ファクタリング会社選びのポイント!比較検討して納得できる資金調達を!

プライバシーポリシー

03-5953-5814
無料ご相談はこちら
03-5953-5814無料ご相談はこちら

ファクタリングコラム

ファクタリング会社選びのポイント!比較検討して納得できる資金調達を!

ファクタリング

2021年4月12日

ファクタリングによる資金調達を成功させるためには、納得できる手数料での買取が可能なだけでなく、安全に利用できるファクタリング会社を見つけることが重要となります。またより良い場所見つけるには、複数のファクタリング会社を「比較検討」することが効果的です。この記事では、売掛債権買取業務を行っている会社を比較検討する際のポイントなどをご紹介します。

ファクタリング会社の比較検討は重要

比較検討を行わず良さそうに感じたファクタリング会社に申し込めばそれで良いと、多くの経営者様は思われるかも知れません。しかし一見同じ様な条件に見えたとしても、審査を受け契約段階まで進んだ頃には、手数料を含めた様々なポイントで差が発生するのも珍しいことではないのです。比較検討するには多少の手間が発生してしまうのは事実ですが、最終的には納得できる資金調達への近道となることも少くはありません。

契約条件は各社同じではない

ファクタリング会社のホームページ上に書かれている内容だけを見た場合、各社似通った条件に見えてしまうのは珍しいことではありません。ですがファクタリングで設定されることになる手数料は審査結果や契約方法次第で大きく変動し、審査基準そのものも各社バラツキがあります。また手数料以外の費用についてホームページに記載していないファクタリング会社も多く、サイト上でパッと目につく情報だけで選ぶのは良い方法とは言えません。

悪質なファクタリング会社が見抜ける

複数のファクタリング会社に申込み審査を受けてみると、悪質なファクタリング会社かどうかが見抜きやすくなります。他社では不要な費用な計上されていたり、ファクタリングという資金調達方法では原則不要であるはずの担保や保証人を求めてくる場所があったりすれば違和感を感じるはずです。複数のファクタリング会社を比較検討するのには、トラブルを避けるという効果も期待できるのです。

手数料などに恩恵が受けられる可能性も

あまり大きな期待をするべきではないのですが、複数の場所で審査を受けることで「相見積もり」を取ったのと同じ状況になります。面談時などに幾つかの場所に申し込んでいることをそれとなく伝えることができれば、設定される手数料などに恩恵が受けられる可能性があります。ただし手数料の引き下げを狙ってしつこく交渉したりするのは、印象を悪くする可能性があることも理解しておきましょう。

ファクタリング会社を比較検討するポイント

売掛債権の売却先を探す際に、もっとも気になるのは「手数料」ではないでしょうか?手数料が高くなってしまうと資金調達への影響は避けられませんので当然のこととも言えますが、そこだけに目を向けてしまうのはおすすめできません。これからご紹介するポイントも併せて比較することで、頼りになるファクタリング会社が見つかりやすくなるはずです。

手続きの利便性の高さ

ファクタリングを活用して資金調達を成功させるには、申込みから書類提出、そして審査を受けて契約に進むという流れにそって手続きを行う必要があります。現在では多くのファクタリング会社がWEB上からの申込みには対応していますが、書類提出がWEB上で行えるのかなど利便性には差があります。面談不要であったりZOOMなどのオンラインで面談が行なえ、契約手続きもオンラインで可能な場所であれば全国どこからでも利用可能となります。債権を現金化するまでの必要時間にも影響しますので、手続きの利便性もチェックしておく必要があります。

買取可能な債権の額

売掛債権の額面以上の資金調達を行うことはできませんが、買取可能な額も各社で違いがあります。数万円程度などの少額債券の買取りを得意としている場所や、億単位の債券の買取に対応可能なファクタリング会社も存在します。売却を考えている債券が買取可能な額なのかは、問い合わせを行えば簡単に知ることができます。

手数料以外の費用の有無

売掛債権の売却を行うには、ファクタリング会社に対して支払う手数料が必要となります。しかしこれは手数料以外のお金がかからないというわけでは無いのです。債権の譲渡登記を行うための費用などが必要になることもあれば、手数料以外の費用を一切必要としないというファクタリング会社も存在します。手数料とその他の諸費用を併せて、納得できる資金調達が行えるのかを確認することが大切です。

契約内容の安全性

ファクタリングは保証人も不動産などの担保も必要とせずに契約が行えるのが特徴です。さらに債権売却後は売掛先が倒産するなどしても代わりに支払いを求められることのない、「ノンリコース(償還請求権なし)」となっているのも原則です。これらの条件がしっかりと守られているのはもちろんですが、債権譲渡登記などもファクタリング会社によっては2社間での契約でも不要であったり留保できることもあります。契約内容の違いも見比べることで、自社に合った場所が見つかりやすくなります。

企業としての安心感・信用度

売掛債権を売却する側としては、ファクタリング会社としての十分な買取実績や運営実績のある安心感の高い場所を利用したくなるはずです。もちろん運営歴の浅い場所が危険というわけではないのですが、長く続いている場所はやはり利用者からの信用度が高いのは確かです。失敗しない資金調達のためには、安全で頼りになる場所を利用することが重要です。

担当者の対応

ファクタリングは同じ会社を継続して利用することで手数料の引き下げが期待できます。つまりは長く付き合うことにもメリットがあるのですが、担当者の対応が悪いとなると利用しやすいとは言えません。大人の付き合いとして上手く交わしていくことも大切ですが、人間的に信用できないとなると条件面でも納得しずらくなるかも知れません。会社全体の空気感も含めて、人として信頼できる担当者のいるファクタリング会社を選びましょう。

手数料の額は審査後に判断

売掛債権を売却する際にもっとも重要かも知れない手数料ですが、実際に設定される額が判明するのは審査後ということになります。ですからここまでご紹介した比較検討すべきポイントの中でも、最期にわかるかも知れない要素なのです。納得できない手数料だからとそこから他社に申し込んでいては資金調達が遅れてしまうことになります。そうならないためには複数のファクタリング会社に申し込んで、同時進行に近い形で手続きを進めるのが効果的です。

契約時に不安を感じたのなら手続き中止も検討すべき

審査が終わり契約条件が出揃ったとしても、気を抜いてしまうのは危険かも知れません。最終的に契約を終えるまでは細心の注意を払い手続きを進めましょう。最後の最後に大きな失敗をしないためにも、これからご紹介する「契約時の注意点」を確認しながら契約を行ってください。

買取条件は契約書に正しく記載されているか?

契約書には見るのが疲れるほどの多くの文字が書かれているかも知れませんが、流し読みではなくしっかりと確認する必要があります。特に契約条件は確認しておかないと、そこまで聞いていた話を違うことが書かれていても後から変更することが難しくなってしまいます。悪意は無くとも記載ミスが起きてしまう可能性はゼロではありません。後々のトラブルを避けるためには、何度も利用しているファクタリング会社だとしても細心の注意を払い契約を行うべきです。

契約書の控えを受け取ることができるか?

契約書上では正しい条件が記載されていても、手元に書類が受け取れなくては証明することはできません。契約書の控えを確実に受け取り保管しておくことを忘れないでください。もし控えが渡せないということであれば、何かしらの後ろめたいことがあるかもと疑うべきかも知れません。

イディアルなら満足感の高いファクタリングが行なえます

株式会社イディアルは手続きの利便性も高く、運営実績も十分にある安心して利用していただけるファクタリング会社です。これから売掛債権の売却先をお探しであれば、比較検討するファクタリング会社の1つとして含めていただければ幸いです。

手数料は業界最低水準・その他の費用は不要

業界最低水準の手数料「2%から」となっているイディアルでは低い手数料での売掛債権の売却を実現していただけます。さらに「その他の費用は一切不要」ですので、手数料は低いが様々な費用を徴収された結果、結局期待したほどの資金調達が行えなかったということになることもありません。

オンライン契約可能・即日現金化可能

即日の債権買取に対応できるだけでなく、「オンライン契約可能」であることで全国どこからでも利用していただくことができます。申込みだけでなく書類提出などもWEBを活用して行うことができますので、少ない手間で素早い資金調達が期待できます。

2006年設立・診査通過率93%以上

株式会社イディアルの設立は2006年の3月であり、すでに15年を超える運営実績を積み重ねています。ここ数年で利用者が大きく増加しファクタリング会社そのものの数も増えていますが、実績が多いとは言えない場所も少くはありません。ですがイディアルは豊富な実績とノウハウで柔軟な審査を実現し、数多くの企業様の資金調達のサポートしていながらも審査通過率93%以上を誇ります。

比較検討して納得した上での契約を!

ファクタリングは最短即日など素早い資金調達ができることが大きなメリットです。ならば比較検討する時間はそのメリットを失うことになるかも知れないとも考えられます。しかし実際は、比較検討したとしても数日間で資金調達ができる可能性が高く、一度理想的な場所を見つけることができれば次からは検討する必要もなくなります。安全で好条件なファクタリングを行うためにも、ファクタリング会社の比較検討は必要で効果的なことなのです。

お気軽にお問い合せください
CONTACT