どんな時にファクタリングは頼るべき?利用すべきタイミングを考察

プライバシーポリシー

03-5953-5814
無料ご相談はこちら
03-5953-5814無料ご相談はこちら

ファクタリングコラム

どんな時にファクタリングは頼るべき?利用すべきタイミングを考察

ファクタリング

2021年8月9日

「中小企業向けの資金調達方法」として、ファクタリングは個人事業主様を含め多くの企業が利用を始めています。しかしファクタリングはなぜ中小企業向きだと言えるのでしょうか?この資金調達方法の特徴を知ればその理由がわかり、そしてどんな状況で利用すべきかが見えてきます。この記事ではファクタリングの特徴から考察した、「利用すべきタイミング」を紹介します。

ファクタリングの特徴

すでに利用されている企業様は、「ファクタリング」がどんな特徴を持つ資金調達方法であるかを理解されているかも知れません。しかしまだ未利用の場合は、正しく理解できていない可能性もあるはずです。本当に利用すべきタイミングを見誤らないために、まずはファクタリングの特徴を解説します。

債権の決済日より早く現金化できる

ファクタリングは「債権の決済日前に一定の手数料を徴収し現金化するサービス」であり、金融庁も同様の見解を示しています。ですからファクタリングを利用することで、資金繰りを悩ませる支払サイトの問題を解消することができるのです。手数料がどれくらい発生するかを考慮した上での利用が大切ですが、資金調達のペースが早まれば経営に大きく好影響が与えられるはずです。

即日から数日で資金調達が可能

2社間ファクタリングを利用すれば即日での売掛金の現金化も十分に可能であり、3社間ファクタリングを選択した場合でも数日から1週間以内には資金調達を完了させることができます。このスピードはその他の資金調達方法での実現は難しく、1ヶ月近い期間が必要になることも珍しくない銀行融資に頼った資金調達と比較して、遥かにタイムリーな資金繰りが実現可能となります。

償還請求権なしで契約できる

銀行やノンバンクの系列ではないファクタリングの主流とも言える「独立系」のファクタリング会社では、「償還請求権なし(ノンリコース)」で契約を行うことができます。償還請求権がある場合には、売掛先の倒産などによって債権の回収が不可能になった場合、売掛先に代わっての支払いや債権の買戻しを求められることになりかねません。しかし独立系ファクタリング会社で契約することで、売掛先の倒産リスクを回避し、安心して資金調達した現金を経営に活用することができるようになります。

借入れではない

ファクタリングは債権の譲渡契約であり、債権を売却して現金化する資金調達方法です。融資を受けているのではないので、負債を増やすことはありません。そして負債を増やさない資金調達方法であることで「バランスシート(貸借対照表)のスリム化」が行え、上手く活用すれば企業としての評価を高める効果も期待できるのです。現状では融資が受けにくいという企業様も、ファクタリングによって財務状況の改善を行えば融資が受けやすくなるかも知れません。

審査基準が融資と大きく違う

「赤字・税金滞納中でも利用できる」とファクタリングは言われますが、それは「審査では売掛先の信用力・支払能力が重視される」のが理由です。借入の場合は融資を受ける企業の経営状況や返済能力、将来性などが重視されますが、ファクタリングではこれらの要素はそれほど重要ではありません。このようにファクタリングと融資では審査基準が大きく違い、信用力の高い売掛先の債権をお持ちであれば、高い確率で資金調達を成功させることができるのです。

売掛先に知られずに利用可能(2社間ファクタリング)

契約方法として2社間ファクタリングを選択すれば、売掛先に債権売却の事実を知られる可能性がほぼなくなります。ファクタリングは資金調達の選択肢として認知されつつありますが、まだ融資と比較すれば浸透しているとは言えません。もし取引先に売掛金の売却の事実を知られた場合、企業間の関係に悪影響を及ぼしそうであったとしても、2社間での契約を選択すれば知られてしまう危険はとても低くできます。

ファクタリングを利用すべき状況

ファクタリングを本当の意味で活用するには、ファクタリングの特徴を活かせる「利用すべき状況」を理解しておく必要があります。ここからは融資やその他の資金調達方法ではなく、あえて売掛金の売却を選ぶべき状況を解説します。

資金がショートする危険がある

前もって資金不足に陥ることが想定されているのであれば、融資に頼るという選択肢もあります。しかし融資は実際に現金を手にするまでに1ヶ月以上の期間が必要になることも珍しくはなく、余裕の無い状況では頼りにくいのが現実です。もし資金がショートする原因が売掛金の支払サイトの長さにあるのだとすれば、決済日前に売掛金を現金化できるファクタリングの利用がその解決策となります。手数料が必要にはなりますが支払いは一度だけで済み、融資を利用した場合でも利息の支払いは必要です。何より短期間での資金調達が期待できることで、余裕を持った対応ができるようになります。

突然の出費に対応するため

事業を営んでいれば、予想していなかった突然の出費に襲われることもあるはずです。手元に十分な資金があれば大きな問題にならないとしても、そうでない場合には急いで金策に走る必要が発生してしまいます。即日融資も可能なビジネスローンもその選択肢にはなるものの、高い金利と低い限度額という問題があるために利用しやすいとは言えません。しかしファクタリングも即日現金調達が可能であり、売掛金さえあれば高額の資金調達も可能です。もし時間的な猶予が1週間ほどあるのであれば、1桁台の手数料が期待できる3社間ファクタリングの利用をおすすめします。

売掛先の倒産リスクを回避したい

売掛金などを利用した掛取引には、売掛先の倒産などによる「貸倒れのリスク」が存在します。貸倒れが起きてしまった場合には資金繰りが一気に苦しくなる危険も考えられますが、ファクタリングによって現金化してあれば売掛先が倒産したとしても影響は受けません。もちろん決済日を待つのと比較して、手数料分だけ受け取れる現金が少なくなっているのは事実です。しかし売掛先の倒産リスクが回避できるというメリットも、小さくはないはずです。

財務状況が悪化している

融資に大きく頼った資金調達を続けた結果、債務超過に陥りかけてしまっては経営を続けるのも難しくなるかも知れません。またそこまでの状況ではないとしても、貸借対照表上で負債の額が大きいことが理由で融資を断られてしまうということも考えられます。しかしファクタリングならば資金調達を行っても負債の額を増やすことはなく、融資に頼った資金繰りで悪化した財務状況を改善することが可能です。

銀行融資の審査に通過できない

銀行からの融資の審査に通過できない場合でも、ファクタリングの審査に通過できる可能性は十分にあります。過去の支払い実績がしっかりとある信用力の高い売掛先の債権をお持ちであれば、ファクタリングで資金調達を成功させることは難しくありません。

ファクタリングは常時利用する必要はない

頻繁にファクタリングを利用しても、手数料に気をつければ特に問題はありません。しかしファクタリングは常時利用しなければいけない資金調達方法ということでもありません。急ぎで現金を用意しなければいけなくなった時などに活用するという考え方で全く構わず、いざという時に頼る切り札としても役立ちます。

ファクタリングは中小企業や個人事業主に最適

素早く現金化ができ、多くの企業が審査通過できる期待も高いファクタリングは、特に中小企業や個人事業主様に利用していただきたい資金調達方法です。融資が抱えている問題点を幾つもクリアできているファクタリングを、特徴をきちんと捉えた上で頼るべきタイミングで利用するようにすれば、資金繰りの大きな助けになってくれるはずです。

お気軽にお問い合せください
CONTACT