03-5953-5814無料ご相談はこちら
03-5953-5814無料ご相談はこちら

ファクタリングコラム

ファクタリング審査に必要な書類

コラム

2020年9月13日

ファクタリング審査に必要な書類

ファクタリング審査に必要な書類について解説します。

審査に必要な書類はファクタリング会社ごとに異なります。

下記が一般的に必要な書類です。

 

登記簿謄本(法人)

法人の身分証明書ともいわれている登記簿謄本が必要な場合があります。発行日から3か月以内などの指定がある場合が多いのでファクタリング会社に確認してください。

 

身分証明書(個人事業主)

個人事業主様の身分を証明する書類になります。

運転免許証や保険証、パスポートなどありますが、顔写真付きの身分証明書がファクタリング会社からの印象が良いです。

 

通帳

過去の取引を証明・確認するために必要です。

最低過去3か月分あるといいでしょう。

通帳は、ファクタリング審査において有力な判断材料になります。

 

決算書(法人)

お客様の財務状況を把握するため、決算書の提出が必要な場合があります。何期分が必要かファクタリング会社に確認してください。

 

確定申告書(個人事業主)

最低過去3期分あると良いでしょう。

個人事業主様の業務確認のために税務署の申告印のある確定申告書が必要です。

もしも、確定申告書がない場合はファクタリング会社にご相談ください。

 

売掛債権を証明する資料

架空債権を買取ってしまわないために、ファクタリング会社は売掛債権を証明する資料を吟味して判断します。

そのため、売掛債権を証明する資料はとても重要です。

売掛債権を証明する資料は、請求書、契約書、検収書、発注書などがあります。

全て揃っていると、ファクタリング会社からの印象が良いです。

事業を証明する資料

お客様がどのような事業を行っているか証明する資料になります。

ホームページや名刺、パンフレットなどです。

 

税金、保険関連の資料

納税証明書や保険料の支払証明書になります。

売掛債権は差押え対象になるので、もしも税金や保険料の滞納で差押えになってしまった場合、ファクタリング会社は売掛債権の回収ができません。

そのため、税金や保険料の支払証明書が必要になります。

もし税金や保険料の滞納があったとしてもファクタリング利用が不可能なわけではないのでファクタリング会社にご相談ください。

お気軽にお問い合せください
CONTACT

to top