フリーランス様向け即日ファクタリングを解説

プライバシーポリシー

03-5953-5814
無料ご相談はこちら
03-5953-5814無料ご相談はこちら

ファクタリングコラム

フリーランス様向け即日ファクタリングを解説

ファクタリング

2021年8月31日

請求書の支払期日までの資金のやり繰りは、フリーランス様にとっての大きな悩みの種にもなり得ます。しかし請求書を自分の希望するタイミングで現金化することができれば、その悩みは解決できる可能性が高いはずです。即日ファクタリングは売掛債権を決済期日前に売却できるサービスであり、最短即日での現金化も可能となることから、タイムリーな資金調達方法を求めるフリーランス様に最適な選択肢かも知れません。

即日ファクタリングは請求書を即日現金化可能!

決済日が訪れる前の売掛債権を専門の買取業者に対して売却し現金化する、事業者向けの資金調達方法を「ファクタリング」と呼びます。現金化には手数料が必要とはなりますが、フリーランス様の資金繰りを悩ませる大きな要因である支払サイトの問題を解消することができるのが、この資金調達方法を利用する最大のメリットとなります。さらに現金化にかかる時間が短く、条件が揃えば即日での請求書(売掛金)の現金化も難しくはありません。

即日ファクタリングのメリット(フリーランス編)

ファクタリングには決済日前に即日など短期間での債権現金化が行えるということ以外にも、利用して得られる幾つものメリットがあります。この資金調達方法を最大限に活用するためにも、そのメリットを理解し、ふさわしいシチュエーションで利用することが大切です。

フリーランスも審査通過しやすい

融資と同様にファクタリングも審査が行われ、通過しなくては資金調達を行うことはできません。しかしその審査基準には大きな違いがあり、フリーランス様にとって利用しやすいのは断然ファクタリングです。なぜなら売掛債権を売却する際の審査で調査されるのは、「決済日に支払いが実行される確率」だからです。審査には債権を売却したいと考えているフリーランス様の経営状況や負債額などは大きく影響せず、売掛先の信用情報や支払い実績が大きく影響します。つまり売掛先の信用力が高ければ、高確率で審査通過ができるのです。

保険料・税金の滞納などがあっても利用可能

経営が順調であっても、税金の滞納などがあれば融資の審査に通過するのは難しくなります。これは税金を滞納する企業は、返済を無事に行ってくれるという信用が得にくくなるのが理由です。しかしファクタリングの場合は、保険料や税金の滞納をしている企業であっても審査への影響は大きくありません。ただし債権の支払いを行うことになる売掛先が、税金滞納などをしている場合は、審査への影響も考えられます。

繰り返しの利用に向いている

契約期間が存在するファクタリングもあるものの、多くは単発での売買契約であり売掛金の売却を繰り返したとしても何ら問題はありません。また同じファクタリング会社の利用回数が増えると審査の時間短縮・審査通過率アップという効果だけでなく、手数料の引き下げも期待できるようになります。信頼できるファクタリング会社を見つけ、繰り返し利用するメリットは、かなり大きいのです。

返済に追われる心配がない

ファクタリングの利用には手数料が必要となりますが、この手数料の分割払いは原則できません。これもファクタリングが融資ではなく売掛債権の売買契約であるからであり、分割払いになる可能性がないことで、融資の際に起こる可能性のある「返済に追われる」というような状況を心配する必要がなくなります。元々、ファクタリングは融資ではありませんので「返済」という言葉は正しくはないのですが、手数料を一度支払うだけで済むので後々のトラブルを減らすことができます。

売掛債権の貸倒れのリスク回避

掛取引では売掛先の倒産による貸倒れのリスクは常々頭に入れておく必要があります。特に受取手形とは違い法的な強制力の弱い売掛金の場合は、決済に関するトラブルが発生する可能性をより考慮し、余裕を持った経営を行うことが求められます。しかし資金的に余裕を持った経営はフリーランス様を含め、規模の小さな企業には容易ではありません。ただし、原則「償還請求権なし」で契約できるファクタリングを利用すれば「貸倒れのリスク回避」が行え、もし売掛先が倒産しても支払いを求められる心配もなくなり経営上の安心感は高まります。

売掛先への通知なしでの利用が可能

ファクタリングでは売掛先に対して、債権売却の通知を行うかどうかの選択が可能です。通知を行なうことで手数料が低くなりやすいなどの恩恵もあるのですが、売掛先に債権売却を知られることで悪影響がないかを考慮する必要があります。ファクタリングは国も事業者向けの資金調達方法として認めており利用に問題はないものの、売掛先がファクタリングの利用に対してあまり理解がない・リスクを背負いたくないという場合には、売掛先に通知をしない「2社間ファクタリング」の選択をおすすめします。

フリーランスがファクタリングを活用すべきシチュエーション

定期的にファクタリングを利用される企業様も多くいらっしゃいますが、ファクタリングは他の資金調達方法では乗り越えるのが難しい資金繰りのピンチを乗り切るためにも役立ちます。ここからはファクタリングを是非利用していただきたい、4つのシチュエーションをご紹介します。

①トラブルによる機器の買い替時

フリーランス様の中には、専門的な機器を活用し活躍されている方も少なくはないはずです。もし仕事道具にトラブルが発生してしまうと、業務を進めることができずオファーをしてくれた企業に対して迷惑をかけることになってしまうかも知れません。そうなる前に早急に機器の修理や買い替えを行なうべきですが、その費用を準備するためにもファクタリングは便利です。高額な修理費が必要な場合も相応の売掛金をお持ちであれば調達可能であり、審査通過も比較的容易ですので、ピンチを乗り越えるのは難しくはありません。

②急な出張の際の費用の捻出

急なオファーにも迅速に対応できれば、企業からの評価も高まりより一層頼りにされるようになるはずです。しかし離れた地域への急な出張ともなれば、宿泊費などの費用を用意しなくてはなりません。もちろんカード払いで凌ぐこともできますが、ある程度の現金がある方が安心できるのは確かです。そんな時にも売掛債権の即日現金化が期待できるファクタリングが頼りになります。1時間を切る早さでの資金調達や、10万円程度の少額債権の買取が可能な場所もあり、様々な条件に対応可能です。

③売掛先の支払いが遅れそうな時

売掛債権の決済日を基準に資金繰りを考えることが多いはずですが、時には決済日を過ぎても支払いが実行されないことがあるかも知れません。ファクタリングで売却できる売掛債権は原則「決済日前の債権」であり、支払いが遅延した債権の買取は不可能である確率が高いのですが、他に債権があれば問題なく利用可能です。また遅延が起きる前に債権の売却ができていれば、支払い遅延のリスク回避もできることになります。

④融資の返済に必要な現金が不足している

多くの企業が資金調達に融資を利用しており、銀行融資やビジネスローンを利用されているフリーランス様も少なくはないはずです。この支払いがもしも遅れてしまうと、場合によっては信用情報に傷がつくということになり、その後の融資が受けにくくなるなどの悪影響が考えられます。そうなる前にファクタリングを利用すれば、返済に必要な資金の準備ができます。またファクタリングには貸借対照表のスリム化という効果も期待できますので、財務状況の改善にも役立ちます。

即日ファクタリングで得た現金の資金用途は問われない

銀行や政策金融機関から融資を受ける際には「資金用途」が問われることがあります。その際には適した使われ方かどうかの確認が行われるだけでなく、融資希望額が妥当であるかも問われます。書面上で用途や額の説明が求められる可能性も高く、書類作成に奪われる時間と労力も決して小さくはありません。しかしファクタリングは売掛金の買取サービスですので、利用する企業が売却した代金を何に使うかを詮索されたり、用途が審査に影響したりすることもなく、フリーランス様の判断で使いみちを決めることができます。

フリーランスが即日ファクタリングを利用する際の確認ポイント

特定の団体や企業に所属するのではなく、独立しオファーを受け業務を遂行するのが「フリーランス」と呼ばれる働き方です。個人事業主と同じ意味合いで利用されることもあるものの、実際には法人化をしていているフリーランス様も存在することから2つの呼び名が同じ意味であるとは言い切れません。そして即日ファクタリングを利用するには「法人化しているかどうか?」が影響することがあり、法人化していないフリーランス様(=個人事業主)の場合は、少しだけ注意が必要となります。

利用対象となっているかを確認

銀行やノンバンクが関係するファクタリング会社の多くでは、利用対象を「法人のみ」としていることがあります。貸金業を行わない「独立系」と言われるファクタリング会社であれば、法人化していないフリーランス様が利用できる可能性は高いのですが、手続きを開始する前に利用対象に含まれているかを確認しておくと安心です。

2社間契約希望時は債権譲渡登記の必要性を確認

売掛先に通知を行わない2社間ファクタリングの利用には、「債権譲渡登記」が必要となることがあります。しかし残念ながら法人化していないと、この登記を行なうことはできません。債権譲渡登記は決して必須ということではなく2社間での契約時に登記の留保が可能な場所も存在しますので、法人化されておらず2社間ファクタリングを希望される場合は、早めに債権譲渡登記の必要性を確認しておきましょう。

株式会社イディアルは「フリーランスの即日ファクタリング大歓迎」

株式会社イディアルの「即日ファクタリング」は、法人化されていないフリーランス様にも特化したサービスを提供しています。また法人化を行っている企業様向けの「法人向けファクタリング」や資金調達をお急ぎの場合に役立つ「スピード特化ファクタリング」など、状況や目的に合わせて最適な選択肢をお選びいただくことができます。

イディアルのファクタリングを利用するメリット

・最速30分で振込のオンラインファクタリングに対応
・全国へ出張対応可能、東京に本社、大阪・札幌に支社あり
・「10%以下」の手数料で債権を高額買取
・買取実績5000件以上、運営実績15年以上(2006年設立)
・債権譲渡登記の留保可能

株式会社イディアルの即日ファクタリングは、全国への出張対応により最短即日での買取はもちろんのこと、WEB上の手続きだけで最速30分で債権の売却が完了できる「オンライン即日ファクタリング」もご利用していただけます。また手数料相場は「1%から30%」と呼ばれる中で、「10%以下」という低い手数料を実現し、高額買取も期待していただけます。売掛債権の売却先をお探しであれば、2006年設立による豊富な実績とノウハウを持つ、イディアルへご連絡ください。

「即日ファクタリング」はフリーランスの資金繰りを変える

ファクタリングによって「売掛債権を決済日前に即日現金化」できるようになれば、フリーランス様の資金繰りの自由度は大きく高まります。常時利用する必要はありませんので、「ピンチの時」に頼る資金調達先としても最適です。フリーランス様の資金繰りを大きく変えるかも知れない、「即日ファクタリング」の利用を検討してみてはいかがでしょうか?

お気軽にお問い合せください
CONTACT