支払サイトとは?意味や種類、買い手側・売り手側の決め方を解説

プライバシーポリシー

tel

0120-471-023

受付時間 9:00~19:00(土日祝除く)

無料ご相談はこちら
03-5953-5814無料ご相談はこちら

ファクタリングコラム

支払サイトとは?意味や種類、買い手側・売り手側の決め方を解説

ファクタリング

2021年12月8日

支払サイトは、掛取引や手形と一緒にビジネスで使用される用語です。
身近なもので例えると、クレジットカードの請求額が確定してから、口座引き落とし日までの期間と同じ意味といえます。
資金繰りに大きく関係する支払サイトですが、いまいちよくわからない方もいるのではないでしょうか。
この記事では、支払サイトとは何か、意味や種類、決め方を解説します。

支払サイトとは

支払サイトとは、取引期間の締め日から支払期日までの期間です。
一般的に支払サイトという言葉は、ビジネス上の掛取引や約束手形とともに使用します。
掛取引と約束手形はどちらも後払いのため、代金を確定させてから支払日をいつにするか決めなくてはなりません。
決めた支払日までの猶予期間が支払サイトとなります。

支払サイトの語源

支払サイトの「サイト」は、英単語の「sight」からきています。
sightを直訳すると視界や視力、見解という意味であり、期日や期間という意味ではありません。
よって、支払サイトという言葉は日本独自の言い回しとなります。
ちなみに、英語では「terms of payment」や「payment term」が支払サイトと同じような意味を持つ言葉です。

一般的な支払サイトとは

ビジネスでよく使用する支払サイトは、30日と60日です。
それでは、掛取引を前提として、一般的な支払サイトや手形の支払サイトを見てみましょう。

一般的な支払サイトは「月末締め翌月未払い」

一般的に、月末締め翌月未払いの支払サイトが用いられます。
月末締め翌月未払いは、月末にその月の売上を締めて請求し、支払いが翌月末までにおこなう契約方法です。
売上の締め日から実際に代金を支払う翌月末まで30日間あるため、月末締め翌月未払い30日サイトとも呼びます。

月末締め翌々月払いの意味

支払サイトが60日の場合、月末締め翌々月末払いとなります。
猶予期間が30日サイトより長いため、買い手と売り手は互いに注文内容や代金を確認し、余裕を持って請求書や支払明細書の発行が可能です。
ただし、売り手側からすれば最大で3か月分の売上代金を保留しているため資金不足に注意しなければなりません。

手形の支払サイトは長い

掛取引の支払いは、基本的に現金や銀行振込でおこないますが、業種によっては手形で支払う場合もあります。
この場合は、掛取引の支払サイトに手形の支払いサイトも加えるため、通常より長い支払サイトになる可能性があるでしょう。
手形の支払サイトは、手形の振出日から支払日までの期間を指します。
一般的に、手形の支払サイトは30~120日がほとんどです。
手形の支払サイトは、現金取引の支払サイトより長くなりやすいため、売り手側からすると資金繰りを圧迫する原因となります。
一方、買い手側からすると、支払日が伸びるため資金繰りが安定しやすいといえるでしょう。

支払サイトの決め方

支払サイトは業種によってさまざまで、取引先との関係で決まる場合も少なくありません。
支払サイトの長さは、買い手側と売り手側で望むことが異なります。
それでは、買い手側と売り手側の支払サイトを決める方法を見てみましょう。

買い手側の決め方

買い手側は、支払サイトが長いほど有利となります。
なぜなら、支払サイトが長いほど猶予期間が長くなり、手元の資金を短期的に運用できるためです。
ただし、買い手側の支払サイトは60日が上限の目安となります。
下請代金支払遅延等防止法という法律により、給付を受けた日から60日以下でなるべく早く支払わなくてはなりません。
よって、買い手側の目安となる支払サイトは30~45日ほどですが、取引先が大規模な会社や親会社・子会社の関係性ならさらに長くなる場合もあります。

売り手側の決め方

売り手側は、支払サイトが短いほど有利となります。
なぜなら、売上を早く回収できれば資金的に利益を確定でき、次の仕入れや設備投資に使用できるためです。
ただし、支払サイトが短すぎると請求書の作成や注文代金の確認を急いでおこなう必要があるため、短くても15日ほどが目安となるでしょう。

支払サイトを決める際のポイント

支払サイトを決める際には、支払いは遅く、回収は早くすることを意識しましょう。
取引が継続すると、初めに決めた支払サイトを変更するのが難しいため、取引前に契約を交わし、取引先と支払サイトを明確に決める必要があります。
支払サイトがあやふやなまま取引を始めると、取引先の入金が遅れたり、取引先から間違って請求がきたりした場合に対応できないため注意しましょう。

支払サイトを短くする方法

会社を経営していると、資金繰りの悪化や、急に現金を準備しなければならない場合があります。
しかし、売掛金や手形のサイトが長い場合、手元に十分な資金がない場合も少なくありません。
60日サイトだと3カ月間は売上金を回収できないため、十分な資金がないと会社経営に支障がでるでしょう。
銀行などの金融機関から融資を受ける方法もありますが、審査や書類の準備に時間がかかり、支払いが間に合わない場合もあります。
そこで、支払サイトを短くする2つの方法が以下の2つです。

• 交渉を有利に進める
• ファクタリングを利用する

それでは、支払サイトの短縮方法を見ていきましょう。

交渉を有利に進める

支払サイトは、取引先の社内運用に関わることから交渉ができないと思われがちです。
しかし、交換条件による支払サイトの変更を交渉すれば取引先に同意を得られる可能性があります。
たとえば、新規取引先に対して見積もりを提出した際に、値引き交渉を受ける場合があるでしょう。
そのとき、値引きを受け入れると同時に支払サイトの短縮を申し出れば、受け入れてもらいやすいです。
既存の取引でも、価格や納期などの条件変更を受けた際、代わりに支払サイトの短縮を申し出れば有利に交渉できます。

ファクタリングを利用する

ファクタリングとは、売掛金や手形などの売上債権をファクタリング会社に売却し、資金を得るサービスです。
ファクタリングは銀行融資のような借入ではないため、負債が増えることがなく、支払期日より前に現金化できる資金調達方法となります。
銀行融資では申込者の経営状況や信用が審査対象ですが、ファクタリングの場合は売掛先が審査対象です。
よって、経営状況が悪くても利用でき、必要書類も少ないため、最短だと即日入金できる場合もあります。
オンライン上で手続きが完結するサービスもあるため、資金繰りにお困りの方はファクタリングの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

支払サイトとは取引期間の締め日から支払期日までの期間

この記事では、支払サイトとは何か、意味や種類、決め方を解説しました。
買い手側と売り手側で、求める支払サイトは異なります。
支払サイトが長すぎると、売上金を得るまでに時間がかかるため、資金不足に陥る可能性もあるでしょう。
支払期日より早く現金を得られるファクタリングなら、負債を増やすことなく素早く資金を調達できます。
イディアルは、設立してから15年経つファクタリング会社で、申し込みから最短30分での振込が可能です。
オンライン上で手続きが完結するサービスも提供しているため、ファクタリングの利用を検討している方は、ぜひお問い合わせください。

お気軽にお問い合せください
CONTACT