ファクタリングとは?オンラインファクタリングとの違いやおすすめシステムを紹介

プライバシーポリシー

tel

0120-471-023

受付時間 9:00~19:00(土日祝除く)

無料ご相談はこちら
03-5953-5814無料ご相談はこちら

ファクタリングコラム

ファクタリングとは?オンラインファクタリングとの違いやおすすめシステムを紹介

ファクタリング

2021年11月9日

近年、売掛債権を売却し早期現金化できるファクタリングの利用者が増えています。
新型コロナウイルス感染症による外出自粛の影響もあり、すべての手続きがオンラインで完結できるオンラインファクタリングの需要も上がっているといえるでしょう。
この記事では、ファクタリングを利用すべき企業やオンラインファクタリングの特徴を解説します。

ファクタリングを利用すべき企業の特徴

ファクタリングは、以下の特徴を持つ企業におすすめの資金調達方法です。

• 現金が不足している
• 融資を受けられない
• 売上が急激に上がった

それでは、ファクタリングを利用すべき企業の特徴を紹介します。

特徴1.現金が不足している

ファクタリングは、売掛債権を期日前に現金化できる資金調達方法です。
よって、売掛債権の支払期日までの1~2カ月間を耐えるのが難しいほど現金が不足している会社にファクタリングは適しているといえます。
資金繰りが悪い状態だけでなく、売掛債権の支払期日より先に高額な税金の支払いがある場合にもファクタリングは適した取引です。
ただし、資金繰りが悪化している企業がファクタリングを利用する場合、手数料を引いた額が受取金額のため、さらに資金繰りが悪化する可能性もあります。

特徴2.融資を受けられない

ファクタリングの審査対象は、自社ではなく売掛先の業績や信用です。
つまり、自社の経営状況が悪く銀行融資などが受けられない状態でも、ファクタリングなら資金調達できる可能性があります。
過去に返済の延滞などがあると信用情報に登録されるため、融資を受けるのが困難になるでしょう。
ですが、ファクタリングなら審査対象に自社の信用情報が含まれていないため、利用できる可能性があります。

特徴3.売上が急激に上がった

一定の時期に大きく売上が上がる企業や、急成長し急激に売上が上がった企業にもファクタリングはおすすめです。
売掛債権は、売上が上がっても支払期日がくるまでは現金化できません。
特に、売上を立てるために多額の費用で仕入れをおこなう企業にとっては黒字倒産に陥るリスクがあります。
なぜなら、売上が一定時期に固まったり、急激に成長したりして、売上の上昇にともない手元の資金がなくなるためです。
しかし、ファクタリングは売掛債権の期日前に現金化できるため、売上が上がっても資金ショートするリスクを軽減できます。

オンライン申込システムを使ったファクタリングは手続きが簡単

一般的なファクタリングでは、契約書や必要書類を郵送し、対面での審査が必要です。
しかし、オンライン申込システムを使ったファクタリングなら手続きがオンラインで完結します。
それでは、オンライン申込システムを使ったファクタリングと従来のファクタリングの違いを見てみましょう。

従来のファクタリングとはどう違う?

オンライン申込システムを使ったファクタリングと従来のファクタリングの大きな違いは、オンライン上でできる作業の範囲です。
オンライン申込システムを使ったファクタリングは、申し込みから入金までの手続きをすべてオンラインでおこなえます。
一方、従来のファクタリングの手続きには、郵送や対面が必要です。
ただし、現在では必要書類を郵送するケースはほとんどありません。
対面での取引を求めるファクタリング業者も、近年ではオンラインで手続きできる仕組みを整えています。
申し込みや簡単な見積もり、必要書類のアップロード、審査などをオンラインでおこない、ファクタリング契約のみ対面で取引するファクタリング業者も多いでしょう。
とはいえ、対面取引のために移動する必要があるため、手続きに時間がかかったり、即日で契約できなかったりします。
その点、オンライン申込システムを使ったファクタリングは対面取引が不要なため、従来のファクタリングのような手間がかかりません。

オンライン申込システムを使ったファクタリングのメリット3つ

オンライン申込システムを使ったファクタリングを利用するメリットは、主に以下の3つです。

1. 手続きがオンラインで完結する
2. 手数料が安い
3. 資金調達のスピードが早い

それでは、各メリットを解説します。

メリット1.手続きがオンラインで完結する

前述した通り、オンライン申込システムを使ったファクタリングの手続きはオンラインですべておこなえます。
申し込みや必要書類の提出、契約や入金までがすべてオンラインで完結するため、負担がかなり軽減できるでしょう。
基本的にはメールでやり取りし、スマートフォンやパソコンを利用して24時間自分のタイミングに合わせて手続きできます。

メリット2.手数料が安い

対面によるファクタリングの場合、3社間ファクタリングの手数料は1~10%ほどですが、2社間ファクタリングの手数料は10~30%ほどかかります。
しかし、オンライン申込システムを使ったファクタリングの手数料は数%から利用できる場合もあり、2社間ファクタリングでも場合によっては1%の手数料で利用できるでしょう。

メリット3.資金調達のスピードが早い

ファクタリングは早い資金調達ができるサービスのため、対面取引でも即日入金できる場合があります。
しかし、オンライン申込システムを使ったファクタリングでは書類の郵送が必要ないため、より早い資金調達が可能です。
現金不足に困っている企業にとっては、より早く資金調達できる点はオンラインファクタリングを利用する大きなメリットといえるでしょう。

オンライン申込システムを使ったファクタリングのデメリット

手続きが簡単にできるオンライン申込システムを使ったファクタリングですが、デメリットも存在します。
場合によっては、従来のファクタリングの方が利用しやすいため、自社に合った方法を選びましょう。
それでは、オンライン申込システムを使ったファクタリングを利用する2つのデメリットを紹介します。

デメリット1.必要書類をデータ化する必要がある

オンライン申込システムを使ったファクタリングでは、必要書類をスキャナで取り込む方法か、カメラで撮影しデータ化する必要があります。
ファクタリング契約には、身分証明書や売掛金の書類など、複数の書類が必要です。
よって、それらをデータ化しオンラインで送るより、郵送や持ち込む方が楽に感じる人もいるでしょう。

デメリット2.3社間ファクタリングへの対応が少ない

ファクタリングには、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2種類あります。
3社間ファクタリングは2社間ファクタリングより、手数料が安いため利用を検討している方もいるでしょう。
しかし、オンライン申込システムを使ったファクタリングでは、業務を効率化するために2社間ファクタリングのみに対応している業者がほとんどです。
よって、オンライン申込システムを使ったファクタリングで3社間ファクタリングに対応した業者を探すのに手間がかかる可能性があります。

オンライン申込システムを使ったファクタリングを利用する際の注意点

ファクタリング業者によっては、AI審査による手続きの簡素化などを理由に億を超えるような高額債権に対応していない場合があります。
よって、オンライン申込システムを使ったファクタリングを検討する際には、自社が希望する取引額に対応している業者を選ぶか、従来のファクタリングを利用しましょう。
また、従来のファクタリング・オンラインファクタリングに関わらず信頼できる業者選びが重要です。
手数料は相場とどれほど違うか、代表者名や所在地、創業年などの詳細を公開しているかなどを確認し、信頼できるファクタリング業者を利用しましょう。

ファクタリング申し込みをオンライン完結できるシステム

この記事では、ファクタリングを利用すべき企業やオンラインファクタリングの特徴を解説します。
オンライン申込システムを使ったファクタリングを利用すると、書類の郵送や対面での取引が必要なく、すべての手続きをオンラインでおこなえます。
イディアルでは、オンライン完結で簡単に申込できる独自システムを採用。
買取金額を30秒でオンライン査定できるため、簡単に売掛債権の買取金額がわかります。
ファクタリングの利用を検討している企業や個人事業主は、お気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合せください
CONTACT