03-5953-5814無料ご相談はこちら
03-5953-5814無料ご相談はこちら

ファクタリングコラム

売掛債権について徹底的に解説します。

コラム

2020年9月1日

売掛債権とは?

売掛債権とは「売掛金」とも呼ばれます。

事業主様でしたら売掛金と聞いたらピンとくる方もいらっしゃるかと思います。

売掛債権(売掛金)とは、企業間(個人事業主含む)取引で取引先企業様へサービスや商品を提供することによって発生した代金を請求できる権利です。

売掛債権には支払期日があり、売掛債権発生=資金化(現金化)というわけではありません。

一般的な売掛債権は、〇月末締めの翌月末払い、〇月末締めの翌々月払いとなっております。
締め日から入金まで1ヶ月〜3ヶ月かかるのが一般的です。

売掛債権(売掛金)は、支払期日に入金されて、初めて資金となります。

取引先によっては、売掛債権が発生したタイミングに即日お支払い頂ける場合も稀にございます。

もし、今ある売掛債権(売掛金)が早く入金されれば助かると思われている事業主様はファクタリングを利用することをお勧めします。

ファクタリングは支払期日前の売掛債権(売掛金)をファクタリング会社が買い取ることにより売掛債権(売掛金)を早期に資金化することができます。

売掛債権(売掛金)の信頼性が高いほどファクタリング審査に通りやすくなる

ファクタリングを利用するには、ファクタリング会社による審査が必要です。

ファクタリング審査は何を重視しているかというと、お申込者様の信用情報ではなく売掛債権(売掛金)の信頼性を重視しています。

以下が信頼性の高い売掛債権です。

・上場企業、有名企業、大企業からの売掛債権

・継続的に入金がある売掛債権

・国や自治体などからの売掛債権

などです。これらの売掛債権はファクタリング審査に通る可能性が高いです。

【番外編】給料は売掛債権ではない

ここ数年「給料ファクタリング」というサービスが流行っておりました。

2020年8月現在「給料ファクタリングは貸金業である」とのことで、貸金業登録をせずに給料ファクタリングをすることは違法になりました。

なぜ、給料はファクタリングできないのか?という質問を頂きますが、答えは簡単です。

「給料は売掛債権ではない」

からです。

売掛債権がなければファクタリングはできません。

お気軽にお問い合せください
CONTACT

to top