ファクタリングは原則「償還請求権なし」!資金調達後も安心!

プライバシーポリシー

03-5953-5814
無料ご相談はこちら
03-5953-5814無料ご相談はこちら

ファクタリングコラム

ファクタリングは原則「償還請求権なし」!資金調達後も安心!

ファクタリング

2021年3月31日

ファクタリングは売掛債権を売却することによって行う資金調達の方法です。このファクタリングについて調べていると、度々目にすることになるのが「償還請求権」という言葉です。意味がよくわからなくても大きな影響はないと思われがちですが、実はきちんと理解し契約を行わないと大きな問題に発展する可能性もあるのです。「償還請求権」の意味を正しく理解して、安心感の高い資金調達を行いましょう。

ファクタリングにおける「償還請求権(リコース)」とは?

「償還請求権」は「リコース(recourse)」とも呼ばれ、「遡及権(そきゅうけん)」と言われることもあります。ファクタリングにおいては、売掛債権が何かの理由で回収不可能となった場合に、債権を売却した企業に対して債権代金の支払いを請求できる権利となります。売掛先が倒産してしまった場合や支払いを拒否している時に関係してくる権利ですので、無事に債券の代金が支払われれば償還請求権のことを気にすることはないとも言えますが、万が一の場合を考えるのは会社経営においても大切なのではないでしょうか?

償還請求件あり(ウィズリコース)は債権の責任を背負う

償還請求権がある契約のことは「ウィズリコース(with recourse)」と呼ばれます。この方法で契約を行った場合は、売掛債権の売却が完了したとしても売掛先からの支払いが実行されるまでは安心することはできません。例え取引歴の長い企業からの債券であったとしても、全くリスクを考慮しないのは危険と言わざるを得ないのです。

償還請求権なし(ノンリコース)なら資金調達後のリスクなし

償還請求権がない「ノンリコース(non recourse)」での契約であれば、債券の売却契約が完了した時点で、債券の支払いに関する責任を問われることは無くなります。例え売掛先が倒産しようと夜逃げしてしまったとしても、売掛金の売却で手に入れた現金の返還を求められることはありません。つまりノンリコースであれば、非常に安心感の高い資金調達が行えると言えます。

ファクタリングは原則「償還請求権なし」で契約できる

ファクタリングで資金調達を行うのであれば、間違いなく「償還請求権なし」での契約の方が資金調達後の安心感は高くなります。そして原則的に日本国内で行われるファクタリングでは償還請求権は必要ありません。なぜならファクタリングとは、債券を売却することで現金化する資金調達方法だからです。債権の二重譲渡などの明らかなルール違反が無い限りは、正当な手続きで売却した債権の責任を負う必要はないのです。

償還請求権ありの場合は「融資」の可能性大

もし償還請求権のあるファクタリングを見つけた場合には、「融資」ではないかと疑ってかかってください。償還請求権が発生している状況は債権を担保として資金調達を行っていると考えられ、ファクタリングに対してイメージしている「売却」による資金調達とは差異が生じてしまうからです。

「償還請求権あり=違法」ではないが注意が必要

償還請求権があるファクタリングが融資と考えられるとしても、イコール違法というわけではありません。貸金法の登録業者が融資を行うのであれば違法ではなくなりますので、ノンバンクや金融機関が償還請求権ありのファクタリングサービスを提供することは可能です。しかしファクタリングという名称であったとしても、実際には債権の譲渡担保融資や動産・債券担保融資(ABL)の場合が多くなりますのでご注意ください。また貸金法の登録を行っていない業者が償還請求権を求めてきた場合は違法である可能性が高く、その様な業者は闇金など悪質なファクタリング会社と考えるべきです。

償還請求権なしだから「債券の信用力」が重要

ファクタリングには原則償還請求権はありません。これは債権の支払いが実行されなかった場合には、ファクタリング会社が大きな損害を受けてしまうことになるということです。ですからファクタリング会社は診査時に「債券の回収リスク」を重要視します。償還請求権がないことが、診査時に債券の信用力が問われる1つの大きな原因となっているのです。

経営状況・取引実績から回収リスクを判断

回収リスクを判断する際の大きなポイントとなるのは、売掛先の経営状況と債券の売却を希望する企業との取引実績です。経営状況は安定していることが大切であり、特別好調な経営を求められているわけではありません。また安定した経営を行っていたとしても、新規の売掛先は評価が高くなりにくくなり、長く付き合いのある売掛先からの債券は信用力が高いと考えられます。しかし診療報酬債券のような売掛先が公的な機関の場合は、誰の目にも信頼できる売掛先となりますので取引実績はあまり問われません。

診査通過率・手数料に直結

信用力の高い債券があれば、診査に通過できる可能性はもちろん高くなります。しかしそれだけでなく設定される手数料の額にも影響が与えられます。ファクタリング利用時に必要となる手数料は2社間か3社間かという契約方法にも大きく左右されますが、債券の信用力の高さも影響は小さくないことを理解しておきましょう。診査通過の可能性を高め低い手数料で利用するには、信頼できる売掛先の債券があることが非常に重要ということになります。

株式会社イディアルはもちろん「償還請求権なし」!

株式会社イディアルのファクタリングは、もちろん「償還請求権なし」で契約が行われます。ですので契約が終わり債権の買取が実行されれた後は、売掛先からの支払いを気にかけていただく必要はなく、調達された資金を活用し会社経営を行うことに集中していただくことができます。

ノンリコースでも診査通過率93%以上

償還請求権のないノンリコースでは診査が厳しくなってしまうことが想像されるかも知れませんが、イディアルは柔軟な診査を行うことで「93%以上」という高い診査通過率を誇り、多くの企業様にご利用していただいています。他社での診査に通過できなかったという企業様も診査通過できる可能性は大きくありますので、諦めずぜひイディアルにご相談してください。

手数料も業界最低水準2%から

ファクタリングを活用して資金調達を行う際には手数料は重要なポイントであり、手数料が高くては期待した額の資金調達が行えないという可能性もあります。しかしイディアルは業界最低水準の「2%〜」となっており、さらに手数料以外の費用は一切不要です。悪質なファクタリング会社では手数料を低く見せておいて様々な費用を請求してくるという手口も存在するようですが、イディアルならばそのような不安も無用です。

最短60分!即日資金調達可能

資金調達方法としてファクタリングを選ぶ理由の1つとなるのが「資金調達のスピード」です。銀行融資では実現が難しい即日資金調達も、ファクタリングでは実現可能なのです。
しかもオンライン契約に対応しているイディアルでは、最短60分で資金調達を行える可能性もあります。急ぎで売掛債権を現金化したいという場合にもイディアルは頼りになります。

ファクタリングで不安の少ない資金調達を!

償還請求権のないファクタリングの大きなメリットは、資金調達後の不安がないということです。売掛先が倒産する可能性は低いはずですが、それが絶対でないことは経営者様はおわかりのはずです。その不安を抱えたままでは、調達した資金も思うように活用できないかも知れません。しかし株式会社イディアルのようなノンリコースのファクタリングならば、債権代金の支払いのことは気にせずに資金を経営に活用することができます

お気軽にお問い合せください
CONTACT

to top