ファクタリング利用をおすすめするビジネスシーンとは?

プライバシーポリシー

tel

0120-471-023

受付時間 9:00~19:00(土日祝除く)

無料ご相談はこちら
03-5953-5814無料ご相談はこちら

ファクタリングコラム

ファクタリング利用をおすすめするビジネスシーンとは?

ファクタリング

2021年10月7日

ファクタリング利用をおすすめするビジネスシーン

では、早速ファクタリング利用をおすすめするビジネスシーンを紹介します。

売掛債権が多い

一般的に、卸売業、サービス業、建設業、製造業は売掛債権が多い産業セクターとされています。売掛金による取引が常態化している業界は、バランスシートにおける売掛金の額が相対的に大きくなる傾向にあります。モノやサービスを販売しても実際にお金が入金されるまでタイムラグがあり、一方で人件費や家賃などの費用は先行して支出しなければなりません。そのため、資金繰りを回すために運転資金を調達する必要が生じるわけですが、金融機関からの借入が難しいといった場合、ファクタリングの利用がおすすめです。

また、売掛債権の入金サイトが長いケースもファクタリングの利用が有効です。建設業や運送業などの場合、受注から入金まで、長いケースでは数カ月から半年程度かかる場合もあります。実際に建設業と運送業は、ファクタリングの利用が盛んな業界セクターとなっています。

個人事業主で資金調達をしたい

個人事業主で資金調達をしたいといった場合もファクタリングの利用がおすすめです。最近、いわゆる働き方改革の影響などもあり、フリーランスとして働く人が増加しています。一匹狼として仕事を受けるフリーランサーもいれば、外注や下請けなどを使って複数の仕事をこなすフリーランサーもいます。後者のタイプの場合、外注費や人件費を先行して支払う必要が往々にして生じます。

その場合、資金調達をする必要が生じるわけですが、金融機関からの借入が難しいといった場合、ファクタリングの利用がおすすめです。個人事業主の場合、特に初回の取引の場合、カードローンなどを除いて金融機関から融資を受けることは簡単ではありません。また、仮に融資を受けることが出来たとしても、審査や手続きに相当の時間がかかるケースが多いです。一方、ファクタリングであればスピーディーに簡単に資金調達が可能です。

最近は、個人事業主の売掛債権を専門に買取るファクタリング会社なども誕生してきています。個人事業主で資金調達の必要が生じたら、かつ金融機関からの借入が難しい場合は、ファクタリングの利用を検討して下さい。

営業収支が赤字

一般的に営業収支が三期連続で赤字の会社は、バランスシートの内容が極めて良好な場合を除いて、金融機関から融資を受けるのは難しいとされています。営業収支が赤字と言う状態は、金融機関から「本業で儲けが出せていない」と見なされ、貸したお金を回収できないリスクが高いと判断されるからです。また、「本業で儲けが出せていない」状態とは、とどのつまり事業の存続そのものが難しいと見なされてしまうのです。

一方、ファクタリングであればそうした会社でも利用可能です。ファクタリングは融資ではなく、あくまでも売掛債権の買取りなので、会社の経営状態に関係なく現金化できるのです。

バランスシートが債務超過

バランスシートが債務超過の会社も金融機関から融資を受けるのは難しいとされています。バランスシートが債務超過とは、会社が抱えている負債の総額が資産の総額を超えている状態のことです。つまり、会社が持っている資産をすべて売り払っても負債を返済することが出来ない状態のことです。バランスシートが債務超過の会社は、そもそも返済する財源がないと見なされるため、金融機関から融資を受けるのは難しいのです。

一方、ファクタリングであればそうした会社でも利用可能です。ファクタリングは融資ではなく、あくまでも売掛債権の買取りなので、バランスシートの内容に関係なく現金化できるのです。

銀行借入をリスケジュールしている

銀行借入をリスケジュールしている会社も金融機関から融資を受けるのは難しいとされています。銀行借入のリスケジュールとは「借入金の返済条件変更」のことで、業績や資金繰りの悪化などにより銀行からの借入金の返済が困難になった場合に、返済方法を変更してもらうことを言います。例えば、1000万円の借入に対して毎月元金12万円と利息2万円返済していたところを、毎月元金1万円と利息2万円の返済に変更してもらうのです。長引く低経済成長時代と新型コロナウィルスのパンデミックの影響などもあり、銀行借入をリスケジュールする会社が増えてきています。

銀行借入をリスケジュールすると毎月の返済額が減るため、資金繰り的には楽になります。しかし、銀行借入をリスケジュールしてしまうと、少なくともリスケジュールの期間中は、銀行から借入をすることは原則できなくなります(制度融資など一部の例外はあります)。つまり、リスケジュール期間中、新たな資金調達手段がなくなってしまうのです。

一方、ファクタリングであればリスケジュール期間中でも利用可能です。実際に、筆者が関与している多くの中小企業もリスケジュールをしていますが、資金が必要になった際にファクタリングを利用して資金調達をしています。

信用情報に事故情報がある

金融機関から融資を受ける際、金融機関に最も慎重にチェックされるもののひとつが信用情報です。信用情報機関株式会社シー・アイ・シーによると、信用情報とは「クレジットカードや割賦販売、各種ローン等の契約について、契約内容や支払い状況等の客観的な取引事実を登録した個人の情報」のことです。具体的には、クレジットやローンなどの申込情報、クレジットやローンの契約内容や支払状況や残高、金融機関などによる信用情報の照会記録、そして事故情報です。

事故情報とは、クレジットやローンの利用者が何らかの「事故」を起こした事実を載せた情報のことです。一般に「ブラックリスト」と呼ばれていますが、株式会社シー・アイ・シーの場合、「返済日より61日以上または3ヶ月以上の延滞・遅延」「保証履行」「支払条件変更」「破産開始決定」などの事実が記載されます。

当然ながら、事故情報に事故の事実が記載されると、通常は5年から10年程度、金融機関からの借入やクレジットカードの利用ができなくなります。しかし、ファクタリングであれば事故情報記載期間中でも利用可能です。実際に、ブラックリスト入りした多くの人がファクタリングで資金調達をしています。

税金を滞納している

一般的に国税などの税金を滞納していると、金融機関からの借入は、特に日本政策金融公庫などの公的金融機関からの借入は、極めて困難になります(なお、可能性が完全にゼロになるわけではありませんが、極めて難しいのが実情です)。一般的な金融機関は、税金を滞納している会社や個人には返済財源がないと判断します。また、新型コロナウィルス対策関連融資などの公的制度融資は税金を財源としている関係上、税金を滞納している会社や個人に対しては、道義上融資出来ないと判断します。

しかし、ファクタリングであれば税金滞納中でも利用可能です。実際に、税金を滞納している多くの人がファクタリングで資金調達をしています。

ファクタリングを利用する際のポイント

では、実際にファクタリングを利用する際のポイントは何でしょうか。以下に挙げます。

手数料を含めた費用の総額をチェックする

ファクタリングを利用する際は、当然ながら手数料が必要です。また、少なくない数のファクタリング会社が審査料、初期費用、事務手数料、月額費用、契約更新手数料、解約費用などの手数料以外の名目で費用を要求します。ファクタリングを利用する際には、手数料を含めた費用の総額を把握し、比較することが重要です。

また、ファクタリング会社によっては内容証明・書留郵便代、銀行振込手数料、弁護士費用などを請求するところもあり、注意が必要です。

償還請求権がないかチェックする

また、ファクタリングを利用する際にファクタリング契約に償還請求権がないかチェックすることも重要です。

償還請求権とは、売掛債権がデフォルト(債務不履行)した場合、ファクタリング会社が売掛債権を売った会社へ売掛債権の買戻しを求める権利です。ファクタリング契約に償還請求権を認める条項があると、売掛債権がデフォルトした場合、会社はファクタリング会社から売掛債権を買戻す必要が生じます。よって、償還請求権を設定しないファクタリング会社とファクタリング契約を締結するのがポイントになります。

担保や保証人が必要ないかチェックする

ファクタリングは融資ではないので、担保や保証人は原則必要ありません。しかし、ファクタリング会社の中には担保や保証人を求めるところもあります。ファクタリングを利用する際は、ファクタリング会社が担保や保証人を求めないことを確認する必要があります。

2社間ファクタリングを行っているかチェックする

ファクタリングには「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」の二つがありますが、急いで資金を調達したいといった場合、「2社間ファクタリング」を行った方がスピーディーに資金を調達できる可能性があります。特に急いでファクタリングを行いたいといった場合は、ファクタリング業者が「2社間ファクタリング」に対応しているかチェックする必要があります。

申込から実行までにかかる時間をチェックする

また、ファクタリングの申込から実行までにかかる時間をチェックすることも重要なポイントです。ファクタリングの申込から実行までにかかる時間は、ファクタリング会社によってまちまちです。オンラインで申込ができ、最速翌日お金を振り込んでくれるファクタリング会社もあれば、申込から実行まで数週間程度かかるファクタリング会社もあります。

ファクタリングのメリットのひとつはスピードです。ファクタリング会社によっては、審査などに時間をかけすぎてそのメリットを台無しにしてしまっているところもあるので注意が必要です。

ファクタリングは株式会社イディアルで

なお、世に数あるファクタリング会社の中でも、筆者は特に株式会社イディアルをおすすめしています。以下にその理由を挙げます。

手数料以外に費用がかからない

株式会社イディアルをおすすめする最大の理由は、手数料以外に費用がかからない点です。多くのファクタリング会社は、上述したように手数料に加えて、審査料、初期費用、事務手数料などの手数料以外の名目で費用を請求してきます。株式会社イディアルであれば「その他の費用」がまったくかからないので、安心して利用することができます。

審査と振込のスピードが速い

審査のスピードが速いのも株式会社イディアルをおすすめする理由です。これも上述しましたが、ファクタリング会社によっては申込から審査結果まで数日から数週間程度かかるところもあります。株式会社イディアルであればオンラインで申し込みができ、即審査可能です。また、振込も業界最速水準の速さで、最速で翌日にお金を振り込んでもられます(2社間ファクタリング利用の場合)。

審査が柔軟

審査が柔軟なのも株式会社イディアルをおすすめする理由です。株式会社イディアルであれば実際に赤字企業や税金滞納企業でも申込可能です。また、専門の部署を用意するなど自営業者やフリーランスの申込にも対応しています。なお、株式会社イディアルの2021年4月集計時の審査通過率は75%に達しています。

まとめ

以上、ファクタリング利用をおすすめするビジネスシーンと、実際に利用する際のポイントなどについて解説しました。ファクタリングは、2000年以上の歴史を持つ古くて新しいファイナンススキームです。売掛債権をファクタリング会社へ売却して現金化するという、シンプルでリスクがほとんどないスキームでもあります。特に本記事で紹介したビジネスシーンにおいてそのプレゼンスを発揮します。ファクタリングをまだ利用したことがない会社・個人事業主には、資金調達手段のひとつとしてファクタリングの検討をおすすめします。

お気軽にお問い合せください
CONTACT