03-5953-5814無料ご相談はこちら
03-5953-5814無料ご相談はこちら

ファクタリングコラム

【2020年版】失敗しないファクタリング会社の選び方

コラム

2020年4月30日

日本には数多くのファクタリング会社があります。

近年、日本でもファクタリングサービスが広まってきたことにより、新しいファクタリング会社も増えてきています。

そのため、ファクタリングの利用を検討している場合、どの会社を選べばいいのかわからなくなってしまう方が多いかと思います。

今回は、失敗しないファクタリング会社の選び方について解説致します。

1人でも多くの経営者様がファクタリングで資金繰りの問題が改善されればと思います。

是非参考にして頂ければ幸いです。

 

日本のファクタリング会社事情

日本には全国各地に多くのファクタリング会社があります。

日本のファクタリング会社事情について解説していきます。

ファクタリングで失敗しないためにも、日本のファクタリング事情を把握していた方がいいです。

 

ファクタリングを取り締まる法律はない

ファクタリングは融資ではないため、手数料の制限等はありません。

なので、ファクタリング会社ごとに様々な手数料設定しております。

二社間ファクタリングで、3%の会社もあれば、30%のファクタリング会社もあります。

ファクタリング会社の選択により会社の明暗が大きく変わります。

ファクタリング会社選びは慎重にしてください。

 

元闇金の悪徳ファクタリング会社が多数存在する

元闇金で悪徳なファクタリング会社は多数存在します。

悪徳なファクタリング会社と契約してしまうと、高額な手数料でのファクタリングになりますので、かえって資金繰りが悪化してしまいます。

また、一般的なファクタリング会社は、担保や保証人がいらない償還請求権のないファクタリングサービスを提供していますが、悪徳なファクタリング会社は、担保や保証人を設定したり、万が一、売掛金の回収が出来なかった場合は、お客様に弁済させたりします。

担保や保証人の設定や償還請求権のあるファクタリングサービスの提供は、貸金業になりますので金融免許がないと行えません。

金融免許がないのに上記を行っている会社は「闇金」になります。

 

以上が日本のファクタリング事情になります。

次に、先ほど説明した悪徳なファクタリング会社の見極め方についてご説明します。

 

悪質なファクタリング会社の見極め方

悪質なファクタリング会社の特徴は

・償還請求権があるファクタリングを提供している

・ホームページがない

・法人用口座がない

・会社の電話番号がなく個人の携帯のみ

・ファクタリング手数料が高すぎる

・住所が架空になっている

・質問に対する回答が曖昧

・電話のみで担当者との面談ができない

・契約書がない

・会社に電話してもいつも同じ人がでる

などになります。一つでも該当したら悪質なファクタリング会社の可能性がかなり高いのでご注意ください。

悪徳なファクタリング会社と取引してしまった場合、資金繰り改善どころではありませんので少しでも不安があれば落ち着いて考えることが大切です。

 

失敗しないファクタリング会社を選ぶ方法

複数社に審査の申込をして相見積もりを取る

ファクタリングの最大デメリットは手数料が高いことです。

資金ギャップをなくし、資金繰りを改善するための繋ぎ資金として利用したのに、手数料が足を引っ張ってしまい、反対に経営を圧迫してしまったというお客様も中にはいらっしゃいます。

そのため1円でも手数料を抑えるためにも一社だけに申し込みをするのではなく、複数社にお申込みをすることを推奨しています。

会社によって手数料の設定は異なりますので、A社では15%、B社では13%ということがよくあります。

あとで後悔してしまわないよう複数社に相見積もりを取り、手数料を比較して見ましょう。

では、どのような会社へ見積り依頼をすればいいのでしょうか?

次項で説明します。

 

ホームページ記載の手数料を確認する

手数料は、ファクタリング会社によって大きく異なっています。

各ファクタリング会社のホームページに記載されていますのでご確認ください。

下記が手数料相場になりますので参考にしてください。

・二社間ファクタリング 5%〜25%

・三社間ファクタリング 1%〜15%

 

窓口や担当者と話した印象で判断する

ファクタリングは大きな金額が動きます。

そのためしっかりとした説明をしてくれる会社を選びましょう。

わざと、質問をしてみて回答をみて判断するのもいいと思います。

質問に曖昧な回答をしてきたり、対応が悪いファクタリング会社はお断りした方がいいかもしれません。

 

手数料とその他条件とのバランスでファクタリング会社を選定する

相見積りをとって、ただ単に手数料が安いファクタリング会社を選べばいいとは限りません。

手数料が最安でも、債権譲渡登記が必要であったら、契約時は毎回ファクタリング会社へ行かなくてはいけなかったり、など条件が悪いからファクタリング手数料が安い場合もあります。

そこをふまえた上でバランスを見てご判断ください。

 

ファクタリング会社を探されている方はイディアルにもご相談ください

弊社イディアルの特徴は下記になります。

相見積の一社としてでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。

最大98% 業界最高水準の高価買取

ファクタリングには、手数料が発生します。

手数料が高いほど、買取金額が安くなります。

弊社は、ファクタリング手数料が安いため、高価買取が可能です。

見積りだけでも大丈夫ですので、他のファクタリング会社と比べてください。

 

スピード審査、スピード契約で即日調達が可能

株式会社イディアルはお客様をお待たせしません。

申し込みから最短60分のスピード審査、オンラインでのスピード契約にも対応しております。

最短、お申し込み当日に買取金額をお客様の口座へお振込み致します。

お急ぎの方は是非ご相談ください。

 

債権譲渡登記の留保も可能

債権譲渡登記に関しては、お気軽にご相談ください。

条件にもよりますが、債権譲渡登記の留保も可能です。

ファクタリングの債権譲渡登記があり、銀行融資を受けられない方は是非ご相談ください。

 

全国対応、全国出張可能

株式会社イディアルは全国対応しているファクタリング会社です。

2020年現在、全国で数多くのお客様が弊社のファクタリングサービスを利用しております。

また、全国出張対応も可能ですのでお気軽にご相談ください。

 

根本的な資金繰り改善のアドバイスをします

ファクタリングを利用した場合でも、必ず資金繰りが改善されるとは限りません。

弊社には、資金繰り改善に特化したコンサルタントが在籍しております。

ただ単に債権を買取るファクタリング会社ではなく

「資金繰りの改善ができるファクタリング会社」

です。お気軽にご相談ください。

 

 

早期に資金繰りを改善するためにもファクタリング会社選びは慎重に行いましょう。

お気軽にお問い合せください
CONTACT

to top