03-5953-5814無料ご相談はこちら
03-5953-5814無料ご相談はこちら

ファクタリングコラム

ファクタリングのメリットについて徹底的に解説します

コラム

2020年5月21日

ファクタリングは、近年日本でもサービスが広まってきたことにより、利用者も増加の傾向にあります。

ですが、まだ知名度はそれほど高くありません。

今回は、ファクタリングのメリットについて徹底的に解説します。

・ファクタリングでの資金調達をご検討中の方

・ファクタリングの知識をつけたい方

におすすめの記事となっております。

ファクタリングのメリットを知ることによりお客様の資金調達が優位に進むよう願っております。

 

それでは、ファクタリングのメリットについて解説していきます。

 

ファクタリングのメリット

最短即日資金調達が可能

ファクタリングは、最短即日資金調達が可能です。

何故かと言うと、ファクタリングは審査にかかる時間が他の資金調達方法と比べると大幅に短縮されるからです。

ファクタリングは借入ではなく、「売掛債権の買取サービス」です。

借入ではないため、担保や保証人も不要となることから審査時間が大幅に短縮されます。

またファクタリングは、買取った売掛債権がしっかりと回収できるかどうかを重要視して審査を進めていきます。

そのため、信用度の高い売掛債権をお持ちの事業主様であれば最短即日資金調達が可能性が高くなります。

 

とにかく簡単に資金調達できる

初めて資金調達をする際は、手続き等が難しく戸惑ってしまう方が多いかと思います。

仮に銀行融資で資金調達を行う場合、資金繰り表や事業計画書の提出、担保や保証人の手続き等がありますので、事業主様に多大な負担がかかります。

ですが、ファクタリングなら、資金繰り表や事業計画書の提出、担保や保証人の手続きがありません。

何故ならファクタリングは、「売掛債権の買取サービス」ですので、借入ではありません。

そのため、必要書類も少なく簡単に資金調達ができます。

 

信用情報に悪影響がない(銀行融資に影響なし)

ファクタリングは、「売掛債権の買取サービス」ですので借入ではありません。

借入という扱いにならないため、信用情報に悪影響を及ぼすことなく資金調達ができます。

また、ファクタリングを利用したからといって、銀行融資に影響が出ることもありません。

そのため、銀行融資が実行されるまでの間のつなぎ資金としてご利用する事業主様が多くいらっしゃいます。

 

銀行融資やビジネスローンより審査が容易

ファクタリングは、借入ではありませんので、銀行融資やビジネスローンより審査が容易です。

万が一、銀行融資やビジネスローンの審査に落ちてしまった場合でも、ファクタリングの審査に通る可能性は十分にあります。

ファクタリングの審査では、買取った売掛債権がしっかりと回収できるかどうかを重要視しています。

そのため、信用度の高い売掛債権をお持ちの事業主様であれば審査に通る可能性が高いです。

 

売掛先企業様が倒産しても弁済義務がない(ノンリコース)

ファクタリングは、「売掛債権の買取サービス」ですので、償還請求権がありません。

償還請求権とは、売掛金が回収できなかった場合に、その売掛金分の金額を請求することができる権利です。

ファクタリングは償還請求権がないので、万が一、売掛先企業様が倒産しても弁済義務がありません。

余談にはなりますが、ファクタリングを利用するにあたって気を付けてほしい点があります。

ファクタリング会社を装った悪質な闇金業者の場合、償還請求権があります。

償還請求権があると「売掛債権を担保とした貸付」となってしまいます。

貸金業に該当しますので、金融免許がないと経営ができません。

このように、金融免許がないにもかかわらず償還請求権があるファクタリングを提供している会社は、ファクタリング会社を装った闇金業者の可能性がありますのでご注意ください。

 

担保・保証人不要で利用可能

銀行融資やビジネスローンなどを利用する際は、担保や保証人が必要になることがあります。

ですが、担保や保証人が用意できない事業主様もいらっしゃるかと思います。

ファクタリングは「売掛債権の買取サービス」ですので、借入ではありません。

よって、担保や保証人不要で資金調達が可能になります。

 

赤字決算、税金滞納をしている方でも利用可能

ファクタリングの審査は、銀行融資やビジネスローンなどと重要視する部分が違いますので、赤字決算、税金滞納をしている方でも利用可能となります。

銀行融資やビジネスローンなどの審査は、会社の信用情報を重要視して審査を進めていきますが、ファクタリングの場合、買取った売掛債権がしっかりと回収できるかどうかを重要視して審査を進めていきます。

そのため、ファクタリングは赤字決算や税金滞納をしている方でも利用可能となります。

 

財務状態が改善する

たとえ売上が順調でも、支払いサイトがネックとなり、資金繰りが厳しくなってしまう事業主様も多いかと思います。

入金までの間に発生する支払い費用が多いと、手元の資金が不足しがちになってしまいます。

ですが、ファクタリングを利用すれば、入金期日前に早期資金化が可能となりますので、資金ショートの恐れがなくなります。

 

貸借対象表がスリム化されるため、金融機関の信用度も上がる

ファクタリングは、「売掛債権の買取サービス」ですので、借入ではありません。

そのためファクタリングなら負債を増やすことなく、資金調達が可能となります。

金融機関は、審査を行う際に、貸借対象表で負債が多過ぎないかを確認をします。

仮に負債が多過ぎる場合ですと、すでに返済金額も多くなっており、新しい借入金の返済の負担に耐えられない可能性があると判断されてしまいます。

負債の増加は、将来の資金調達への道を狭めてしまいます。

ファクタリングでの資金調達なら、負債に該当しないため、安心してご利用頂けます。

 

売掛先企業様に知られずに資金調達が可能(2社間ファクタリング)

ファクタリングの契約形態は、以下の2種類があります。

・2社間ファクタリング(お客様、ファクタリング会社での契約)

・3社間ファクタリング(お客様、ファクタリング会社、売掛先企業様での契約)

 

2社間ファクタリングの場合、売掛先企業様が参加しません。

必然的に、売掛先企業様に知られずに資金調達が可能になります。

そのため、売掛先企業様から「資金繰りが厳しいのではないか…」とマイナスな印象を持たれる心配もありません。

 

ファクタリングメリットのまとめ

ファクタリングは、銀行融資やビジネスローンなどに比べると馴染みのない資金調達方法ですので、なかなか踏み出せない方もいらっしゃると思います。

ですが、ファクタリングには多くのメリットがあります。

 

・最短即日資金調達が可能

・とにかく簡単に資金調達できる

・信用情報に悪影響がない(銀行融資に影響なし)

・銀行融資・ビジネスローンよりも審査が容易

・売掛先企業様が倒産しても弁済義務がない(ノンリコース)

・担保・保証人不要で利用可能

・赤字決算、税金滞納をしている方でも利用可能

・財務状態が改善する

・貸借対象表がスリム化されるため、金融機関の信用度も上がる

・売掛先企業様に知られずに資金調達が可能(2社間ファクタリング)

 

資金調達をご検討中の方で、まだ資金調達方法を決めていない方は是非、ファクタリングも候補に入れて頂ければ幸いです。

お気軽にお問い合せください
CONTACT

to top