ファクタリングの資金調達スピードを最速にするコツを徹底解説!

プライバシーポリシー

tel

0120-471-023

受付時間 9:00~19:00(土日祝除く)

無料ご相談はこちら
03-5953-5814無料ご相談はこちら

ファクタリングコラム

ファクタリングの資金調達スピードを最速にするコツを徹底解説!

ファクタリング

2021年7月15日

ファクタリングは短期間で債権の現金化が期待できる、「スピード」が大きなメリットとなる資金調達方法です。様々なファクタリング会社のサイトやファクタリングについて解説した記事でも「即日現金化」という文字が見つかるはずですが、「ファクタリングは確実に即日で資金調達ができる」と思い込んでいると少し危険かも知れません。この記事ではファクタリングを利用した資金調達のスピードを「最速にするコツ」を解説します。

ファクタリングは即日資金調達「可能」

銀行融資を含めて資金調達の選択肢は幾つもありますが、その中でもファクタリングが1,2を争う資金調達スピードを誇るのは紛れもない事実です。即日で現金を手にできる可能性があるのはファクタリング以外ではビジネスローンくらいであり、審査の通過しやすさや資金調達可能な額などを考慮すれば、最も利用しやすいと言っても過言ではありません。しかしファクタリングは即日で資金調達が「可能」であり、確実に債権が即日現金化できるわけではないことは、よく理解しておく必要があります。

適切な選択と準備をしなくては即日現金化は容易ではない

あくまでファクタリングは「最短即日」での現金化が可能ということですので、急いで債権を現金化したいとお考えであれば適切な準備を行う必要があり、準備不足では即日での資金調達は遠のいてしまいます。しかし、そのハードルは決して高いものではありませんので、選ぶべき選択肢や準備を理解しておけば、申込当日に債権を現金に変えることは難しくはなくなります。

2社間ファクタリングを選択する

ファクタリングの契約方法には「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」という2つの選択肢があります。大きな違いは「売掛先を契約手続きに含めるかどうか?」であり、即日での資金調達をご希望であれば選ぶべきは「2社間ファクタリング」となります。2社間の契約では債権者とファクタリング会社との間だけで手続きを行うことになることから、素早く債券の売買契約を結べる可能性が高まるのです。

3社間ファクタリングは売掛先の都合に大きく左右される

3社間ファクタリングを選択した場合には、売掛先に対して債券売却に関する通知を行ったり承諾を得る手間が発生します。売掛先がファクタリングの利用に関して理解があり協力的であれば別かも知れませんが、ほとんどの場合で2社間ファクタリングよりも大きく手続きに時間がかかることになります。ただし3社間ファクタリングでも数日から1週間程度での資金調達は充分に可能ですので、融資などと比較してスピード感があるのは確かです。

全ての業者で2社間契約ができるわけではない点にも注意

2社間ファクタリングを選択することが、即日現金化の鍵となるのは間違いありません。しかし全てのファクタリング会社で2社間ファクタリングが利用できるわけではない点にはご注意ください。特に銀行系ファクタリング会社の多くは、3社間での契約のみにしか対応していません。ですから素早く売掛債権を現金化したいとお考えであれば、銀行系やノンバンク系ではない、「独立系」と呼ばれるファクタリング会社を選ぶことをおすすめします。

オンラインファクタリングは特に素早い資金調達が期待できる

申込から契約手続きまでの全てをWeb上で行うことができる「オンラインファクタリング」は、1時間を切る早さでの現金化も可能としてくれます。来店して手続きを行う必要もなく、書類提出もスキャナで読み取ってのメール添付やFAXなどを行うことで即座に完了させることができます。さらに面談もZoomやSkypeを利用して自宅や会社から行えるなど早さだけでなく手続きの負担も少なくなるオンラインファクタリングは、非常に利便性の高いサービスなのです。

「事前準備」を怠らない

即日など短時間で債券の買取を完了させるには、「事前準備」も非常に重要です。素早い資金調達が期待できるファクタリング会社を選び、提出書類の用意などをできる限り前倒しで行うことができれば、資金調達完了までにかかる時間は短くなっていきます。

即日現金化に対応できる場所を見つけておく

債権の買取に関するスピードに自信のあるファクタリング会社の多くでは、公式サイト上で「即日現金化」や「即日買取」などの文字を見つけることができるはずです。そのような記載がある場所は、スピードに期待が持てます。しかし「即日審査」や「即日対応」と書かれている場合は即日での買取に対して自信があるとは判断しずらく、素早く買取が実行される確率はあまり高くないかも知れません。

ファクタリングに必要な書類を理解し準備しておく

審査を受け債券の売買契約を結ぶまでには、幾つかの書類提出を行う必要があります。実はこの書類提出をスムーズに行えるかどうかが、資金調達の早さに大きく影響するのです。必要書類が揃わなくては審査をスタートすることも難しくなり、契約手続きも書類に不備があっては完了させることはできません。書類提出に時間がかかった分だけ、即日現金化が遠ざかると言っても過言ではないのです。

売掛債権の売却契約に必要な書類一覧

・代表者の身分証明書(運転免許証やパスポートなど写真付きの書類を推奨)
・登記簿謄本
・請求書など売掛金の存在を証明できる書類
・契約書(基本契約書・請負契約書など)
・売掛先との取引に使用している口座の通帳
・決算報告書、確定申告書
・印鑑証明書

申込んだファクタリング会社によって違いはあるものの、審査や契約手続きでは上記したような書類が必要になります。決算書や確定申告書などは直近何期分かが必要になることがあり何期分の提出が求められるかは申込先によって異なりますので、早い段階で確認を取り、できるだけ早く準備を進めましょう。

対応力の高いファクタリング会社を選ぶ

専用フォームが用意されていたりフリーダイヤルがあるなど、問合せが行いやすいファクタリング会社は丁寧な対応が期待できます。また遠方のファクタリング会社を選ぶ場合は、出張対応が可能かやオンラインファクタリングに対応しているかなどを確認した上で申し込むことをおすすめします。

「審査通過率が高い」場所を選ぶ

短時間で資金調達ができる期待の高い場所を選んだとしても、審査に通過できなくてはそのスピードの恩恵を受けることはできません。また審査落ちしてから他社に申込んでいては、現金を手にするまでに多くの時間が必要になることも予想されます。そうならないためには、柔軟な審査を行っている「審査通過率の高いファクタリング会社」を選ぶことが大切です。

「信用力の高い売掛先」の債権を選ぶ

ファクタリングでは「売掛先の信用力」が審査に大きく影響します。債権の売却を希望する企業の経営状況は審査への影響が大きくないことも、ファクタリングが中小企業が利用しやすい資金調達方法と言われている理由の1つです。そして信用力の高い売掛先の債権を用意することができれば、短時間で審査が終わる可能性が高くなり即日などスピーディーな資金調達が成功できる確率もアップします。

信用力とは?

ファクタリングにおける信用力とは、経営状況や支払能力、与信情報などを総合して判断したものであり、「トラブルなく債権代金の支払いが実行される可能性」を現します。信用力を判断するためには、信用情報機関や信用調査会社が集めている情報を参考にすることが多いようです。

債券の支配期日までの残り日数や額も審査に影響する

売掛債券の支払日までの残り日数が2ヶ月を大きく超えるなど長い場合は、審査に悪影響を及ぼす可能性があります。また債権の額が大きい場合も、ファクタリング会社が回収リスクを慎重に判断することから、審査に時間がかかりやすくなります。高額債権の買取を希望する際には、債権の買取可能額を確認し上限に余裕のある場所を選ぶと審査時間が短くなる期待が高まります。

「即日現金化」の実現に知っておくべきポイント

ここからは「即日現金化」の実現を左右するかも知れないポイントをご紹介します。一つ一つの項目は些細なことに感じるかも知れませんが、実は思いもよらない大きな影響を与える可能性があります。少しでも早く手持ちの債権を売却し資金調達を行いたいのであれば、できる限りの実行をおすすめします。

「申込み」は可能な限り早い時間に

原則的に、ファクタリング会社は申込みの先着順に手続きを行います。これは当然のことではありますが、少し申込みが遅くなっただけで、資金調達が完了する時間に遅れが生じることは十分に考えられるのです。ですからファクタリングの利用を決意した後には、できるだけ早く申込みを行いましょう。現在は利用する段階でないとしても、ファクタリング会社の情報を集め、気になる場所が見つかれば早い段階で問い合わせをしておくのも効果大です。

「急いでいる」ことを伝える

ファクタリング会社に対して資金調達を急いでいることを伝えれば、それ相応の対応が得られる可能性は高く、何も伝えずに手続きを進めるのとは大きな差になる可能性は低くありません。ただしあまりにも切羽詰まった状況を演出してしまうと、「間に合わない」と判断され買取を拒否される可能性も考えられますので、本当に必要なタイミングを伝えることが大切です。

「平日」に手続きを行う

売掛金の買取代金は多くの場合で銀行振込によって支払われます。現金手渡しの業者も存在しますが、数は少ないのが実際です。銀行振込の場合、時間帯や取り扱う金融機関によっては翌日振込になってしまうこともあり得ます。特に金曜日の場合は時間帯によっては週明けの振込になってしまう可能性もありますので、ファクタリング会社に振込について確認しておくと安心です。

「以前利用したファクタリング会社」を選ぶ効果は大きい

ファクタリングは同じ場所を利用し続けることで様々なメリットが受けられます。まずは手続きの流れを理解できていることで、前倒しでの準備が可能となります。またファクタリング会社側からの信用度もアップし、審査が早く終わりやすくなり審査通過の確率も高まります。さらに手数料の引き下げも期待できるなど、頼りになる場所を見つけ使い続けるメリットは大きいのです。

「悪徳業者」に騙されない

即日での資金調達が可能としても、ヤミ金融が関係するような「悪質業者」に騙されないように注意する必要があります。悪質なファクタリング会社では、法外な手数料の請求や貸金業登録を行わずに融資に近い条件での契約を迫ってくるなどの危険があります。運営歴やネットでの口コミを参考にして、安全な場所で売掛債権の売却を行いましょう。

イディアルは「即日高価買取」が可能!

・オンラインファクタリング利用可能
・申込から振込まで最短「30分」
・ファクタリング審査通過率「92%以上」
・買取手数料は業界最低水準の「1%〜10%」

株式会社イディアルは2006年3月に設立された、15年以上の運営歴を誇る安心して利用していただけるファクタリング会社です。即日買取に対応できるのはもちろんですが、最短30分という早さや高額買取も行わせていただいております。上記したような特徴を持つイディアルでは、スピード感抜群でメリットの多い資金調達を実現していただけます。

売掛金の即日現金化は中小企業の資金繰りを変えてくれます!

売掛金を期日前に現金化することができれば、売掛金の支払いサイトに悩まされることがなくなります。また即日で売却が可能となれば、本当に資金が必要なタイミングに間に合うように資金調達することができます。このようにファクタリングは、中小企業の資金繰りに大きな変化をもたらすことができる資金調達方法なのです。

お気軽にお問い合せください
CONTACT