ファクタリングは最速の資金調達方法?早さの秘訣と素早い現金化へのコツを解説

プライバシーポリシー

tel

0120-471-023

受付時間 9:00~19:00(土日祝除く)

無料ご相談はこちら
03-5953-5814無料ご相談はこちら

ファクタリングコラム

ファクタリングは最速の資金調達方法?早さの秘訣と素早い現金化へのコツを解説

ファクタリング

2020年12月2日

思い通りのタイミングで資金調達ができるとすれば、経営者様の多くが日々抱えている資金繰りに関する悩みへの大きな手助けになるはずです。ファクタリングは最短即日現金化というスピードを持ち、急いで現金を手にしたい時にも頼りになります。様々な資金調達方法の中でも最速かも知れない早さの理由と、素早く資金を得るためのコツを解説します。

 

ファクタリングなら最短数時間で資金調達可能

ファクタリングに関して調べたことのある方は「最短即日現金化」や「即日で資金調達」などという文字を何度も見かけたのではないでしょうか?中には最短なら数時間で売掛債権の買取が実行できると書かれている場所まで存在します。これだけの早さで資金調達ができる可能性があり実現も現実的であることが、ファクタリングを利用する最大のメリットなのかも知れません。

 

その他の資金調達方法とスピードを比較

銀行融資・・・早くて数週間、平均でも一ヶ月程度が必要

日本政策金融公庫・・・2週間から1ヶ月ほどの期間が必要

クラウドファウンディング・・・募集期間は自分で設定可能だが短期での資金調達は難しい

ビジネスローン・・・最短即日融資も可能

補助金や助成金・・・3ヶ月以上かかることも少なくはなく、手続きが複雑な場合も多い

 

代表的な資金調達法の中ではビジネスローンが最も早く、最短即日で現金を調達できる可能性があります。しかしビジネスローンは限度額が低く金利が高く設定されがちなことからメインの資金繰りに利用するには向きません。

 

ファクタリングの早さの秘訣

数ある資金調達方法の中でも最速レベルの早さをファクタリングが誇れるのは、融資などとは全く違う資金調達方法であることが大きく影響しています。融資の際に行われる様な複雑な審査ではなく、独自の審査基準があることがファクタリングの早さの秘訣なのです。

 

融資ではなく売却

融資を受ける場合には現在の経営状況や返済計画、資金の利用目的など様々な情報をチェックされ融資が可能かの判断が行われます。それに対してファクタリングは「債権の買取」を行っているだけであり、ファクタリング会社から見て売掛債権の安全性を確認することができれば、問題なく買取を実行してもらえます。

 

売掛先の信用度が重要

ファクタリングの審査では売掛先の信用度が大きく影響します。ですから、これまでの取引実績と現在の経営状況に問題が無ければ審査を通過するのは難しくありません。つまり取引先が順調な会社経営を行っていて、これまでに申込者との間でスムーズな取引を行っていれば問題ないということになります。もちろん他にもチェック項目はありますが、融資と比べて複雑でない審査基準によりスピード審査を実現しているのです。

 

最速でファクタリングを行うコツ

「即日現金化」が可能であるとしても全てのファクタリング会社で即日資金調達が行えるわけではなく、スピード対応が可能な場所を見つけ、適切な手続きを進めていく必要があります。急いで現金を準備したい時に特に役立つ「最速でファクタリングを行うコツ」をご紹介します。

 

オンラインでの手続きができる業者を選ぶ

スピードを求めるのであれば「オンライン手続きが充実しているファクタリング会社」を選びましょう。今では申込みをWEBから行えるのは普通となっていますが、その後の書類提出もWEBから行えるなどとなれば現金化に必要な時間は大幅に短縮できます。申込みを行いたい場所が近所にあれば話も変わりますが、そうでないのであればオンライン手続きに強い業者を選びましょう。

 

WEB完結型なら数時間での現金化も可能

申込みや書類提出だけでなく、契約手続きまでもがオンラインで行えるWEB完結型のファクタリング会社を選べば、ほんの数時間での売掛債権の現金化も不可能ではなくなります。WEB完結型の場合は面談不要であったり、行う場合もリモートとなりますので対応のためにかかる負担を大きく減らすことまで可能となります。またWEB完結型は手数料は低めに設定されやすいというメリットもあります。

 

2社間契約を選択する

3社間契約は手数料の面では有利になるのは確かなのですが、売掛先からの承諾などを契約手続きに含むことになりますので現金化までのスピードが早いとは言えません。それに対して2社間は契約はファクタリング会社との間での手続きだけで済むので、手続きを早く進めることができます。

 

書類提出を素早くスムーズに

即日現金化を行うためには、素早く審査を行える業者を選ぶ必要がありますが、契約までにかかる時間を大きく左右する要素の1つは「書類提出」なのです。必要な書類が揃わなくては審査をスタートすることができず、審査に通過した後も契約に必要な書類の準備が間に合わなくては契約手続きが行なえません。前もって提出書類の準備をしておいたり、早め早めに用意しスムーズに提出することで、現金化にかかる時間を大きく短縮することができます。

 

信用度の高い売掛先を選ぶ

審査時には売掛先の信用度がチェックされますが、申込者から見て信用度の高いと思われる売掛先の債権を選ぶことで審査にかかる時間の短縮が期待できます。良好な経営状況であったり取引歴の長い売掛先を選ぶことができれば、判断の難しい企業の債権を選択してしまった場合よりも結果が出るのを早めることができるはずです。

 

支払サイトが長い売掛債権は危険

信用度の高い売掛債権であっても、支払サイトが60日以上ある場合には注意が必要です。支払サイトが長くなるとファクタリング会社にとって回収リスクが高まると考えられており、60日以上になると危険性が高いと判断されることが多いからです。支払サイトは短い方が審査時の評価は高くなるということも考慮して、売却を希望する債権を選ぶようにしましょう。

 

急ぎで資金調達を目指す時の注意点

資金調達を急ぐ時には素早い行動が必要となりますが、焦って手続きを進めた結果、期待していた早さで資金が受け取れなくなったり必要な額が受け取れなくなってしまう危険もあります。急いでいるときこそ落ち着いて、しっかりと確認した上で行動をしましょう。

 

即日審査と即日現金化を間違えない

同じ即日でも「即日審査」と「即日現金化」では全く意味が違います。あくまで申込み当日に審査を行ってもらえるのが即日審査ですので、その日中に買取が実行される可能性は高くはありません。当日中に現金を受け取りたいと考えているのであれば、「即日現金化」や「即日買取」に対応できる場所を選んでください。

 

2社間と3社間の契約方法の違いを理解する

2社間契約と3社間契約の違いとして大きいのは、売掛先からの承諾を得る必要があるかどうかです。2社間は売掛先からの承諾は不要ですが、ファクタリング会社にとっての回収リスクが高まるために手数料は高くなりがちです。3社間は売掛先を契約に含めることで手続きにかかる時間が増えることになります。この違いを理解してどちらの契約方法を選ぶかを決めないと、必要なタイミングに間に合わなくなったり必要な額が準備できなくなってしまう危険が発生してしまいます。

 

何日後までに資金が必要かをハッキリさせる

ファクタリングを利用する大きなメリットが現金化までの早さであることは事実です。そしてそのスピードが最大限に活かされるのは2社間契約を利用しての即日現金化です。しかしもし3社間契約を選択したとしても、ファクタリングならば一週間もかららずに資金調達を行える可能性は十分にあります。何日後までに資金を準備する必要があるかを、まず考えてみましょう。

 

ファクタリングなら必要なタイミングで資金が準備できる!

上手くファクタリングを活用することができれば、ベストなタイミングでの資金調達が行える様になります。またその仕組みを理解することができれば、手数料などを抑えてお得に利用することまで可能となります。ファクタリングに対する知識を身に着け、スムーズな資金繰りを実現させてください。

お気軽にお問い合せください
CONTACT