個人事業主向けファクタリング事情2021!特徴・注意点・申込み先の選び方をご紹介

プライバシーポリシー

03-5953-5814
無料ご相談はこちら
03-5953-5814無料ご相談はこちら

ファクタリングコラム

個人事業主向けファクタリング事情2021!特徴・注意点・申込み先の選び方をご紹介

ファクタリング

2021年5月18日

ファクタリングは「中小企業の資金繰りに適した資金調達方法」であると言われますが、個人事業主様の資金繰りにも大きく役立ちます。しかも近年は利用者が大きく増加傾向にあることで、法人だけでなく個人事業主様にとっての利用しやすさも大幅に向上しているのです。コロナ禍が続く今こそ知っておくべき、「2021年の個人事業主向けファクタリング事情」を解説します。

個人事業主様にファクタリングをおすすめする5つの理由

2021年現在のファクタリングは、以前よりもさらに個人事業主様の資金繰りの強い味方になってくれます。しかしその理由を知らなければ安心して申し込みを行なうことはできません。まずは個人事業主様にファクタリングの利用をおすすめする根拠となる、「5つの理由」を解説します。

審査基準が個人事業主向けだから

・売掛先の経営状況や信用情報
・売掛先との取引実績
・債権の支払い期日までの残日数

ファクタリングの審査では上記したような点が重要視されることになります。逆に売掛金の売却を希望しファクタリングの申し込みを行った企業側の経営状況などはそれほど重要視されません。ですので赤字経営が続いていたとしても、税金などの滞納をしていても審査通過できる可能性があるのです。また以前は個人事業主様をあまり歓迎しない買取業者も少なくはなかったのですが、現在では個人事業主様歓迎の場所も増えており、審査も一層柔軟に行われるようになってきています。

素早くタイムリーな資金調達が可能になるから

ファクタリングを活用すれば素早い資金調達が可能となります。最短即日での買取に対応できる場所も増えており、申し込みから債券の現金化までに最速なら1時間を切るファクタリング会社も存在しています。またオンラインでの対応に優れた場所を選ぶことで、買取り手続きによる仕事への影響を最小限にすることもできます。早いだけでなく手間も少なくできるのは、個人事業主様に嬉しいポイントではないでしょうか?

担保や保証人が不要だから

融資に申し込む際には担保や保証人が必要になることも多く、これらを用意するのも大きな負担になるはずです。しかし融資ではないファクタリングならば原則的に担保も保証人も不要であり、負担を大きく減らすことができます。適当な担保や保証人が見つからないことで融資の利用をためらっていた経営者様も、ファクタリングなら大丈夫です。

売掛先の倒産リスクを回避できるから

ファクタリングは原則的に売掛債権の売買契約が成立した時点で、売掛先が倒産した際などにも債券に関する責任を問われなくなります。これを「償還請求権なし」や「ノンリコース」と呼びますが、売掛先の倒産リスクを回避するのに大きく役立ちます。しかし全てのファクタリングがノンリコースで契約できると決まっているわけではありませんので、契約条件の中で償還請求権がどう取り扱われているのかは必ず確認してください。

負債額が増えることがないから

負債の額が大きくなり過ぎてしまうと債務超過の恐れが発生します。またバランスシートの肥大化は会社評価を落とす原因ともなり、融資の審査などに悪影響を及ぼす可能性も否定できません。しかしファクタリングで資金調達を行っても負債額が増えることはありません。融資ではなく売却による資金調達であることから当然とも言えますが、上手く活用することでバランスシートのスリム化も期待できるのです。

個人事業主様がファクリングを利用する際の注意点

ファクタリングは中小企業や個人事業主様にとって、非常にメリットの大きい資金調達方法です。しかし注意点が全くないわけではなく、利用前に注意点に関しても知っておくことが大切です。

利用対象を法人に限定している場合がある

現在では多くのファクタリング会社は個人事業主様も利用可能ですが、一部のファクタリング会社では利用対象を法人に限定していることがあります。そのような場所に個人事業主様が申し込んでも時間を消費するだけになってしまいますので、申し込み対象の情報をチェックしたり、「個人事業主利用可能」などと書かれている場所を選ぶようにしてください。

2社間契約を断られしまう可能性がある

売掛先に債券の売却を通知せずに現金化を行なう「2社間ファクタリング」では、債権の二重譲渡などのトラブルを避ける目的で「債権譲渡登記」が必要になることがあります。しかし登記は法人にしか行えず、個人事業主様は行うことができません。2社間ファクタリングで債権譲渡登記は必須というわけではありませんが必要になることは少なくなく、その場合は3社間ファクタリングの利用を検討してみることをおすすめします。

経営状況が「審査に影響しない」わけではない

債券の売却を希望した企業の経営状況が審査に大きく影響しないこともファクタリングのメリットの1つですが、「全く影響しないわけではない」ということにはご注意ください。多少の赤字や税金の滞納ならば大丈夫であることが多いのですが、手続き中に資産が差し押さえられるほどに危険な経営状況だとすると審査に影響がないとは言い切れません。そうならないためには、経営状況が悪化し過ぎる前にファクタリングを資金繰りに活用することが有効です。

想定以上に手数料が高くなることがある

ファクタリングを利用するには、債券買取業務を行っている会社に対して手数料を支払わなくてはなりません。手数料は売掛先の信用力などから判断される回収リスクの影響を大きく受けるのですが、条件によっては想定以上に手数料が高く設定されてしまう可能性があります。手数料の相場は1%から30%と非常に広く、信用力の高い売掛先や支払期日が遠過ぎない債券を選ぶことで手数料は低くなりやすくなります。

個人事業主に最適なファクタリング会社とは?

個人事業主様におすすめしたいファクタリング会社とは、これからご紹介する条件を多く満たしている場所です。規模が大きな企業が利用する場合とはまた少し条件が異なり、最終的には何を重視するかを考え、求める条件に優先順位を付けてから申し込み先を探すことも大切です。

「個人事業利用可能」である

まず何より個人事業主様が利用可能である場所でなくては話になりません。特に記載がない場合は問い合わせを行う必要がありますが、個人事業主様の利用を歓迎している場所の多くでは、サイト上に「個人事業主対応」のような記載があるはずです。

安心安全な場所である

非常に残念なことですが、ファクタリングを使い慣れていない企業を騙し高額な手数料をだまし取ったり、保証人や償還請求権を必要とし融資と判断される条件で契約を迫ってくる悪質ファクタリング業者による被害が発生しています。きちんと実績のある信頼できる場所を利用すればその危険は避けられますが、サイト上の情報や問い合わせ時の対応などを参考にしながら安心安全な場所を見つけることが大切になります。

少額債権の買取にも対応できる

もし10万円程度のあまり大きくない債券を受け取る機会が多いのであれば、少額債券の買取に対応していることを明言しているファクタリング会社を選んでおくと安心です。買取可能な債券の額はファクタリング会社によって違いがありますが、手間の割に売上に繋がりにくい少額債券や回収リスクを慎重に判断する必要のある高額債券は、買取りをあまり歓迎されない可能性があります。繰り返し利用する考えがあるのであれば、買取対応可能な債券の額を確認しておきましょう。

利便性が高い

特に個人事業主様は「時間」を大切にされているのではないでしょうか?ファクタリングに限ったことではありませんが、手続きに時間がかかってしまっては業務が滞る原因になりかねません。ですから、なるべく手間を減らすことのできる利便性の高い場所を選ぶのは、個人事業主様にとって重要なポイントとなるはずです。来店せずに債権の売却ができるオンライン契約可能なファクタリング会社などは、業務の空き時間に手続きを進めることも可能となりますので個人事業主様向きと言えます。

即日買取に対応できる

手元の資金に余裕があれば急な出費の際にも対応は難しくありません。しかしそこまで余裕がないのであれば、「即日買取」ができるファクタリング会社は大きな助けになります。予想外のトラブルが起き現金が必要になった際にも手持ちの債権を売却して素早く資金調達が行えれば、スムーズに問題をクリアして業務への影響を最小限にすることができるはずです。

株式会社イディアルは「個人事業主様大歓迎」のファクタリング会社です

大小様々なファクタリング会社が存在していますが、株式会社イディアルでは個人事業主様やフリーランス様に特化したファクタリングサービスを提供しています。事業を開始して間もない個人事業主様も利用していただくことが可能であり、オンラインを活用して手続きを進めることで、申し込みから最短30分で現金振り込みによる資金調達を行っていただけます。丁寧な対応と柔軟な審査により、個人事業主様・フリーランス様の審査通過率87%以上というイディアルへ、まずは電話またはメールでご相談ください。

お気軽にお問い合せください
CONTACT