクタリング会社での契約になります。

おおまかな流れは以下となります。

① ファクタリング会社へ問い合わせ(申し込み)

② ファクタリング会社の審査(債権確認など)

③ 取引内容の確定(買取額、手数料など)

④ ファクタリング契約(契約書の作成など)

⑤ ファクタリング会社からお客様へ買取金額の支払い

⑥ 売掛先から個人事業主様へ売掛金の支払い

⑦ 支払いがあった売掛金をファクタリング会社へ支払い

 

2社間ファクタリングのメリット

・売掛先企業に知られることなく資金調達が可能

・資金調達までのスピードが早い

 

2社間ファクタリングのデメリット

・ファクタリング手数料が高い

・審査難易度が高い

・売掛先企業にファクタリングしていることを知られてしまう

・入金された売掛金をファクタリング会社に支払う必要がある

 

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングとは、フリーランス様、売掛先企業、ファクタリング会社での契約になります。

3社間ファクタリングのおおまかな流れは以下となります。

 

① ファクタリング会社へ問い合わせ(申し込み)

② ファクタリング会社の審査(債権確認など)

③ 取引内容の確定(買取額、手数料など)

④ ファクタリング契約(契約書の作成など)

⑤ ファクタリング会社へ債権の譲渡

⑥ 売掛先企業に債権譲渡の通知、承諾

⑦ ファクタリング会社からお客様へ買取金額の支払い

⑧ 売掛先からファクタリング会社へ売掛金の支払い

 

3社間ファクタリングのメリット

・手数料が安い

・審査難易度が低い

・ファクタリング会社に支払う手間がなくなる

 

3社間ファクタリングのデメリット

・資金調達までのスピードが遅い

・取引先企業に知られてしまう(取引先企業に手間がかかる)

 

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングのどちらがいいか?

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングのどちらがいいか?については、お客様の状況によります。

選ぶポイントは、「資金調達までのスピード」「ファクタリング手数料」「調達までのスピード」の3項目で判断すると決めやすいです。

 

資金調達までのスピード

2社間ファクタリング 即日~10日程度

3社間ファクタリング 10日~20日程度

早急に資金が必要な場合は2社間ファクタリングを選択するべきです。

 

ファクタリング手数料

2社間ファクタリング 5%〜25%

3社間ファクタリング 1%〜15%

時間に余裕があり、売掛先企業に知られてもいいのであれば3社間ファクタリングを選択するべきです。

 

ファクタリングのメリット

最短即日資金調達が可能

ファクタリングは、最短即日資金調達が可能です。

ファクタリングは審査にかかる時間が他の資金調達方法と比べると大幅に短縮されるからです。

 

とにかく簡単に資金調達できる

初めて資金調達をする際は、手続き等が難しく戸惑ってしまう方が多いかと思います。

仮に公共融資で資金調達を行う場合、資金繰り表や事業計画書の提出、担保や保証人の手続き等がありますので、フリーランスに多大な負担がかかります。

ファクタリングなら、資金繰り表や事業計画書の提出、担保や保証人の手続きがありません。

他の資金調達方法と比べても比較的簡単な手続きで資金調達できます。

 

信用情報に悪影響がない

ファクタリングは、「売掛債権の買取サービス」ですので借金やキャッシングではありません。借金という扱いにならないため、信用情報に悪影響を及ぼすことなく資金調達ができます。また、ファクタリングを利用したからといって、キャッシングやクレジットカードの審査に影響を及ぼすことはありません。

 

フリーランスでも審査に通りやすい

ファクタリングは、謝金ではありませんので、キャッシングやローンより審査が容易です。

万が一、キャッシングやローンの審査に落ちてしまった場合でも、ファクタリングの審査に通る可能性は十分にあります。

また、フリーランスでも信用度の高い売掛金があれば審査に通りやすいです。

 

売掛先企業が倒産しても弁済義務がない

ファクタリングは、償還請求権がありません。

償還請求権とは、ファクタリングで買取った売掛金が未回収になった場合、売掛金の売却をした人に弁済や保証させる権利です。

万が一、売掛金の回収ができなかったとしても売却者は弁済や保証をする必要はありません。

 

担保・保証人不要で利用可能

キャッシングやローンなどを利用する際は、担保や保証人が必要になることがあります。

ファクタリングは、担保や保証人不要で資金調達が可能になります。

 

ブラック、税金滞納中でも利用可能

ファクタリングの審査は、キャッシングやローンなどと重視する部分が違いますので、ブラックリストに載っている方、税金滞納中の方でも利用可能となります。

 

財務状態が改善する

たとえ売上が順調でも、支払いサイトがネックとなり、資金繰りが厳しくなってしまう方も多いかと思います。

入金までの間に発生する支払い費用が多いと、手元の資金が不足しがちになってしまいます。

ですが、ファクタリングを利用すれば、入金期日前に早期資金化が可能となりますので、資金ショートの恐れがなくなります。

 

売掛先企業様に知られずに資金調達が可能(2社間ファクタリング)

先ほどもお話ししましたが、ファクタリングの契約形態は、以下の2種類があります。

・2社間ファクタリング(お客様、ファクタリング会社での契約)

・3社間ファクタリング(お客様、ファクタリング会社、売掛先企業様での契約)

2社間ファクタリングの場合、売掛先企業様が参加しません。

必然的に、売掛先企業様に知られずに資金調達が可能になります。

そのため、売掛先企業様から「資金繰りが厳しいのではないか…」とマイナスな印象を持たれる心配もありません。

 

ファクタリングのデメリット

契約形態によっては、ファクタリング手数料が高くなる

ファクタリングには2種類の契約形態があります。

・2社間ファクタリング(お客様、ファクタリング会社での契約)

・3社間ファクタリング(お客様、ファクタリング会社、売掛先企業様での契約)

契約形態によって、ファクタリング手数料に大きな差があります。

 

以下が、それぞれのファクタリング手数料相場です。

・2社間ファクタリングの手数料相場 5%~30%

・3社間ファクタリングの手数料相場 1%~10%

このようにファクタリングは、契約形態によって、ファクタリング手数料が高くなってしまいます。

 

売掛金以上の資金を調達できない

ファクタリングは、「売掛金の買取サービス」です。

そのため、売掛金以上の資金を調達できません。

もし、1000万円の資金調達が必要な場合、1000万円以上の売掛金がないと、ファクタリングでは1000万円の資金調達をすることができません。

 

分割払いができない

ファクタリングは、分割払いができません。

分割払いになってしまうと、分割払いの間に金利が生じてしまい、貸金と見なされてしまいます。

貸金業は、金融免許を持っていないと行えません。

したがって、金融免許を持っていないファクタリング会社での分割払いは違法になってしまうためできません。

 

売掛先企業様に知られてしまう(3社間ファクタリング)

ファクタリングには2種類の契約形態があります。

・2社間ファクタリング(お客様、ファクタリング会社での契約)

・3社間ファクタリング(お客様、ファクタリング会社、売掛先企業様での契約)

3社間ファクタリングでの契約の場合、2社間ファクタリングと違い、売掛先企業様が参加します。

ファクタリング審査の段階で、売掛先企業様にファクタリング契約の承諾を取らなければいけませんので必然的に、売掛先企業様にファクタリングの利用を知られてしまいます。

ファクタリングの利用者数は、近年増加の傾向ではありますが、まだ知名度はそれほど高くはありません。

そのためファクタリングの利用は、少なからず資金繰りに問題があるのではないかとマイナスな印象を持たれてしまう可能性があります。

最悪の場合、取引縮小や停止になる恐れがあります。

売掛先企業様に知られずに資金調達をしたい場合は、2社間ファクタリングでの資金調達がおすすめです。

 

・ファクタリング会社選びが難しい

日本には数多くのファクタリング会社があります。

近年、日本でもファクタリングサービスが広まってきたことにより、新しいファクタリング会社が増えてきています。

そのため、ファクタリングの利用を検討している場合、どの会社を選べばいいのかわからなくなってしまう方が多いかと思います。

ファクタリング会社によって契約内容やファクタリング手数料の設定は異なっていきます。

①A社:2社間ファクタリング、手数料22%

②B社:2社間ファクタリング、手数料18%

③C社:2社間ファクタリング、手数料10%

このように大きな差が開くことも珍しくありません。

1円でも手数料を安く抑えるためにも一社だけにお申込みをするのではなく、複数社にお申込みをすることがおすすめです。

 

闇金のような悪質なファクタリング会社が存在する

ファクタリング会社のなかには、闇金のような悪質なファクタリング会社が存在します。

悪質なファクタリング会社と契約をしてしまえば、高額なファクタリング手数料でのファクタリングになってしまいますので、かえって資金繰りが悪化してしまいます。

 

失敗しないファクタリング会社の選び方(フリーランス編)

ファクタリングは会社選びで全てが決まります。

会社選びに失敗してしまうと資金繰りの改善どころではなくなってしまします。

ここでは、フリーランスが失敗しないファクタリング会社の選び方について解説します。

 

フリーランスとファクタリング業界

日本には100社以上のファクタリング会社がありますが、

フリーランス様が利用できるファクタリング会社(悪質なファクタリング会社を除く)は数社しかありません。

弊社イディアルも「フリーランス様が利用できるファクタリング会社」の一つです。

選択肢が少ないファクタリング会社の中で、一番いい条件の会社と」契約するのがベストです。

 

フリーランス様のファクタリング審査は通りづらい?

フリーランス様は、法人や個人事業主と比較してもファクタリング審査に通りづらい傾向があります。

その理由は、前に説明したように売掛金の未回収リスクが高いからです。

有名企業や上場企業の継続的な売掛金があれば審査にも通りやすいのですが、フリーランスの売掛先は中小零細企業がほとんどです。

「フリーランスはファクタリング審査に通りづらい」

ということを忘れずにファクタリング会社を探すことをお勧めします。

ファクタリング会社を探す過程で、数社のファクタリング審査に落ちることも十分考えられます。精神的なダメージを受けないためにも意識してください。

 

ファクタリング会社は、会社によって大幅に審査基準が違う

ファクタリング会社は、独自の審査基準を持っています。

A社で落ちてB社で通過したなんてことはよくあります。

審査基準が違うので、審査に落ちてしまった場合はあきらめずに他のファクタリング会社に問い合わせをしましょう。

 

ファクタリング会社選定方法

フリーランス様が1社のファクタリング会社に申し込みをして、スームズに審査に通り契約となるケースは多くはありません。

審査に通らないこともありますし、手数料で折り合いがつかなかったりもします。

契約するまでに、数社から10社程度の会社とコンタクトをとらなければいけないケースが多いように思えます。

フリーランス様の場合、なるべく多くのファクタリング会社に問い合わせしてみましょう。

どこも審査は無料なので安心してお申し込みください。

また、審査に落ちてしまうこともあると思いますが、お気を落とさないでください。

「フリーランスは審査に落ちて当たり前」

という気持ちを持ちましょう。

多くのファクタリング会社に申し込みをして、その中から選定していきましょう。

 

ファクタリング会社選定のポイントは以下の通りです。

① 悪質なファクタリング会社ではないか?

② 手数料は、他と比べても安いか?

③ ファクタリング会社との相性はいいか?

それでは、項目ごとに解説していきます。

 

① 悪質なファクタリング会社ではないか?

ファクタリング会社の中には、「闇金」のような悪質なファクタリング会社も存在します。

平気で違法行為を行いますのでご注意ください。

万が一にでも悪質なファクタリング会社と契約してしまった場合、資金繰りがさらに悪化して事業継続どころではなくなります。

下記、項目に1つでも当てはまれば悪質なファクタリング会社の可能性が高いです。

 

・手数料が相場より高額

・手数料以外の費用が発生する

・償還請求権がある

・担保や保証人を要求する

・契約書を作ろうとしない

・住所が架空

・振込先が法人口座ではない

・いつも同じ人しか電話に出ない

・連絡はいつも携帯から来る

 

このようなファクタリング会社との契約はトラブルに発展しやすいのでやめましょう。

通常のファクタリング会社でしたら上記に当てはまることはほぼありません。

 

② 手数料は他と比べて安いか?

ファクタリング会社に申し込み、審査に通ると手数料が提示されます。

提示された手数料が極力安いファクタリング会社を選びましょう。

ファクタリングは、貸金業法などの規制する法律はありません。

なので、ファクタリング会社ごとに審査基準は様々です。

提示された手数料にも大きな差があるケースも少なくはありません。

ファクタリング手数料が高いとかえって資金繰りが悪化してしまいますので、それを踏まえて選定してください。

 

③ ファクタリング会社との相性はいいか?

最後にファクタリング会社との相性で判断してください。

どんなに手数料が安くとも相性が良くなければ良くありません。

ファクタリングは、大きな金額が動く契約です。

 

トラブルになるケースも少なくはありませんので慎重に選んでください。

 

・ファクタリング会社の選び方 まとめ

・個人事業主様は利用できるファクタリング会社が法人よりも少ない

・審査は無料なので多くのファクタリング会社にコンタクトをとる(相見積もり)

・ファクタリング会社選定のポイント

①悪質なファクタリング会社ではないか?

下記に当てはまる場合は悪質なファクタリング会社の可能性が高い

・手数料が相場より高額

・手数料以外の費用が発生する

・償還請求権がある

・担保や保証人を要求する

・契約書を作ろうとしない

・住所が架空

・振込先が法人口座ではない

・いつも同じ人しか電話に出ない

・連絡はいつも携帯から来る

 

②手数料は、他と比べても安いか?

手数料が極力安いファクタリング会社を選びましょう

 

③ファクタリング会社との相性はいいか?

相性のいいファクタリング会社を選びましょう

 

ファクタリングは会社選びが重要ですので、この記事を参考にベストなファクタリング会社を見つけていただければ幸いです。

フリーランス様の資金繰りが一日でも早く改善することを心より願っております。

 

ファクタリング審査に必要な書類(フリーランス様)

フリーランス様がファクタリング審査に必要な書類等をご紹介致します。

審査に通りやすくするため、審査必要書類は可能な限り不備なく揃えましょう。

※下記の「ファクタリング審査に必要な書類」は一般的なものです。ファクタリング会社によっては、必要がなかったり、下記以外のものが必要になることもあります。

 

身分証明書

申込者の身分を証明する証明書です。運転免許証、パスポート、保険証などです。

可能であれば、運転免許証、パスポートなどの「顔写真付き身分証」の方がファクタリング会社の印象がよくなります。

 

確定申告書

個人事業主様の業績を確認するために必要となります。過去3期分あれば問題ないと思います。基本的には税務署の申告印があるものが必要です。

開業のタイミングでまだ申告できていない場合や、申告をしていない場合はファクタリング会社にご相談ください。

 

通帳(過去3か月分の履歴)

通帳が必要な理由は2点あります。

「過去の売掛先からの入金履歴確認」

売掛先から毎月きちんと入金されていれば審査に通りやすくなります。

「資金の流れの確認」

どのような資金の流れになっているか確認します。不自然なものがあれば印象が下がります。

個人事業主様でよくあるのですが、事業資金と個人資金が混在になっているケースがあります。その場合、ファクタリング会社の印象もよくないので、事業用の通帳と個人使用用の通帳をわけておきましょう。

 

資金繰り表

個人事業主様の資金繰りがわかる書類いです。提出フォーマットはないですが、ファクタリング会社にもフリーランス様の資金繰りがわかる資料です。

ファクタリング会社がフリーランス様の資金繰り状況がわかることにより審査がスムーズに行われます。

 

売掛金を証明する資料(成因資料)

売掛金を証明する資料(成因資料)が必要になります。ファクタリング会社は、本当に買取対象の売掛金があるか?から確認します。

※過去に架空の売掛金でファクタリングしたケースが多数あります。

売掛金を証明する資料(成因資料)として、請求書、契約書、検収書、発注書などが必要になります。

すべてそろっていたら、印象がよくなるので、いままで用意できていなかったら今後は用意しておくようにしましょう。

上記以外にも、売掛金を証明できる証拠があれば一緒に提出してください。審査に通る可能性が高まります。

 

税金、保険関連の資料

納税証明書や保険料の支払い証明書が必要になるケースがあります。

必要な理由は、国や地方自治体の期間の場合、支払いを滞納していると売掛金を差し押さえられる可能性があるからです。きちんと払っていることを証明してください。

万が一、滞納している場合でも、関係各所と分納計画をたてていればファクタリングできる可能性は高くなります。

 

フリーランス様のファクタリングはイディアル にお任せください。

弊社イディアルでは、フリーランス様に特化したファクタリングをご提供させて頂いております。

ファクタリングをご検討中のフリーランス様は是非お気軽にお問い合わせください。

無料で審査の方をさせて頂きます。

もちろん質問だけのお問い合わせでも大歓迎です。

すでにファクタリングを利用中で他社からの乗換も大歓迎です。

※現在利用中のファクタリング会社より手数料を安くします。

フリーランス様の資金問題や不安が解消されるよう株式会社イディアルスタッフ一同全力でサポートさせて頂きます。

 

フリーランス様のファクタリング事例

デザイナー ○○様 東京都豊島区

2020年5月に40万円資金調達成功

手数料:6.5%(2社間ファクタリング)

調達までの期間:5日

 

○○様からの頂いたお言葉

フリーランス専用の資金調達サービスに申し込みましたが審査に落ちてしまいました。

ダメもとで、御社に申し込みしたら無事に通ってよかったです。

 

システムエンジニア ○○様 東京都新宿区(他社からの乗り換え)

2020年5月に80万円資金調達成功

手数料:5%(2社間ファクタリング)

調達までの期間:3日

 

○○様からの頂いたお言葉

今まで利用していたファクタリング会社が急に使えなくなり、急遽申し込みました。今までのところよりも手数料が安くなり大満足です。

 

コンサルタント ○○様 北海道札幌市

2020年5月に40万円資金調達成功

手数料:8%(2社間ファクタリング)

調達までの期間:8日

 

○○様からの頂いたお言葉

御社に申し込みするまで5社以上のファクタリング会社の審査に落ちました。

ようやく御社での審査に通りホッとしています。

コロナの影響で資金繰りが悪化していたので助かりました。

お気軽にお問い合せください
CONTACT

to top