ファクタリングで債券の高額買取は可能?実現するためのポイントをご紹介

プライバシーポリシー

03-5953-5814
無料ご相談はこちら
03-5953-5814無料ご相談はこちら

ファクタリングコラム

ファクタリングで債券の高額買取は可能?実現するためのポイントをご紹介

ファクタリング

2021年3月31日

ファクタリングを活用して資金調達を行うのであれば、少しでも高い買取額で債券を売却したいと考えるのは当然のことです。しかし買取額を高く設定してもらうには、幾つかのポイントを抑える必要があります。資金調達の額に大きく影響する手数料の相場など、高額買取を目指すために知っておいていただきたい情報をご紹介します。

売掛債権の高額買取は可能?

まず「売掛債権の高額買取」は可能なのでしょうか?答えは「どこまで求めるかによる」ということになります。例えば希少価値の高い商品などは元々の購入額よりも高い値が付く可能性もありますが、売掛債権の場合はそうはいきません。

債券の額面以上の買取は絶対に不可能

これは言うまでもないことかも知れませんが、債券の額面以上の買取額が設定されることは絶対にありません。債券の売却には手数料が必要になり、手数料がなくてはファクタリング会社の経営は成り立たないからです。また手数料とは別に印紙代や債権譲渡登記に関する費用が請求されることもあります。これらも正式な手続き上で必要であれば、支払う必要があることは理解しておきましょう。ファクタリング会社によっては諸費用を別に請求しない「手数料以外一切の費用は不要」という場所も存在しています。

手数料の相場は?

ファクタリング手数料の相場は2%から30%ほどとなります。非常に幅が広いのですが、売掛先からの承諾を得ずに債権の売却を行う2社間ファクタリングで10%から30%程度、承諾を受けた上で契約を行う3社間ファクタリングの場合は2%から10%程度となります。

ファクタリング手数料は高い?低い?

手数料の相場を見てファクタリング手数料は高いと思ってしまうかも知れませんが、ファクタリングには原則として担保も保証人も不要で償還請求権も無いという特徴があります。また融資のように長期的な支払いも不要であることなども考慮すれば、一概に高いとは言えないかも知れません。しかし手数料を含めて、債券の額面から目減りする額が少なければ少ないほど良いのは間違いのない事実です。

売掛債権を少しでも高く売却するには?

手数料などの費用が必要になることは避けられないとしても、幾つかの工夫次第では債券を高く売却することが可能となります。これからご紹介するポイントを全く考慮せずに債券を売却した場合と比べると、大きな差が発生する可能性は決して小さくはありません。

3社間ファクタリングで契約する

ファクタリングの相場に関する情報でも触れていますが、2社間と3社間のどちらの契約方法を選択するかで相場に大きな違いが発生することになります。売掛先からの承諾を得て債券の売却を行う3社間ファクタリングは回収リスクを格段に下げる効果があると考えられ、結果として手数料にも反映されるのです。売掛先に対しての手続きが増える分だけ、資金調達に必要な時間は若干長くなります。ですが売掛先から理解が得られるのが前提とは言え、3社間ファクタリングによる高額買取への効果は「大」であることも確かです。

信用力が高い売掛債権を選択する

ファクタリングの手数料や診査への影響が大きいのが「債券の信用力」です。売掛先の経営状況や与信情報、ファクタリングを申し込んだ企業との取引実績などによって信用力は判断されます。売掛先の経営状況などは判断が難しいかも知れませんが、順調な経営を行っていると判断でき、数ヶ月以上の取引実績のある売掛債権を売却するのであれば、診査や手数料への悪影響はまずありません。

支払期日までの残り日数が少ない債券を選ぶ

債券の支払期日までの残り日数が長ければ長いほど、何かのトラブルが起きる可能性は増していくことになります。二ヶ月未満であれば診査への悪影響はないはずですが、手数料を考えるのであれば期日までの残り日数は少ないほど有利と言えます。

ある程度まとまった額の債券を準備する

実は売掛債権の額面が大きくなったとしても、売却に関する手間にそれほど大きな差は生まれません。これはファクタリング会社にとっても同様であり、少額債券は手間の割には儲けが少ないと敬遠されてしまったり手数料の数値が高く設定されやすくなる傾向があるのです。幾ら以上あれば歓迎されるかは申し込み先次第ですが、少額債券の場合は複数債券を合算して売却するという選択肢も有効です。

面談での対応や手続きのスムーズさが影響するこことも

オンライン手続きに特化したファクタリング会社の場合は面談そのものが不要ということもありますが、面談での対応や書類提出の手続きが診査や手数料に影響する可能性はゼロではありません。ファクタリング会社の担当者も人間であり、信用を落とすような対応をしてしまうと自社にとってのデメリットになる可能性があることは理解しておきましょう。あくまで紳士的で常識的な対応をすべきであり、決して下手にでる必要はありません。

相見積もりにより比較検討する

ファクタリング手数料は申込みを行った会社次第で大きく変わります。しかし申込みを行い診査を受けてみないと実際の手数料がわからないことがほとんどです。ですから手間は必要になりますが、複数のファクタリング会社に対して申込みを行い、相見積もりのような形で手数料を比較し検討するという方法もおすすめです。ですが資金調達までに時間的な猶予があり、手間がかかることを理解した上で行うことが大切です。

利用回数を増やせば手数料の引き下げが期待できる

手数料は、同じファクタリング会社を繰り返し利用することで引き下げが期待できます。利用回数が増えることで信頼度が高まるのがその理由です。前回利用時の手数料に納得がいかなかった場合には乗り換えも考えるべきですが、その前に手数料の引き下げが期待できるのか問い合わせを行ってみるのも良いかも知れません。

オンライン契約ができるファクタリング会社を選ぶ

オンライン契約が可能な場所は、来店する手間が省けるなど利用者にとってのメリットは小さくはありません。しかしファクタリング会社側も手間を削減することができることから、手数料が低く設定される確率が高くなります。初めての利用時は対面で説明を受ける安心感も必要かも知れませんが、手数料重視で考えるのであればオンライン契約が可能なファクタリング会社の利用も検討してみてはいかがでしょうか?

イディアルは手数料も安い!

株式会社イディアルは診査通過率93%以上を誇り、即日債券買取にも対応可能なファクタリング会社です。そして使いやすいだけではなく手数料の安さでも評価していただいています。安心して利用できて手数料も安い場所をお探しであれば、株式会社イディアルはその候補の1つとなるはずです。

業界最低水準の手数料

イディアルのファクタリング手数料は「2%〜」となっています。この数値は業界最低水準となっていますので、高額買取というご希望が叶いやすい場所と言えます。

手数料以外の費用は請求なし

手数料が低くとも他に様々な費用を徴収されてしまっては、実際に買取が実行された時には大きく額面から目減りしてしまうかも知れません。しかし株式会社イディアルは、手数料以外の費用は一切不要であることを公式サイト上でも記載しています。当然、使途不明の費用が請求されることはなく、安心して契約を行っていただけます。

オンライン契約も可能

株式会社イディアルはオンライン契約も可能です。来店不要で全国どこからでも申込みを行ったいただけ、手間をかけずに契約手続きが行なえます。さらに手数料が低く設定される確率も高まりますので、利用するメリットは大きいのではないでしょうか?

手数料の低い「信頼できるファクタリング会社」を見つけましょう!

ファクタリングの利用に関して手数料が重要な要素であることは真違いありません。しかし手数料だけに目を囚われ悪質なファクタリング会社に捕まらないように気をつけることも大切です。手数料が低く信頼できるファクタリング会社を見つけ、納得できる資金調達を実現させましょう。

お気軽にお問い合せください
CONTACT

to top