ファクタリングと事業者ローンの違いとファクタリングを選ぶべき理由

プライバシーポリシー

03-5953-5814
無料ご相談はこちら
03-5953-5814無料ご相談はこちら

ファクタリングコラム

ファクタリングと事業者ローンの違いとファクタリングを選ぶべき理由

ファクタリング

2020年12月3日

申込みを行った当日に売掛債権の売却による資金調達が可能なファクタリング。そのファクタリグと同様に即日融資というスピードで申込み当日に資金を確保可能なのが事業者ローン(ビジネスローン)です。資金繰りの大きな助けとなる「早さ」を持つ2つの資金調達方法の違いと、最終的にファクタリングをおすすめする理由をお伝えします。

 

事業者ローンとは?

事業者ローンはビジネスローンとも呼ばれ、事業資金として利用可能な金融商品です。手続きも手軽で一般的なカードローンの様な便利さも併せ持っており、個人事業主様や法人を申込み対象としています。担保や保証人を必要としない商品も多く、銀行などに融資を申し込むよりも短時間で審査が終わり、比較的審査に通りやすいのも特徴です。

 

共通点はスピード

ファクタリングと事業者ローンのどちらを選ぶべきか悩む方が多いのは、お互いがその他の資金調達方法では難しい「スピード感抜群の資金調達」を可能としてくれているからです。どちらも申込みを行った当日中に資金調達が行える可能性があり、現金確保を急いでいる時の選択肢となってくれます。

 

事業者ローンとファクタリングの違い

スピードという共通点を持つファクタリングと事業者ローンですが、両者には幾つもの違いがあります。その違いを理解することが、どちらを選ぶかの判断に役立つはずです。何を重視するかをよく考え、今選ぶべきはどちらかをお考えください。

 

融資or売却

事業者ローンは融資や借り入れと言われる形での資金調達方法であり、ファクタリングは支払サイトが訪れていない売掛債権を売却することで現金を得ます。この違いがこの後でご紹介する様々な違いを産み出すのですが、まずは資金調達の仕組みそのものが全く違うということを理解しましょう。

 

金利or手数料

融資である事業者ローンを利用した場合は、利息を含めた返済を行って完済を目指していくことになります。対してファクタリングは融資ではありませんので利息などは発生しませんが、買取実行時に手数料が売掛債権の額面から引かれることになります。利息に直結する金利の高さや手数料は条件によって大きく変動しますので、どちらがお得だとははっきりは言えません。しかしコツコツと返済をしていく事業者ローンと、一旦手数料を支払えば後から返済に負われる必要のないファクタリングという違いははっきりと存在します。

 

資金調達できる限度額

ファクタリングは買取可能な債権の額は業者にもよりますが最小で数十万円程度、最大となると数億円まで可能です。それに対して事業者ローンでの限度額は多くは300万から500万程度、最大でも1000万程度となっています。それ相応の額の債権が必要になるものの、高額な資金調達を目指すのであれば、ファクタリングの方が頼りになると言えます。

 

審査方法

売掛債権の売却を行うファクタリングで重視されるのは、売掛先から債権に対する支払が実行される確率です。事業者ローンの場合は銀行融資ほど厳しくないとしても与信情報や経営状態などがチェックされます。債権の信用性が審査を大きく左右するのがファクタリング、自社の状況が重要になるのが事業者ローンと考えると良いかも知れません。

 

資金繰りにおすすめなのはファクタリング

事業者ローンとファクタリングを比較した場合に、通常利用する資金調達方法としておすすめなのは「ファクタリング」です。スピード面での差は無いとしても、事業者ローンはメインの資金調達先として行うには限度額などの面で不安が残ってしまうからです。しかしファクタリングは、売掛債権の支払サイトが先にある時に使う資金調達方法として非常に優秀です。

 

「もしも」に備えて事業者ローンを契約するのはアリ

普段から利用する資金調達先としてファクタリングに劣るとしても、事業者ローンも少額の借り入れを行うのであれば十分に役立ちます。例えば出張時の支払に利用するという使い方もあります。また事業者ローンは前もって契約だけしておくことも可能です。契約が終わっていれば即座に借り入れが行なえますから、そのスピードを活かして資金調達を行い繋ぎ資金として利用する方法もおすすめです。

 

ファクタリングを選ぶべき理由

普段からの資金繰りファクタリングをおすすめするのは、事業者ローンと比較して会社経営における有利な点が多いからだけではありません。その他の資金調達う方法と比べても

メリットは多く、メインの資金調達方法として利用するだけの理由があるからです。

 

経営状態が芳しくなくても利用可能

順調な経営を行い事業拡大の為などに資金調達を行うのであれば、融資を受けられる可能性も高くなります。しかし実際のところ、資金調達を行うタイミングとして多いのは会社経営での資金繰りが難しくなった時ではないでしょうか?ファクタリングは債権の信頼性が審査に与える影響が大きく、逆に債権の売却を申し込んだ企業の経営状況は大きくは影響しません。ですから、会社を守るための資金調達を行いたい時にはファクタリングが役立つのです。

 

信用情報に影響しない

ファクタリングは融資ではなく債権の売却によって資金調達を行いますので、信用情報への影響を心配する必要はありません。会社経営が苦しい中で融資を受け、返済が滞り信用情報へ傷がつくということは起こらないのです。ファクタリングの審査時にも申込者の与信情報は審査で重視されませんので、税金の滞納があったり、過去に金融事故を起こしてしまっていたとしても利用できるチャンスはあります。

 

貸仮対照表へ好影響を与えられる

融資を受けると貸仮対照表(バランスシート)上での負債額が増えてしまうのは避けられません。しかしファクタリングの利用では負債が増えることはなく、負債を増やさずに資金調達が行なえます。これは貸仮対照表のスリム化という好影響を与えることに繋がります。この様な理由から、ファクタリングは融資に頼らない資金調達方法として推奨されています。

 

原則ノンリコース

ファクタリングでは、売掛債権の売却が完了した後には債権に関する責任を負うことがなくなり「ノンリコース(償還請求権なし)」が基本です。融資ではないことで利息が発生せず支払に追われないのもファクタリングのメリットですが、債権の支払が実行されるかを気にする必要も無いのです。

 

2つの資金調達方法を併用するという選択も

ファクタリングは特に中小企業の資金繰りに適した資金調達方法であり事業者ローンよりもおすすめですが、決してどちらかを選ばなくてはいけないわけではありません。今使う予定はなくとも事業者ローンの契約をしておき、ファクタリングの審査待ちの間の繋ぎに利用したり、手元にちょうど良い債権が無い場合には少額の借り入れで乗り切る方法を考えるなど、2つの資金調達方法を併用するのもアリです。

 

資金調達の選択肢は多くて良い!

ビジネスを成功させるためには資金調達の選択肢を数多く持っておくのが有効です。その時の状況に併せて資金調達先を選ぶことができれば、資金繰りに苦労することは減るはずです。多くの企業にとって資金繰りの選択肢の1つとなるファクタリングと事業者ローン。その特徴を知り上手く使いこなせれば、素早い資金調達が実現できます。

お気軽にお問い合せください
CONTACT

to top