即日資金調達を目指すならおすすめは何?各資金調達方法の特徴も解説

プライバシーポリシー

03-5953-5814
無料ご相談はこちら
03-5953-5814無料ご相談はこちら

ファクタリングコラム

即日資金調達を目指すならおすすめは何?各資金調達方法の特徴も解説

ファクタリング

2021年7月17日

計画的な資金繰りは会社を経営する上で間違いなく重要なポイントであり、資金に余裕を持つことができれば思わぬ出費の際にもスムーズに乗り切れる可能性が高くなります。しかし多くの中小企業や個人事業主様にとって資金に余裕を持つのは容易なことではなく、トラブルなどで急に資金が必要になった時には頭を悩ませることになっているのではないでしょうか?そんな時に頼りになる「即日資金調達」の選択肢と、その特徴を解説します。

即日で資金調達が可能な5つの選択肢

・知人や親戚からの借入れ
・資産の売却
・ビジネスローン
・ファクタリング
・手形割引

上記したのは、即日で現金を手にできる可能性のある5つの選択肢です。それぞれに違いがあり一長一短ありますので、一概にどれが良いということはできません。しかし各資金調達方法の特徴などを知ることで、中小企業や個人事業主様が選ぶべき選択肢はどれかが見えてくるはずです。

知人や親族からの借入れ

不足してしまった資金を、気心の知れた知人や親族からの借入れや援助で乗り切るというのも一つの選択肢です。銀行などからの融資と違い、話をした当日にお金を用意してもらえる可能性もゼロではなく、担保や保証人もなしでお金が借りられる可能性も高くなります。さらには利息すら発生しないという期待も低くはありません。

知人や親族からの借入れの注意点

知人や親族が相手だとしても、お金のやり取りが行われたことで関係が壊れるというのは珍しい話ではありません。普段からの繋がりがあるからこそ相手側は融資や援助を行ってくれるわけですが、相手側にとってのメリットはほぼなく、ただリスクを背負うだけになることがほとんどです。またどれだけの額の資金調達ができるかも不透明であり、相手側に無理を言うと資金調達に失敗するだけでなく、家族や知人というかけがえのない存在との繋がりを失うことにすらなりかねないことを理解しておきましょう。

資産の売却

会社として抱えている資産を売却することでも、資金調達は可能です。使用していない設備や不動産など様々なものが資産として考えられますが、ものによっては即日で売却し現金に変えることもできます。融資とは違い負債になることもなく、場合によっては不要物を片付けられるという効果も期待できます。

資産の売却の注意点

不動産などは高額の資金調達も期待はできるものの、即日での売却は容易ではありません。また売却したことで事業に大きな影響が出てしまうことがないよう、何を売却するかを熟考することも必要となります。また何を選ぶか、どこに買取りを依頼するかによって手に入る額い大きな違いがでることになりかねないということ、そして中古品の買取として扱われた場合には、思ったよりも買取額が低くなっても不思議ではないことをご理解ください。

ビジネスローン

金融機関に頼った即日資金調達としては「ビジネスローン」がその選択肢となり得ます。申込みを行った当日に融資を受けられる「即日融資」に対応している場所も少なくはなく、急ぎの資金調達に役立ってくれます。通常の銀行融資と比較して必要書類が複雑でないことが多く審査そのものも簡略化されており、中小企業や個人事業主様も審査通過しやすいのも特徴です。

ビジネスローンの注意点

ビジネスローンには限度額の低さと金利の高さという問題点があります。金利は10%を超えることも少なくはなく、特に初回の借入れ時には上限に近い金利が設定されることも珍しくはありません。限度額に関しても徐々に融資枠が大きくなることは期待できますが、最初は数十万円程度の少額で限度額が設定されてしまうことになる可能性は低くなく、高額の資金調達は期待しにくいのが事実です。

ファクタリング

売掛金の売却によって資金調達を行うファクタリングは、国内でも近年、利用する企業が大きく増加している資金調達方法です。資産の売却による資金調達方法の1つと考えられますが、ファクタリング会社と呼ばれる専門の買取業者も数多く存在しており、即日買取に対応できる場所も少なくありません。資金調達によって手にした資金は負債として扱われないのも特徴です。

ファクタリングの注意点

売掛金が手元に無くては利用できないこと、売掛金の額面以上の資金調達は絶対にできず、買取の際には手数料を支払う必要があることが、ファクタリングのデメリットと言えるかも知れません。このような理由から開業資金を得るための資金調達先としては不向きであり、高額資金調達にはそれ以上の額の売掛金が必要となります。

手形割引

支払いに関して法的な強制力のある、受取手形を譲渡し現金化するのが手形割引です。この資金調達方法はファクタリングとは違い融資として扱われます。銀行でもこのサービスは利用可能ですが即日資金調達は難しく、しかし手形割引業者と言われる専門業者をを利用すれば即日で現金調達ができる可能性も充分にあります。

手形割引の注意点

手形割引で譲渡した受取手形が不渡りとなった場合には、弁済義務によって資金調達で得た資金を返金しなくてはならず、支払いが無事に実行されるまでは気を抜くことができません。また融資として扱われることから、銀行以外の場所を利用する際には貸金業登録が行われているか確認することも大切です。また当然ですが、手形を持っていなくては利用することはできません。

即日資金調達に最もおすすめなのは「ファクタリング」

即日で資金調達ができる可能性の高い選択肢の中でも、中小企業や個人事業主様に特におすすめしたいのは「ファクタリング」です。ファクタリングの利用には売掛金があることが必須ですが、多くの企業様は取引を行う中で売掛金を抱えているはずです。またその売掛金の支払サイトが資金繰りを難しくなる問題となっているかも知れませんが、ファクタリングを利用して期日前に現金化することができれば、支払サイトの問題もクリアすることが可能となります。

審査基準が中小企業・個人事業主向き

ファクタリングの審査で問われるのは「債権者(ファクタリング利用者)」ではなく「債務者(売掛先)」の経営状態や信用情報です。これは売掛金の支払いを行うのは売掛先だからであり、このおかげで赤字経営や税金の支払いが遅れているという企業様でもファクタリングは利用しやすいのです。

必要書類や手続きが複雑でない

ファクタリングを利用する際にも身分証明書などの書類提出は必要となりますが、銀行融資などと比較すれば提出書類は少なめです。さらに出張対応してくれる業者も少なくはなく、申込から契約までがWeb上で行えるオンラインファクタリングが利用可能な場所も増加中です。手続きが複雑でなく少ない手間でも利用が可能なことも、ファクタリングのメリットです。

資金調達後のリスクが低い

ファクタリングは手形割引と違い、売掛金の回収が不可能となっても一部の銀行系のファクタリングを除き弁済義務は原則ありません。これをノンリコース(償還請求権なし)と呼びますが、このおかげで資金調達後のリスクは低くなり、売掛先からの代金の回収に頭を悩ませることもなくなります。

「株式会社イディアル」は即日買取に対応!

株式会社イディアルは売掛金の即日買取実績も豊富なファクタリング会社です。すでに15年以上の運営歴(2006年3月設立)があり、柔軟で適切な対応でスムーズな資金調達を行っていただけます。急ぎでの資金調達をご希望であれば、イディアルにご相談ください。

オンラインファクタリング対応で「最短30分」

イディアルでは即日での売掛金の現金化が可能ですが、オンラインファクタリングも利用可能であり最速では「30分」で申込から現金振込までを完了していただくことができます。またオンラインファクタリングや出張対応により、全国どこからでもファクタリングによる資金調達を行っていただけます。

業界最低水準の手数料で「高額買取」

即日で現金化ができても手数料が高額となれば、期待したほどの資金調達が行えないことになってしまいます。しかしイディアルは業界最安レベルの「1%から10%」という手数料で高額買取を行いますので、ご安心ください。イディアルでは早さだけでないファクタングをご利用していただけます。

即日資金調達を活用してピンチを乗り切りましょう

日々順調な資金繰りを続けていくことは何より重要ですが、「もしも」に備えた資金調達の選択肢があれば、より一層経営を安定させることができるようになります。ファクタリングを筆頭とした即日資金調達方法を知っておくことは、会社経営の手助けとなるはずです。

お気軽にお問い合せください
CONTACT