03-5953-5814無料ご相談はこちら
03-5953-5814無料ご相談はこちら

ファクタリングコラム

【2020年版】個人事業主様のファクタリング審査について

コラム

2020年8月17日

 

個人事業主の皆様、事業の経営状況はいかがでしょうか?

収まることを知らないコロナウイルスの第二波に打撃を受けてはいませんか?

ファクタリングで資金調達を考えている個人事業主様は多いと思いますが、個人事業主様はファクタリング審査に通りづらいのが現状です。

そんな個人事業主様のために、なぜファクタリング審査に通りづらいのか、どうすればファクタリング審査に通るのかを解説したいと思います。

是非最後までお読みいただき、ファクタリング審査のお役に立つことができれば幸いです。

 

個人事業主様はファクタリング審査に通りづらい?

先述した通り、個人事業主様はファクタリング審査に通りづらいです。

しかし『通りづらい』というだけで、法人様と変わらず信頼性の高い売掛債権があればもちろん個人事業主様でもファクタリングを利用できます。

なぜ個人事業主様はファクタリング審査に通りづらいのでしょうか?

その理由について解説します。

売掛債権の信頼性の問題

ひとつ目にあげられるのは、売掛債権の信頼性です。

ファクタリング取引では、売掛債権の信頼性が重要になってきます。

個人事業主様が保有する売掛債権は、売掛先が個人事業主だったり、法人でも規模が小さかったりすることが多かったりします。

そういった場合、売掛先企業の倒産のリスクや、貸し倒れのリスクがあるためファクタリング審査に通りづらくなってしまいます。

また、売掛先企業との取引歴が短い場合も多く、その場合売掛債権の信頼性が低くなってしまうためファクタリング審査に通りづらいです。

売掛債権回収の問題

先述した通り、個人事業主様の取引先が個人事業主だったり、企業の規模が小さかったりすると、売掛債権の回収が期日通りに行われないことがあります。

ファクタリング取引では、返済期日が決まっているので返済期日に返済しなければなりません。

個人事業主様の場合、売掛債権が期日通りに回収できるのか不透明な場合が多々あります。

そのため、ファクタリング会社への入金の遅れの可能性があるためファクタリング審査に通りづらいです。

ファクタリング会社の審査基準

個人事業主様とのファクタリング取引は信頼性の判断が重要になってきます。

ファクタリング会社がファクタリング審査の際に注視してみている点をまとめました。

架空債権の可能性

残念ながら、ファクタリングを利用して架空債権で資金を手に入れようとする方もいます。

ファクタリング会社では、提示された売掛債権が実在する売掛債権なのか、架空の売掛債権ではないか入念に調査しています。

そのため売掛債権の実在を証明することが重要になってきます。

差し押さえの可能性

ファクタリングの利用を考えている方の中には、税金や保険料などを滞納している方もいると思います。

売掛債権は差し押さえの対象となりますので、差し押さえられてしまった際ファクタリング会社は売掛債権を回収することができなくなってしまいます。

そのような売掛債権未回収のリスクを回避するため、税金や保険料などを滞納しているとファクタリング審査に通りにくくなります。

しかし、税金や保険料などを滞納していても、分納計画を立てていればファクタリング審査に通りやすくなります。

二重譲渡の可能性

二重譲渡とは、一つしかない売掛債権を複数のファクタリング会社に譲渡して金銭を得ることは、犯罪行為になります。

資金が欲しいがために、二重譲渡をする方もいます。

ファクタリング会社は、個人事業主様から提示された通帳などを見て二重譲渡ではないか慎重に見極めています。

売掛債権の種類

単発的な売掛債権と継続的な売掛債権があります。

単発的な売掛債権は、売掛債権回収の実績がないため、ファクタリング会社からの信頼度が低いです。

一方継続的な売掛債権は、文字通り継続的な取引の実績があるためファクタリング会社からの信頼度は高いです。

継続的な売掛債権がある場合、売掛債権回収が見込まれるため、ファクタリングの審査に通りやすくなります。

なおかつ、継続的な取引が長いほどファクタリング審査に通りやすくなります。

個人事業主様がファクタリング審査に通りやすくする方法

売掛先企業との関係性が重要

個人事業主様との取引先企業が個人事業主や規模の小さい企業だとしても、安定・継続して売掛債権が回収できていれば、ファクタリング審査の際に信頼性に繋がります。

取引先企業から、毎月決まった期日に決まった金額の入金がある、その事実が信頼に繋がり、ファクタリング審査の際にも『毎月の入金が安定している』と判断され審査に通りやすくなります。

そのためには、毎月の取引がわかる通帳をファクタリング会社に提示することが必要です。

売掛先企業の信頼性がある

売掛先企業が大手企業の場合は、売掛債権に信頼性があるため審査に通りやすくなります。

それは、大手企業の場合、倒産や入金期日の遅れのリスクが低いため、売掛債権回収の不能やファクタリング会社への入金の遅れのリスクも低くなるからです。

大手企業の売掛債権を保有の場合、その売掛債権をファクタリングすることで審査に通りやすくなります。

3社間ファクタリングを利用する

どうしても売掛債権の信頼性が得られない場合は3社間ファクタリングの利用が勧められます。

3社間ファクタリングでは、お客様、ファクタリング会社、取引先企業の3社で取引をするので、売掛債権の信頼性が低くても、ファクタリング審査に通りやすくなります。

直接売掛先企業とやり取りができるので、売掛債権

の回収不能リスクが低くなるからです。

 

ファクタリングの審査に必要な書類

身分証明書

個人事業主様の身分を証明する証明書です。

運転免許証やパスポートなどの顔写真付きの身分証明書がファクタリング会社からの印象も良く信頼度も高いです。

通帳

最低過去3か月分の履歴がわかる通帳が必要です。

過去の売掛先との取引を透明化することでファクタリング審査の判断材料になります。

毎月決まった期日に決まった金額が売掛先企業から入金されているか、お金の流れを見て不自然な流れがないかを確認します。

確定申告書

個人事業主様の業績確認のために税務署の申告印のある確定申告書が必要になります。

過去3期分あると良いです。

もしも、確定申告をしていない場合はファクタリング会社にご相談ください。

売掛債権を証明する資料

ファクタリング会社は架空債権を買取ってしまわないために、売掛債権を証明する資料を見て審査します。

売掛債権を証明する資料とは、請求書・契約書・検収書・発注書などです。

全て揃っていると、ファクタリング会社からの印象も良く、信頼度も高くなり審査に通りやすくなります。

事業を証明する資料

個人事業主様がどのような事業を行っているか証明する資料です。

ホームページや名刺、パンフレットなどがあると、ファクタリング会社からの印象が良くなります。

税金、保険関連の資料

納税証明書や保険料の支払い証明書です。

売掛債権は差し押さえ対象になるので、もしも、税金や保険料の滞納で差し押さえになってしまった場合、ファクタリング会社は売掛債権

の回収ができません。

そのため、税金や保険料の支払いが確認できる証明書があるとファクタリング会社からの信頼度が高くなります。

もし税金や保険料の滞納があった場合でもファクタリングの利用が不可能なわけではないので、税金や保険料の滞納がある場合はファクタリング会社にご相談ください。

個人事業主様とファクタリング審査まとめ

売掛債権の信頼性が重要

個人事業主様のファクタリング審査の場合、重要なのは売掛債権の信頼性です。

個人事業主や小規模企業の売掛債権以外に、大手企業の売掛債権を保有している場合は、大手企業の売掛債権を提示することでファクタリング審査に通りやすいです。

なぜなら大手企業は、倒産や売掛債権回収不能のリスクが低いからです。

売掛先企業との関係性が重要

取引先企業が個人事業主や小規模企業の場合でも、過去の入金記録、入金期日・入金金額が厳守されているとわかる通帳がある場合はファクタリング審査に通りやすくなります。

ファクタリング審査で重要視されるのは、期日までに売掛債権

が回収できるかどうかです。

取引先企業からの継続的かつ安定した入金があるという事実はファクタリング審査に大きく影響します。

売掛債権の信頼性がない場合は3社間ファクタリング

お持ちの売掛債権ではどうしてもファクタリング審査に通らない場合、3社間ファクタリングの利用がお勧めです。

売掛先企業が加わることにより、売掛債権の信頼度が増すからです。

3社間ファクタリングの場合手数料が抑えられるのも利点です。

継続的な売掛債権があると良い

売掛先企業との継続的取引があることがわかると今後の入金が見込めるので、売掛債権回収不能リスクが低くなりファクタリング審査に通りやすくなります。

ファクタリング取引では売掛債権を回収できるかが重要です。

必要書類を揃える

ファクタリング審査にはいくつかの書類が必要になります。

売掛債権を回収できるかの判断材料にするためで、必要書類を可能な限り多く、欠けることなく提示することでファクタリング会社からの信頼度が高くなり、ファクタリング審査に通りやすくなります。

多少面倒ではあると思いますが、必要書類を提示することはとても重要になります。

 

最後に

以上、個人事業主とファクタリング審査についてまとめさせていただきました。

個人事業主様は、法人様よりもファクタリング審査において不利な点もありますが、ファクタリング会社には、個人事業主様向けの会社もございますので、ぜひ事業主様に合うファクタリング会社を見つけていただければと思います。

イディアルでは、個人事業主様向けのファクタリングに特化しております。

弊社は、個人事業主様のお力になりたいと考えており親身に対応させていただきます。

査定も無料で行っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

 

お気軽にお問い合せください
CONTACT

to top