ファクタリングに遡及義務はある?リコースや償還請求権との関係は?

プライバシーポリシー

03-5953-5814
無料ご相談はこちら
03-5953-5814無料ご相談はこちら

ファクタリングコラム

ファクタリングに遡及義務はある?リコースや償還請求権との関係は?

ファクタリング

2021年4月26日

ファクタリングについて検索などしている際には、「遡及義務」という言葉を見かけたことはないでしょうか?遡及義務の有無はファクタリングの大きなメリットに繋がるポイントであり、この義務を必要かするかどうかが安心して利用できる信頼できる場所かどうかの判断基準の1つともなります。これから売掛債権を売却し資金調達を行う前に知っておいていただきたい、「遡及義務」の意味やファクタリングによる資金調達への影響を解説します。

ファクタリングの原則

・担保も保証人も不要
・遡及義務なし

上記した2つはファクタリングの原則となるポイントであり、この2つを満たしていないファクタリングは「融資とは全く違う中小企業向けの資金調達の方法」と呼ぶことはできません。しかし担保や保証人に関しては説明不要だとしても、遡及義務のことを正しく理解しておられない方は少くはありません。勘違いすることがないように、遡及義務の正しい意味を知っておきましょう。

遡及義務とは?

遡及は「そきゅう」と読みます。慣用読みでは「さっきゅう」なり、こちらでも間違いはありませんが辞書などでは「そきゅう」が正しい読み方となっていることが多く一般的です。この言葉は「過去にさかのぼって影響を与えたり、効力を及ぼす」というような意味となります。そして「遡及義務」という言葉は会計用語の1つとして扱われ、手形などが不渡りとなった際の支払い義務を指します。つまりファクタリングにおいて遡及義務があるということは、売掛先が倒産した際に売掛先に代わって債券の代金を支払わなくてはならないということになるのです。

償還請求権なし・ノンリコースも同じ意味

ファクタリング会社のサイトや売掛債権買取業務についての記事を見ていると、遡及義務という言葉が見つからない代わりに「償還請求権」や「ノンリコース」などの言葉を見つけることがあるかも知れません。実は「遡及義務なし」と「償還請求権なし」や「ノンリコース」は同様の意味となるのです。逆に遡及義務がある場合は「償還請求権あり」や「ウィズリコース」という書かれ方をすることがあります。書かれ方は違っても同じような意味だと知っておけば、混乱することはなくなるはずです。

遡及義務がないことで得られるメリット・デメリット

ファクタリングは原則的に遡及義務はありませんが、だからと言って遡及義務について気にしなくて良い訳ではないのです。償還請求権がないことやノンリコースであることで得られるメリットと注意すべきデメリットを知っておくことは、ファクタリングを利用する上で重要なポイントとなります。

売掛先の倒産リスクを避けられる

遡及義務がないことで得られる最大のメリットは、「契約完了後には売掛先の倒産リスクを考える必要がなくなる」ということです。売掛先の経営が破綻するなどして債権の代金を回収できなくなってしまったとしても、遡及義務がないとなっていれば支払いの肩代わりを求められはしません。逆に債権の支払いに関しての責任を背負うことになっていては、調達した資金を利用することに躊躇いが産まれてしまうかも知れません。しかし遡及義務がなければ、その不安も払拭されるはずです。

債権の信用度が手数料・審査通過に大きく影響する

売掛金を売却する側が売掛先の倒産リスクを避けられるということは、ファクタリング会社がその倒産リスクを背負うということになります。そして、そのリスクの高さは手数料に大きく反映されることになるのです。つまり確実に債権が回収できると判断されれば手数料は低くなりやすく、危険度が高まるほど高い手数料が設定されやすくなってしまうということです。場合によっては審査落ちということになりかねませんので、回収リスクの高い債権の売却を希望する際には注意が必要です。

遡及義務のあるファクタリングは存在する?

ファクタリングには遡及義務は「原則」ありません。しかし全てのファクタリングがそうだとは言い切れません。ファクタリング会社の中には、遡及義務ありでの契約を求めてくる可能性がある場所も存在するということは覚えておきましょう。

一部の銀行系やノンバンクのファクタリング

銀行系やノンバンクでは遡及義務ありで契約を行うファクタリングも存在しています。この場合、多くの方がイメージしているファクタリングよりは一括で返済を行う形の債権担保融資に近いイメージになりますが、貸金業への登録を行っている銀行系やノンバンクであれば違法性はありません。しかし多くのファクタリング会社で行われている売掛債権買取業務と違い、売掛先の倒産リスクを背負うことになることを理解してから利用しなくてはなりません。

闇金・悪質なファクタリング会社

金融庁も注意喚起を行っているのですが、一部の悪質なファクタリング会社では遡及義務や担保・保証人などの用意を求めてくる危険があります。この場合、ファクタリングではなく貸付けが行われていると判断されるのですが、悪質なファクタリング会社の多くは貸金業の登録を行わず営業を行っている闇金融だということも大きな問題になります。高過ぎる手数料や使途不明の費用を求められ思うような資金調達が行えなかったり、支払いに関して恫喝が行われたという被害も実際に発生しています。ファクタリングを利用する際には信頼できる場所を選ぶことも大切です。

遡及義務の有無は必ず確認

遡及義務の有無は、売掛先が問題なく支払いを実行するのであれば大きな影響はないと言えます。しかし、そう考え確認を怠ってしまったとすれば、いざという時に会社経営に多大な影響を与えてしまう可能性は否定できません。またこれは、危険なファクタリング会社を見抜くための1つのポイントにもなり得ます。これらの理由により、申し込み先を選ぶ際には遡及義務の有無もきちんと確認しておくことをおすすめします。

イディアルのファクタリングは遡及義務なし!

株式会社イディアルは、「償還請求権のないファクタリング契約」と公式サイト上にも掲載している、遡及義務なしで利用できるファクタリング会社です。他にも債権譲渡登記の留保や個人事業主様も利用可能であることなどから、多くの中小企業・個人事業主様にご利用していただいております。

ファクタリングなら資金調達後も安心

債権の売却後には売掛先の倒産リスクを背負う必要がなくなるのは、ファクタリングを利用する上での大きなメリットの1つとなります。しかしそのためには「遡及義務なし・償還請求権なし・ノンリコース」という条件を満たす場所を選ぶ必要があります。資金調達後の安心感を得られる遡及義務なしのファクタリングは、中小企業や個人事業主様におすすめの資金調達方法です。

お気軽にお問い合せください
CONTACT