ファクタリングの審査は緩くない!中小企業向きと言われる理由を紹介

プライバシーポリシー

03-5953-5814
無料ご相談はこちら
03-5953-5814無料ご相談はこちら

ファクタリングコラム

ファクタリングの審査は緩くない!中小企業向きと言われる理由を紹介

ファクタリング

2021年4月30日

一部のインターネット上の記事などでは「ファクタリングは審査が緩い」というような書き方がされていることがあります。しかし売掛債権の売却という重要な行為を行う際の審査が、「緩い」ということがあり得るのでしょうか?ファクタリングの審査基準などを知ることで、その真実が見えてきます。

ファクタリングの審査は緩い?

結論から言えば、「ファクタリングの審査は緩い」のではなく、「審査基準が中小企業向き」と言うのが正解です。ファクタリング会社が甘い審査を行っているとすれば、後々にトラブルが発生する危険が高くなりますが、実際にはそんなことはありません。各社によって基準に違いはありますが、「中小企業向けの審査基準」による審査がしっかりと行われているのです。

ファクタリングの審査基準が中小企業向きな理由

ファクタリングの審査で重要となるのは、「支払期日に売掛債権の支払いが実行される確率」です。この点でファクタリング会社が考える基準をクリアすることができれば、よほど大きな問題がない限りは審査を通過することができます。そしてこの条件をクリアするためのポイントは、中小企業にとっても比較的対応しやすいモノであることが多いのです。

売掛先の信用力が審査でもっとも重要となる

審査での最重要ポイントは、「売掛先の信用力」です。売掛先が支払いを実行するだけの余力があると判断されることが大切であり、与信情報や取引実績などが参考にされます。もちろん取引先の会社規模が大きければ信用力は高くなりやすいのですが、大企業でなければ審査に不利になるというわけではありません。安定した経営をしているのであれば、売掛先が中小企業であっても何ら問題はないのです。ちなみに売掛先が公的な機関の場合は、信用力は最大評価となります。

債券の支払期日までの残り日数や額が審査に影響する

債券の支払期日までの日数が長くなると審査に悪影響を及ぼす可能性があります。しかし残り日数が60日以内であれば心配する必要はあまりなく、短くなるほどに審査では有利になる傾向があります。また債権の額も審査には多少影響します。高額過ぎると回収リスクに対して敏感になり、逆に少額の債権はファクタリング会社にとっての利益が小さくなりがちなことから一部では買取りを歓迎されない可能性があります。しかし少額債権の買取を得意とする場所なども存在しますので、少額だから買取が行われないということではありません。

債権者の経営状況が重要視されない

融資を受ける際には申込みを行った企業の経営状況が重視されますが、ファクタリングの場合では債権者の経営状況は重要なポイントではなくなります。極端な言い方をすれば、「トラブルが起きない程度であれば問題ない」ことになり、赤字経営や多少の税金の滞納があっても利用可能なのもファクタリングの特徴です。

担保も保証人も不要

売掛債権の売却であるファクタリングには担保も保証人も不要です。融資の審査で適当な担保を用意するのに苦労したという企業様も、ファクタリングでは同じ苦労をすることはありません。審査とは直接関係はありませんが、遡及義務のないノンリコース契約が原則であるという点もファクタリングの大きなメリットとなります。

ファクタリングが中小企業向きの資金調達方法と呼ばれる理由

審査基準が中小企業向きであるだけでなく、ファクタリングは中小企業の資金調達に向いている特徴を幾つも持っています。多くの経営者様が期待している「スピード感のある資金調達」を実現し、さらには会社経営におけるリスクを減らす効果まで期待できるのです。

資金調達が素早く行える

ファクタリングについて関心のある経営者様の多くは「最短即日で債権が現金化可能」というスピードに魅力を感じていらっしゃるのではないでしょうか?銀行融資では実現の難しい「タイムリーな資金調達」が期待できるだけでなく、売掛債権を相応の額用意することができれば高額の資金調達も期待できるのも特徴です。必要なタイミングで現金を用意できるとすれば、資金繰りを大きく安定させることができるはずです。

負債を増やさない

当然のことではありますが、融資を利用すると「負債」が増えることになります。無理のない借り入れを行ない順調に返済を進めることができれば問題にはならないかも知れませんが、負債の額が大きくなれば債務超過の危険が発生し、何かのトラブルで支払いが難しくなれば資金繰りは一気に苦しくなってしまう危険も否定できません。しかしファクタリングは融資ではありませんので負債を増やすことはなく、上手に活用することでバランスシートのスリム化まで期待できます。

償還請求権がない

ノンリコース契約が原則であるファクタリングならば、売掛先が経営破綻して債権の代金の支払いが不可能となってしまっても、買取代金の返金対応などを求められる心配はありません。償還請求権がないことで売掛先の倒産リスクが回避できることも、リスクを避けた会社経営を望む経営者様に支持されている理由の1つです。

ファクタリングの注意点

ファクタリングが審査基準や特徴が中小企業向きの資金調達方法であることは事実です。しかしその他の資金調達方法と同様に、前もって知っておいていただきたい注意点は幾つか存在しています。注意点と言っても大きなデメリットになるわけではなく、後々のトラブルを避けるために必要な知識であることが多いのですが、是非一読していただくことをおすすめします。

債権者の経営状況が審査に「無関係」ではない

債権者の経営状況などが審査では重要にならないことがファクタリングを利用するメリットには違いないのですが、「無関係」ではないということをご理解ください。もし資産の差し押さえの危機を考慮されるほどの状況だとすれば、審査へ悪影響は避けられません。その危険が少しでもあるのであれば、危機的状況になる前にファクタリングで資金調達を行ない、経営状況の改善や税金の支払いを行うなど早め早めの対応を検討してはいかがでしょうか?

契約方法の違いの影響を理解する

2社間契約
・素早い資金調達が期待できる
・売掛先にファクタリングの利用を知られにくい
・債権譲渡登記が必要になることがある
・手数料が高めになりやすい

3社間契約
・低い手数料が期待できる
・審査に良い影響を与える
・買取実行までに若干の時間が必要
・売掛先に対してファクタリング利用の通知が行われる

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングという2つの契約方法は、売掛先への通知を行うかどうかが大きな違いです。しかし上記したような特徴がそれぞれにあることを理解した上で、契約方法を選択する必要があります。

2社間ファクタリングでも売掛先に知られる可能性はある

2社間ファクタリングに対して「売掛先に知られずに資金調達ができる」という表現を見掛けることがあるかも知れませんが、これは正しいとは言えません。もし債権譲渡登記が必要となった場合には、概要記載事項証明書を見られ売掛先に知られてしまう可能性はゼロではないからです。ただしわざわざ手続きをして証明書の交付が行なわれる可能性は低く、安全性が高いのは事実です。それでも不安を感じるのであれば、債権譲渡登記の留保が可能など、柔軟な対応をしてくれるファクタリング会社を選択しましょう。

銀行系・ノンバンクは償還請求権ありの可能性も

償還請求権がないことが原則であるファクタリングですが、申込先が銀行やノンバンクの場合は注意が必要です。銀行系やノンバンクのファクタリングでは償還請求権ありとなっている可能性があり、貸金業に登録しているのであれば違法ではないのです。大半のファクタリング会社であればノンリコース契約ですが、「ファクタリング=償還請求権なし」と思い込まずに確認をすることが大切です。

悪質・違法ファクタリング業者に騙されない

貸金業への登録を行なっていない、いわゆるヤミ金融による実質的に融資と判断される「悪質ファクタリング」が問題になりつつあります。金融庁も注意喚起を行っていますが、担保や保証人を求めてきたり手数料が高額であったりなど、何か危険を感じる場合には一度冷静になり判断しましょう。ファクタリングの利用には、安心で安全な場所を見つけることがもっとも重要です。

「保証型」は資金調達を目的としない

一般的なファクタリングは「買取型」と言われていますが、他にも「保証型」と呼ばれるファクタリングも存在しています。これは債権の代金を保証するのものであり、保証料を支払うことによって売掛先が万が一倒産などして支払いが行えなくなったとしても、代金を受け取ることができるサービスです。売掛債権の支払いに関する保険的な内容ですので、買取型のファクタリングと勘違いしないようにお気をつけください。

株式会社イディアルは中小企業におすすめ!

・即日債券の現金化可能、オンライン契約を利用すれば最短30分で資金調達が可能
・買取手数料は業界最低水準の「1%から」、手数料以外の費用は一切不要
・債権譲渡登記の留保可能、審査通過率92%以上
・運営歴15年(2006年設立)以上だからこその安心感

株式会社イディアルは素早い資金調達を可能とするだけなく、低い手数料と柔軟な審査による高い審査通過率を誇る、中小企業に特におすすめのファクタリング会社です。2006年設立から積み重ねてきた実績による安心感の高いサポートで、安全で満足感充分のファクタリングによる資金調達を実現していただけます。

ファクタリングは中小企業向けの資金調達方法です

・中小企業が利用しやすい審査基準
・中小企業にとってメリットの大きい特徴

ファクタリングは上記した2つを兼ね揃えているからこそ、「中小企業向けの資金調達方法」と呼ばれています。現在資金繰りに不安を感じているという企業様も、ファクタリングを活用することで資金繰りの改善が期待できます。

お気軽にお問い合せください
CONTACT