【札幌特化】札幌で資金調達を成功するためのファクタリング利用方法2021年版

プライバシーポリシー

tel

0120-471-023

受付時間 9:00~19:00(土日祝除く)

無料ご相談はこちら
03-5953-5814無料ご相談はこちら

ファクタリングコラム

【札幌特化】札幌で資金調達を成功するためのファクタリング利用方法2021年版

ファクタリング

2021年7月15日

目次

札幌で資金繰りに悩みを抱えている経営者様は、資金調達の選択肢に「ファクタリング」を加えてはいらっしゃるでしょうか?ファクタリングは、融資の審査に通過することが難しいと言われる中小企業や個人事業主も利用しやすい資金調達方法です。この記事ではファクタリングの基礎から学べる「Q&A」や、札幌で売掛債権の売却による現金化を成功させるポイントなどを解説します。

「札幌の地域経済の状況」

日本全国の様々な地域で新型コロナウイルスは大きな影響を与えており、札幌の経済も厳しい状況が続いています。スーパーやコンビニなど生活に密着した業種は少しずつ売上を伸ばし観光客も徐々に増えているものの、有効求人倍率が下がり続けていることからも経済の持ち直しの動きは弱いと見ることができ、全国の動向と比較しても芳しくないと言わざるを得ません。

「タイムリーな資金調達」が非常に重要となっている

全国でワクチン接種が進み今後は札幌でも経済の回復が見込まれますが、それは今すぐではなく、これからも先を見据えながら会社経営を行なっていかなくてはなりません。しかし融資に頼ろうとしても金融機関が満足する返済計画を建てるのは難しく、審査通過は容易ではありません。またいつ緊急事態宣言などにより経済が止められるかも予測しにくい状況であることから、その時々に対応できる「タイムリーな資金調達」の実現が非常に重要となっています。

札幌で「ファクタリング」未利用の経営者様向け「Q&A」

ファクタリングを利用されている企業は中小企業を中心にここ数年で大幅に増加していますが、融資と比較して一般的な資金調達方法と呼べるまでには浸透していないのが事実です。ですから経営者様の中には、ファクタリングに関する知識があまりないという方も少なくはないはずです。ここからは質問に答える形でファクタリングの基礎を解説します。何か良い資金調達方法はないかと札幌でお探しの経営者様は、是非ご一読ください。

ファクタリングって何?

ファクタリング(factoring)とは売掛債権を買取業者に売却し現金化するサービスであり、日本語では「売掛債権買取業務」というよう現されます。日本ではここ数年で知名度を高めた資金調達方法ですが、15世紀にイギリスで誕生し、20世紀初めころからアメリカで大きな発展をしました。海外では一般的な資金調達方法の1つとして数えられており、日々多くの企業が利用しています。

ファクタリングの利用条件は?

ファクタリングによる資金調達を行う必須条件は「売掛債権を保有している」ということです。対象は法人や個人事業主様となりますが、一部のファクタリング会社は利用対象者を法人に限定している場合がありますので、個人事業主様は確認しておくことをおすすめします。またファクタリング会社の中には開業直後の利用を歓迎せず、「設立後1年以上」というような条件を設定している場所も存在します。必須条件は「売掛債権を持つ法人または個人事業主様」となりますが、申込前に条件を確認しておくと安心です。

ファクタリングを利用するメリットは?

「中小企業や個人事業主向け」の資金調達方法と呼ばれるファクタリングは、多くの企業が利用しやすい審査基準や資金調達完了までの早さなど様々なメリットを兼ね揃えています。その中には他の資金調達方法では実現の難しい項目も存在しており、融資を筆頭に今まで利用してきた資金調達方法の不満点を解消してくれる可能性が充分にあるのです。

期日前の債権を現金に変えることができる!

売掛債権を買取り現金へと変えるファクタリングでは、支払期日を過ぎた債権は原則として対象外となります。これはつまり「支払期日前に債権を現金に変えることができる」ということとイコールです。多くの中小企業や個人事業主様は売掛金の支払サイトまでの資金繰りに日々悩まされているはずです。ファクタリングは、その大きな問題を解決できる資金調達方法なのです。

申込当日など素早い資金調達が可能!

銀行からの融資は通常一ヶ月程度の日数が必要となり、低金利が魅力である日本政策金融公庫からの借入れなどはさらに日数がかかることも珍しくありません。ですからこれらの資金調達方法は急ぎで現金が必要なタイミングでは利用しやすいとは言えません。ビジネスローンであれば即日など短期間での融資も期待できますが、特に初回は限度額が低くされ金利は上限に近くなるなど満足できる条件になりにくいという問題があります。しかしファクタリングであれば相応の額の債権があれば高額資金調達も可能であり、即日買取が行われる可能性も充分にあります。

銀行融資とは大きく違う審査基準!

銀行融資の審査では、融資を受けた資金を確実に返済できる能力があることを示す必要があります。ある程度は健全な財務内容を保っており、融資を希望する額は目的に対して妥当、さらに融資によって事業が成長または好転すると判断されることも重要です。その上で無理のない返済計画も求められ、事業計画書など様々な資料を作成しなくてはなりません。それに対してファクタリングは、「売掛先に債権代金を支払う能力があるか?」が重要なポイントとなり、取引先が安定した経営を行っているのであれば審査通過は難しくありません。事実、融資の審査に通過できなかったという企業の多くが、ファクタリングでの資金調達に成功しています。

経営状況に不安があっても利用可能!

審査への影響が全くないとは言い切れませんが、ファクタリングでは債券の売却を希望している企業の経営状況は審査にあまり影響しません。赤字経営であっても、税金の滞納があったとしても、資産の差し押さえに合うほどの危機的状況でなければ審査通過することが可能です。経営状況が理由で融資が利用できなかったという企業様も、ファクタリングなら大きなチャンスがあります。

売掛先が倒産しても支払義務なし!

ファクタリングでは原則的に「ノンリコース(償還請求権なし)」で契約が行われます。これにより売却後の債券に関する責任を問われることがなく、売掛先が債券の支払いを行う前に倒産したとしても支払義務などは発生しません。しかしこれはあくまでノンリコースで契約を行った場合に限られますので、契約書上でもノンリコースとなっているかを確認してから契約手続きを行いましょう。

負債にならない!担保も保証人も不要!

債券を売却し現金に変えるファクタリングでは、調達した資金は負債にはなりません。ですから利用したことで債務超過に陥る危険はなく、また契約に担保や保証人も不要です。負債が大きくなりバランスシートの肥大化が進むと企業としての評価が低くなる危険がありますが、ファクタリングの利用はバランスシートへの悪影響はありません。

ファクタリングで注意すべきデメリットは?

ファクタリングは中小企業や個人事業主様の資金調達に非常に役立ちますが、利用に関しての注意点やデメリットが全くないわけではありません。融資に頼った資金調達は債務超過や利息の支払に追われる危険があるように、ファクタリングもデメリットなどを理解した上で利用する必要があります。

手数料が必要になる

融資ではないことで、ファクタリングを利用しても利息の支払は不要です。しかしファクタリングによる資金調達では手数料が必要となります。支払期日までの残り日数や売掛先の経営状況などから判断される回収リスクが高くなるほどに手数料も高くなっていく傾向があり、手数料分だけ債権の額面よりも手に入る現金が少なくなることは理解しておく必要があります。

売掛金がないと利用できない

ファクタリングの利用条件にもあるように、売掛債権がなくてはこの資金調達方法を利用することはできません。ですから事業を始める際の開業資金を調達するのには向かないということになります。また売掛金があったとしても、支払期日が過ぎている遅延債権は買取が難しくなります。

自社の経営が好調でも利用できないことがある

審査で自社の経営状況が重要でないことはファクタリングのメリットなりますが、これは逆に言えば順調な経営を行っていても売掛先次第では審査に落ちてしまう可能性があるということにもなります。審査で重要なのは売掛先の信用力であると意識して、売却を希望する債権選びを行なってください。

2社間とか3社間って何?

ファクタリングについて書かれている記事やファクタリング会社のサイトを見れば、かなりの確率で「2社間」や「3社間」という文字が見つかるはずです。これらはファクタリングの契約方法のことであり、どちらを選ぶかによって手数料などが大きく変わります。ですので違いを理解し慎重に選択する必要があるのです。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違い

2社間とは「債権者(債権売却を希望する企業)とファクタリング会社」のことを指し、3社間の場合ではそこに売掛先を加えます。2社間ファクタリングは売掛先への通知を行わず、3社間ファクタリングでは売掛先からの承諾を受けた上で債権の売却を行います。

2社間ファクタリングの特徴

・債権現金化が素早く実行できる
・売掛先にファクタリングの利用が知られにくい
・債権譲渡登記が必要になることが多い

売掛先への通知を行わないことで売掛先にファクタリングの利用を知られる可能性は低く
、「資金難なのでは?」などと勘ぐられる危険を回避しやすくなります。また手続きも簡略化できますので、即日現金化など短時間での債券の売却が行える確率も高まります。しかし2社間ファクタリングでは債権譲渡登記が必要になることが多く、多少の費用が発生します。また登記は法人しか行えないため、債権譲渡登記必須のファクタリング会社では個人事業主様は2社間契約を行うことが難しくなってしまいます。

3社間ファクタリングの特徴

・手数料が低く設定されやすい
・審査通過の確率が高まる
・売掛先との関係性が重要

3社間ファクタリングは売掛先が手続きに関係することで、「債権の回収リスク」が低くなります。審査や手数料は回収リスクの影響を大きく受けることから、3社間での契約を選ぶことで審査通過の確率を高め低い手数料が設定されやすくなるのです。しかし売掛先への通知を行い手続きに協力してもらうことで、企業間の関係性が悪化してしまっては問題です。ファクタリングへの理解があるかなどを考慮してから、申込みを行う必要があるかも知れません。

どんな流れで資金調達をするの?

ファクタリングによる資金調達の流れは特に複雑な点はなく、ファクタリング会社の指示に従いながら手続きを進めればそれほど戸惑う場面はないはずです。しかしある程度でも流れを理解しておくことができれば、よりスムーズに手続きを進められるのではないでしょうか?

①問合せ・申込み

まず行うべきは申込先選びです。手数料に目が行ってしまうのは仕方のないことですが、申込みの利便性や資金調達スピード、口コミなどをチェックし総合的に判断することが重要です。何か気になることがあれば問い合わせを行うなどしてから、申込み手続きを開始しましょう。現在では多くのファクタリング会社が公式サイトからのオンライン申込みに対応しており、手軽に手続きを開始することができます。

②必要書類の提出・面談・審査

申込み手続きを終えた後は、必要書類の提出や面談が行われ審査へと続いていきます。書類提出前に説明を兼ねてヒアリングが行われることもあります。提出する書類に不備があったり準備に手間取ってしまうと、審査が長引くなど良くない影響が出る可能性がありますので、しっかりと確認した上で書類を提出してください。書類は来店・郵送・FAXなど様々な方法で提出することができますが、メール添付やWebからの送付が可能な場所は手間もかからず便利です。

③契約手続き・債権買取の実行・支払い

審査に無事通過することができれば契約手続きへと進むことになりますが、慌てずに契約書を読み込み、手数料や償還請求権に関する記載がきちんとされているかなどを確認した上で契約を行ってください。その際には契約書の控えも必ず受け取っておきましょう。契約手続きをWeb上で行える「オンライン契約」に対応している場所も増えています。契約が完了すれば多くは振込により買取代金が支払われ、後日債権の代金が売掛先から支払われた際にファクタリング会社に受け渡すことで取引は完了となります。

『札幌で「ファクタリング」未利用の経営者様向け「Q&A」』まとめ

ファクタリングは売掛金があれば利用可能であり、掛け取引が抱える支払サイトの問題をクリアできる可能性の高い資金調達方法です。資金調達スピードや利用しやすい審査基準など様々なメリットがあり、デメリットは前もって理解しておけば大きな問題にならない項目が大半です。札幌で新たな資金調達方法を探している経営者様は、利用を検討してみることをおすすめします。

札幌で「ファクタリングによる資金調達」を成功させるためのポイント

ファクタリングによる資金調達を札幌で本当の意味で成功させるためには、「安全に利用できる信頼できるファクタリング会社を見つける」ことが最重要ポイントとなります。また利用する際の利便性の高さも満たしていなければ、使いやすい場所とは言えません。ここからは札幌で資金調達のパートナーを見つけるためのポイントを解説します。

「頼りになるファクタリング会社」を見つける

「頼りになる」というのは、とても抽象的な表現であり何を持って頼りになると判断するかは個々の判断に委ねられます。ファクタリング会社に関しても同じですが、今からご紹介する要素をできるだけ多く満たしている場所は、多くの経営者様にとって頼りになるファクタリング会社の可能性が高くなります。その中でも何を重視するかを考え最適なパートナーを見つけ出しましょう。

札幌市内から利用可能か?

大前提として、札幌市内から利用することができなくては話になりません。しかし利用可能であっても、「店舗がある・出張対応の範囲内・オンラインファクタリング」のどれによって利用することができるのかを確認しておかなくてはなりません。店舗に出向くのが面倒に感じる方にとっての店舗対応は価値が低いでしょうし、逆に顔を合わせての手続きでないと不安を感じる場合にはオンラインファクタリングは不向きかも知れません。経営者様の求める方法で利用できるのかを、しっかりと確認してください。

ファクタリング手数料には満足できるか?

ファクタリングを利用するには手数料が必要になります。2社間ファクタリングで「10%から30%」、3社間ファクタリングでは「1%から10%」が相場と言われていますが、売掛先の回収リスクなどによって大きく変動しますので、相場内であれば良いわけではありません。また債権譲渡登記などが必要となれば、それらの費用も請求されます。諸費用を手数料に含める場所も、別途請求する場所もありますので諸費用を含めた額で納得できるかを判断することをおすすめします。時間や労力に余裕があるのであれば、複数のファクタリング会社から相見積もりを取るのも効果的です。

債権買取のスピードは求めるタイミングに間に合うか?

申込みを行った当日に債権が現金化可能なのは、ファクタリングの大きな魅力です。しかし全てのファクタリング会社で即日資金調達が期待できるわけではありません。そしてそこまでお急ぎでないのであれば、即日対応できる場所を選ぶメリットもあまり感じないはずです。まずいつまでに資金が必要かを考え、そのタイミングに余裕を持って間に合いそうな場所を選ぶことが大切です。

手続きや問い合わせは行いやすいか?

債券の売却契約が完了するまでに、気になったことがあれば即座に問合せを行いましょう。問題を後回しにしたことで、手続きが滞ってしまっては余計な時間がかかってしまったり、最悪の場合は契約ができなくなることもあり得ない話ではないからです。問合せ用のフリーダイヤルやサイト上に問合せフォームが用意されているなど、連絡が行いやすい場所であれば何かあった際にも素早く気軽に問合せが行なえます。またオンライン対応など手続きの負担が少ない場所を選ぶのもおすすめです。

長く付き合えるファクタリング会社か?

ファクタリングは繰り返しの利用をすることで、審査時間が短くなったり手数料が低くなったりと、受けられる恩恵は小さくありません。ですから長く付き合える場所を見つけることが、後々の大きなメリットに繋がるのです。担当者の人柄も含めて判断し、相性が悪いと感じたのであれば乗り換えを検討してみるのも悪くはありません。

「悪質ファクタリング会社」は絶対に避ける

多くのファクタリング会社は利用に関して危険性はありません。ですが金融庁も注意喚起を行っている「悪質ファクタリング会社」が僅かでも存在しているのも事実なのです。札幌から利用可能な範囲内にも避けるべき危険な業者が存在している可能性はゼロではなく、悪質ファクタリング会社を見抜く目を持つことも大切です。

手数料が明らかに高額

悪質ファクタリング会社は、「利用者を騙し高額な支払いを行わせる」ことを最大の目的としています。ですから明らかに高額と感じる手数料を請求してくるファクタリング会社は、危険な場所ではないかと疑ってかかるべきです。何かしらの理由を付けてくる可能性はありますが、言いなりになるのではなく他社に相見積もりを取るなどして、妥当な額かどうかを冷静に判断してください。

手数料への消費税を求めてくる

ファクタリングに必要となる手数料は非課税であり、消費税などがかかることはありません。しかしこのことを知らない方は少なくはなく、悪質な業者はさも当然のように消費税を上乗せして請求してくることがあるのです。ただし出張費など消費税がかかってもおかしくはない費用も存在しますので、消費税の請求=悪質と考えるのは正しくはありません。「手数料は非課税」と覚えておき、気になることがあれば確認を行いましょう。

納得できない費用を請求してくる

手数料を低く見せながら本来必要ではない費用を請求してくるのも、悪質な業者が行っている手口の1つです。本来であれば一つ一つの費用に対して説明があるべきところですが、「諸費用」などとまとめ説明がないとすれば、騙そうとしていることを怪しむべきです。

住所が怪しい、固定電話がない

現在ではファクタリング会社選びにもインターネットを活用している経営者様が大半です。各ファクタリング会社のサイト上には会社概要などと書かれた項目があり、そこには代表者名や設立時期、住所などが掲載されているはずです。しかし実在しない住所であったり、掲載されているべき情報が不足している場合は、危険な業者である確率が高くなります。また電話番号が携帯電話の番号だった場合も少し注意しましょう。

「償還請求権あり」となっている

ファクタリングは売掛先に何かトラブルが発生し債権の回収が不可能となったとしても、代理での支払いが求められない「ノンリコース(償還請求権なし)」での契約が基本です。もし契約書上で償還請求権について触れられていなかったり、償還請求権ありとなっている場合は契約するのを留まってください。銀行や貸金業登録を行っている業者であれば、そのような契約も可能ではありますが、一般的なファクタリングとは契約内容が異なります。償還請求権がありながら貸金業登録を行っていない場合は、「ヤミ金融」ということになり非常に危険です。

融資と同様の条件が設定されている

償還請求権がある場合は「売掛債権担保融資」と判断される可能性がありますが、外にも保証人が必要であったり債権代金の分割払いが可能となっているとすれば、融資と判断される確率が高くなります。融資が行えるのは銀行または貸金業登録を行っている業者だけですので、契約内容に納得していたとしても確認は必要です。

契約書がなかったり控えを渡してくれない

ファクタリングは債権の売買契約です。契約を行う際には、契約書にサインを行うなどする必要があります。記載されている内容に不備がないかを確認することも重要ですが、もし契約書の控えを受け取れなくては確認しても内容を証明することができません。契約書がなかったり控えを渡せないという業者は、後ろめたいことがあると考え利用を中断し他社へ乗り換えることをおすすめします。

法人口座を開設していない

法人口座は取引先に対して安心感を与える効果があります。申し込めば必ず開設できるわけではなく金融機関に認められなければ開設できませんので、法人口座を持っている企業は安心感が高いということになります。法人口座を開設していない業者は全て危険であるというわけではないのですが、口座を持つファクタリング会社の方が危険性が低いのは事実です。

『札幌で「ファクタリングによる資金調達」を成功させるためのポイント』まとめ

・手数料だけでなく債権買取のスピードや手続きの利便性などを考慮し、長く付き合えるファクタリング会社を見つける
・悪質ファクタリング会社の手口を理解し、危険な業者を利用しない

札幌でファクタリングによる資金調達を成功させるには、求める条件を満たし安全に利用できる買取業者を見つける必要があります。手数料だけに目を向けるのではなく、甘い言葉に騙されることなく、頼りになるファクタリング会社を見つけましょう。

札幌でのファクタリングも「イディアル」にお任せ!

ファクタリングに興味を持ち利用を検討中の経営者様には、申込み先の候補の1つとして「株式会社イディアル」を含んでいただければ幸いです。イディアルはこれからご紹介する特徴を持ち、多くの経営者様に満足していただける売掛債権買取業務を行っています。

札幌に支社あり・オンラインファクタリング利用可能

株式会社イディアルは東京に本社を構えるファクタリング会社です。大阪府にも支社がありますが、2021年7月12日より北海道札幌市中央区に札幌支社を開設いたしました。近隣の企業様に来店していただき手続きを行っていただけるだけでなく、出張対応やWeb上で申込から契約までの手続きが行えるオンラインファクタリングもご利用していただけます。札幌市内はもちろんのこと、全国どこからでもイディアルのファクタリングは利用可能です。

手数料は「1%から10%」で業界最低水準、手数料以外の費用不要

イディアルでは業界最低水準の手数料(1%から10%)により、債権の高額買取を期待していただくことができます。さらに手数料以外の費用は一切不要ですので安心してご利用していただけます。競合他社よりも1円でも安い手数料での買取を目指しますので、乗り換えのご相談もお気軽にお申し付けください。

申込から振込まで最短30分

オンラインファクタリングが利用可能なイディアルは即日買取が期待できるだけでなく、最短であれば申込手続き後30分で買取代金の振込を実行することが可能です。今すぐにでも債権を売却し資金調達を希望されるのであれば、イディアルが頼りになります。

柔軟対応で審査通過率92%以上

手数料などの条件が優秀だとしても、審査が厳しく利用することができなくては使いやすいファクタリング会社とは言えません。しかしイディアルは柔軟な審査を行うことで「92%以上」の高い審査通過率を誇ります。債権譲渡登記の留保などにも対応可能であり、ご希望に沿える努力をさせていただきます。

15年以上の実績で安心感抜群

ここ数年で全国のファクタリング会社の総数は大幅に増加しており、札幌も例外ではありません。しかし運営歴の短い場所を本当に信頼することは難しく、対応力に不安を感じてしまっても不思議ではないはずです。株式会社イディアルは2006年の3月に設立されており、2021年時点で15年という長い運営歴を誇ります。長く運営できるのは多くの企業様にご利用していただき、満足していただいているからこそです。ファクタリングに安心感を求めるのであれば、イディアルはそのご期待に応えることができます。

『札幌でのファクタリングも「イディアル」にお任せ!』まとめ

・札幌支社あり、出張対応・オンラインファクタリングも利用可能
・業界最低水準の手数料(1%から10%)
・審査通過率92%以上、2006年3月設立

株式会社イディアルは15年を超える運営歴の中で積み重ねてきた実績とノウハウで、多くの企業様の資金調達のサポートをさせていただいております。コロナ禍によって資金繰りが一層難しくなっていますが、イディアルのファクタリングを活用していただき今を乗り切るお手伝いをさせていただければ幸いです。

お気軽にお問い合せください
CONTACT