ファクタリングは建設業の資金繰りに役立つ!その理由とメリットをご紹介

プライバシーポリシー

03-5953-5814
無料ご相談はこちら
03-5953-5814無料ご相談はこちら

ファクタリングコラム

ファクタリングは建設業の資金繰りに役立つ!その理由とメリットをご紹介

ファクタリング

2020年11月26日

支払日が訪れていない売掛債権を売却することで資金に変えることができる「ファクタリング」は、融資に頼らない資金調達方法として注目を集めています。ファクタリングは、どんな業界であっても利用価値が高いのですが、特に利用をおすすめしたい業界の1つが「建設業」です。建設業を営む中小企業の経営者様にとって大きな悩みの種ともなる資金繰りも、ファクタリングを利用することで悩みが解決できるかも知れません。

 

ファクタリングは建設業との相性が抜群!

建設業の資金繰りにファクタリングをおすすめする理由は、「ファクタリングと建設業の相性」が抜群だからです。この資金調達方法を利用するための審査で最大のポイントとなるのは「売掛債権の信用性」が高いかどうかです。建設業に関する債権は非常に高い評価が得やすく、現金化を希望する皆さんにとって納得できる条件での契約が期待できるという特徴があり、優先的に利用するだけの価値があると言えるのです。

 

審査に通過できる可能性が高い!

ファクタリングで債権を売却するには審査に通過しなくてはなりません。この審査で重要視されるのは、会社の経営状況よりも買い取った売掛債権が確実に支払を実行されるという信用性です。また債権の額が大きいほどに買取業者にとってのメリットが増えますので、買取側としては少額債権よりも高額債権を歓迎しているというの現実です。建設業はこの条件を満たす債権を保持していることが多く、審査通過の確率が他の業界よりも高くなる傾向があります。

 

高額債権はファクタリング会社にとって魅力的

建設業では高額な債権が発生する頻度が低くはなく、高い額の売掛債権はファクタリグ会社から見て非常に魅力的に映ります。なぜなら少額でも高額であっても買取する際に発生する手間に大きな違いが無く、ならば総額は同じだったとしても少額債権を幾つも手続きするよりも高額債権の方がトータルでの手間が少なくて済むからです。もちろん額の小さな売掛金は買取ができないということはないのですが、ファクタリグ会社から見て魅力を感じる高い額面の売掛金の買取希望の方が審査に通りやすいのは確実です。

 

建設業の売掛債権は信頼度の評価が高い

高額債権が歓迎されやすいのは事実ですが、それ以上に審査通過に大きく影響するのは「確実に入金される」と判断されるかどうかです。もし債権の相手先の企業が倒産してしまったとすれば、その債権の価値は無くなってしまったも同然です。高額でも少額でも支払が実行されないのであれば、ファクタリング会社にとって買い取る価値はありません。しかし建設業は医療業界と並んで債権の信用性が高いと言われている業界です。相手先企業の経営状況や過去の取引実績なども審査では考慮されますが、建設業であることが第一印象から優位に働くのは事実なのです。

 

好条件での契約が行える可能性も高くなる

債権の額と信頼性は買取契約の審査に大きな影響を与えますが、これらの条件を満たすことで買取時の契約内容が好条件になりやすいというメリットもあります。信頼度が低い売掛債権を買い取るのはファクタリグ会社にとってリスクが大きくなることになりますので、契約内容が厳しくなりやすくなってしまいます。また少額債権の場合には額面に対しての手数料の割合が高くなってしまいますが、額面が大きくなることでその割合を小さくすることが可能になります。

 

建設業がファクタリングを利用するメリット

建設業にとってファクタリングは、審査に通りやすく好条件での買取契約が期待できる資金調達方法と考えられます。しかしファクタリングを利用するメリットは他にも幾つも存在しているのです。そのメリットの幾つかをご紹介します。

 

長い支払いサイトに対する悩みをクリア

売掛債権が資金繰りの問題となりやすい理由の1つは「支払サイトが長い」からに違いありません。特に建設業の場合は、入金が実行されるまでに数カ月かかるということも決して珍しいことではなく、手元にある資金が枯渇してしまう原因にもなりかねません。しかしファクタリングを利用することができれば、その問題は解決できます。高額債権になればなるほどに支払サイトが長くなる傾向がありますが、ファクタリングを活用することで入金まで耐え続け我慢の経営をする必要は無くなります。

 

最短なら即日での資金調達も!

ファクタリングは資金調達までのスピードが非常に優秀な資金調達方法です。銀行融資では数週間で借入が行えれば早い方とも言えますが、ファクタリングならば即日での資金調達も不可能ではありません。これにはスムーズな書類提出を行う必要などがありますが、多くの場合で3日から1週間もあれば買取が実行されますので、急に資金が必要になった際にも頼りになります。

 

原則「ノンリコース」だから現金化後の不安も無し

ファクタリングは原則的に「ノンリコース」で契約が行われます。これは償還請求権が無いということであり、もし売掛債権の売却後に相手先企業が倒産してしまったとしても、債権の補償をする必要はありません。ですから現金化が完了した後は債権の支払が実行されるかどうかの心配は無用となります。相手先の倒産リスクを考えず済むことで、資金調達後も安心して資金が運用できるはずです。

 

「2社間契約」で取引先に知られずに現金化が可能

どの業界でも言えることですが、「取引先からの信用」は会社経営において重要なポイントです。売掛債権を売却すること自体は、融資に頼らない資金調達方法として国も推奨していますが、取引先がファクリングに理解が無い場合や、「支払日まで待てる資金が無い」と思われてしまうのはデメリットになる危険性は否定できません。ですがファクタリングには取引先に通知無しでファクタリング会社との間だけで契約ができる「2社間契約」という選択肢があり、2社間契約を選択することで取引先に知られるリスクを大きく下げることが可能となります。

 

銀行融資を断られていてもチャンスあり

ファクタリングと銀行融資はどちらも利用前には審査がありますが、どちらが審査通過が容易とはっきり言えるものではありません。なぜなら、それぞれの審査基準には大きな違いがあり、資金調達を行いたい企業の状況によって向き不向きがあるからです。しかし審査基準が違うということは、「融資の審査に落ちていてもファクタリングが利用できるチャンスはある」ということにもなります。中々融資の審査に通れないという企業にとって、ファクタリングは救いになる可能性は決して小さくありません。

 

バランスシートに好影響が与えられる

ファクタリングは債権の買取により現金化を行っていますので、融資とは根本的に違います。債権を売却したとしても、バランスシート(貸仮対照表)上の負債額が増えることはなく悪影響はありません。それどころか負債を増やさずに資金が増やせるため、好影響を与えられるのです。バランスシートは会社の評価の指標ともなる資料であり、これが改善されることで融資を断られてしまった企業が融資を受けられる可能性を高めることもできるのです。

 

手形割引よりも安心感とスピードが優秀

売掛金を利用した資金繰りとしては「手形割引」という選択肢も存在します。ですが、手形割引の場合は貸付扱いであり、万が一ですが売掛金の相手先が倒産した場合には債権の買い戻しを求められてしまいます。ファクタリングよりも審査にかかる期間も長めであり、スピード面でも安心感でもファクタリングの方が優秀と考えられます。

 

多くの建設業者が既にファクタリングを利用中!

 

建設業に関する売掛債権がファクタリング会社から歓迎されやすいことが影響しているのは確かですが、現実としてファクタリング利用者に占める建設業の割合はたいへん高く既に多くの建設業者が売掛債権の売却による資金調達を行っています。業界内で高く認められていることで、取引先からの理解も得やすいのも建設業ならではと言えます。

 

建設業はファクタリングの利用でチャンスが広がる!

ファクタリング最大のメリットはなんと言っても資金調達のスピードです。この素早さを活かせば必要なタイミングで資金を確保することが可能となります。これはつまり「チャンスを逃さない経営」ができる様になるということです。特に建設業は資材費や人件費などのタイムリーな確保が重要な業界です。だからこそ、ファクタリングは建設業にとって最適とも言える資金調達方法なのです。

 

お気軽にお問い合せください
CONTACT

to top