ファクタリングを断られた時の対処法!対策をすれば審査通過率は高まる!

プライバシーポリシー

03-5953-5814
無料ご相談はこちら
03-5953-5814無料ご相談はこちら

ファクタリングコラム

ファクタリングを断られた時の対処法!対策をすれば審査通過率は高まる!

ファクタリング

2021年4月9日

ファクタリングは中小企業も利用しやすい資金調達方法と言われていますが、どんな企業がどんな債権の売却を希望しても必ず審査通過できるわけではありません。しかし残念ながら審査落ちしてしまったとしても、原因を見極め対処することができれば資金調達が行える可能性は十分にあります。ファクタリングの審査で見られる重要ポイントなどを知り、資金調達成功の可能性を大きく高めましょう。

ファクタリングの審査での重要ポイント

審査でもっとも重要視されるのは売掛先の状況です。しかしそれだけでなく、売掛先とファクタリングの申込みを行った企業との関係性や売却を考えている債券の条件など、様々な要素が審査には影響を与えます。どの様なポイントがチェックされるかを知ることで、どんな債券を売却すると審査通過しやすいのかが見えてくるはずです。

売掛先の経営状況

ファクタリングを利用する際の審査に最も大きな影響を与えるのが、売掛先の経営状況です。なぜなら債権の代金を支払うことが難しい売掛先の場合は、ファクタリング会社にとっての回収リスクが大きくなってしまうからです。しかし売上をドンドン伸ばしているような売掛先が求められているわけではありません。あくまで債権の代金が支払えれば問題ありませんので、倒産の可能性などがなく順調な経営を行っている企業が売掛先であれば、審査に悪影響を及ぼすことはまずありません。

売掛先の与信情報

過去に金融事故などを起こしている売掛先の場合は、企業としての信用度は低く見られる傾向があります。現在はトラブルを解消できているのかや、どれくらい前の話なのかによって影響の大きさは変わりますが、与信情報に傷がない売掛先の債権の方が審査通過できる可能性はやはり高くなります。

売掛先との取引実績

売却を希望する債券の売掛先との取引実績も、審査への影響は小さくはありません。例え売掛先の支払い能力や与信情報に問題がなかったとしても、実際に取引を行った実績がないとなると今回支払いが行われるという確証が持ちにくいのがその理由です。しかし売掛先が公的な期間である場合などは、初めての取引であっても問題にならない場合がほとんどです。

債券の支払期日までの残り日数

支払期日前に債券を現金化するのがファクタリングですが、支払期日までの残り日数が長くなるほどに回収リスクは高くなると考えられています。売掛先の信用力が十分にある場合は大きな影響はありませんが、2ヶ月(60日)を超える残り日数がある場合は、審査に良くない影響を及ぼす可能性があります。

債券の額

債権の額が小さい場合はファクタリング会社にとっての儲けとなる手数料も小さくなり、債券の額が大きくなると代金の回収が不可能となった場合にファクタリング会社が大きな被害を受けることになります。回収リスクによっても違いますが、債権の額が極端に小さかったり大きかった場合には、わずかながらかも知れませんが審査にも影響を及ぼす可能性があるのです。そうならない様にするためには、債権の買取可能な額を確認しておくことが有効です。

申込み企業の経営状況

ファクタリングは赤字経営など、芳しくない経営状況の企業も利用可能な資金調達法であると言われます。しかし審査で重要視されないのであって、全く見られないわけではありません。例えば2社間ファクタリングを希望した企業が税金の滞納などによって資産の差し押さえが考えられる状況だった場合、債権も差し押さえられてしまう危険性もゼロではなくなります。この様に状況次第では、審査に響く可能性も全くないわけではないのです。

審査通過への近道

ファクタリングの審査での重要ポイントを知ることができれば、どのような売掛先のどのような債権を選べば良いかが見えてくるのではないでしょうか?またできる限りの準備や心構えをすることでも審査通過は近づきます。

信用力の高い売掛先の債券を選ぶ

安定した経営を行っており、過去に金融事故などを起こしていない売掛先の債権を選ぶ事で、審査に通過できる確率は高くなります。また過去に数カ月程度は継続的な債権の取引を行っていると安心感は高くなり、取引先が公的な機関などでない限りは新規の売掛先は選ばないほうが無難です。

回収リスクの低い債券を選ぶ

債券の支払期日までの残り日数は60日以内、額はファクタリング会社の買取可能額の範囲内に納めておけば審査への悪い影響を避けることができます。申し込み先にもよりますが、少額の債券の場合には複数の債券を合算する形で買取りを希望することで、ファクタリング会社に歓迎されやすい条件に近づけることも可能です。

書類提出を不備無くスムーズに

書類提出を不備無く必要なタイミングに間に合わせるように提出することで、資金調達にかかる時間を最小限にできるようになります。しかし、それだけではなく書類提出をスムーズに行うことができれば、ファクタリング会社からの信用も高まります。審査通過が微妙なラインとなった場合には、この「信用」が通過・不通過を分けることになるかも知れません。

面談での対応は常識的に

ファクタリングの審査を人が行う以上は、「印象」は思った以上に重要なポイントになり得ます。面談での対応が横柄であったりした場合は、審査に悪影響を及ぼさないとは言い切れないのです。もちろん下手に出るような対応をする必要はありませんが、社会人として常識的な対応を心がけることは大切です。

ファクタリング会社によって審査基準は異なる

審査で重要視されることの多いポイントをご紹介しましたが、どの点をより重視するかはファクタリング会社ごとに違います。ですから、あるファクタリング会社の審査に落ちてしまったからと言って、他のファクタリング会社に申し込んでも無駄ということにはならないのです。落ちてしまった原因を考慮して、できる限りの対策をして申し込むことは大切ですが、一度審査落ちをしたからと諦める必要は全くありません。

株式会社イディアルは審査通過率93%以上

イディアルは2006年に設立された、業界内では長い運営歴を誇るファクタリング会社です。その運営歴の中で積み重ねてきたノウハウを活かした柔軟な審査により、申込みをされた企業の審査通過率は93%以上を誇ります。ただ審査通過できるだけでなく、納得できる条件を提示しているからこそ、設立されてから15年を超えた今も多くの企業の資金調達に利用していただけているのです。

申込み先選びと準備次第で診査通過率は大幅にアップします

ファクタリングによる資金調達を成功させるポイントは、自社の求める条件を実現してくれるファクタリング会社を見つけることと、売却を希望する債権の選択などを含めた事前準備です。それらを行うことができれば、ファクタリングの審査に通過できる確率は大幅に高まり、資金調達を成功させる可能性が大きくアップします。

お気軽にお問い合せください
CONTACT