診療報酬ファクタリングとは?メリットや特徴など徹底的に解説

プライバシーポリシー

tel

0120-471-023

受付時間 9:00~19:00(土日祝除く)

無料ご相談はこちら
03-5953-5814無料ご相談はこちら

ファクタリングコラム

診療報酬ファクタリングとは?メリットや特徴など徹底的に解説

ファクタリング

2021年9月20日

診療報酬ファクタリングは、近年医療機関の間で注目されている資金調達方法です。診療報酬ファクタリングについて学ぶと、負債を抱えずに資金を調達することができるため、いざという時に役立ちます。ファクタリング自体の歴史は古いものの、日本でファクタリングについての取引規模は小さく、診療報酬ファクタリングを扱っている会社も少数傾向にあります。残念ながらファクタリングを取り扱っている会社すべてが優良企業という訳ではなく悪徳業者と呼ばれる会社もあるため、初心者の方でも見極めることができるように診療報酬ファクタリングについて解説していきます。

診療報酬ファクタリングとは?

診療報酬ファクタリングとは、診療報酬債権をファクタリング会社が買取ることによって早期現金化することが可能な資金調達方法です。診療報酬ファクタリングは医療機関向けのファクタリングです。
診療報酬債権とは、保険医療機関が診療をした報酬として社会保険診療報酬支払基金か国民健康保険団体連合会から支払いを受ける債権のことです。診療費の負担額は年齢によって異なりますが、窓口で3割負担の場合、残りの7割を社会保険診療報酬支払基金か国民健康保険団体連合会に請求することになります。
診療報酬ファクタリングは医療機関専門ですが、一般的なファクタリングと名称が違うように一般企業と医療機関は経営方法も売り上げ方法も異なります。医療機関と一般企業の売り上げ方法にどのような違いがあるのかを見ていきましょう。

医療機関と一般企業の売り上げの違い

医療機関は一般企業と異なり売り上げ方法に差があります。一般企業はサービスや付加価値を付けることで売り上げを大きく伸ばせる望みがありますが、医療機関は医療行為に対して点数が定められており、時間に対しての報酬はありません。また、医療行為後に一部の報酬しか受け取ることができず、すべての報酬を受け取るには数ヶ月かかります。
医療機関が診療報酬ファクタリングについて検討する場合どんな経営状況なのかについてお話します。

診療報酬ファクタリングを利用する理由

医療機関も1つの企業であることには変わりないため、資金不足に陥ってしまった場合は金融機関に頼る可能性もあります。しかし、金融機関から融資を受けると時間がかかり、信用問題にも関わるため診療報酬ファクタリングを利用することで時間の問題が解決されます。
新たな設備を導入したい場合や人材を確保したい場合など早急に資金が必要な悩みを抱えている人は無料相談などを活用し、相談することをおすすめします。

診療報酬ファクタリングは金融機関とは異なり、医療機関が利用しやすい環境が整っていますが、どのような仕組みになっているのかを解説します。

診療報酬ファクタリングの仕組み

診療報酬ファクタリングの仕組みを理解すると、開業して間もない方や初心者の人も安心して利用することができます。逆に診療報酬ファクタリングを利用するときに仕組みを知らないと期待外れになる可能性もあるため、後悔しないように仕組みについて学んでいきましょう。

診療報酬ファクタリングの仕組みとしては、医療機関がファクタリング会社と契約をして報酬を早急に現金化して受け取るものです。本来、医療機関が社会保険診療報酬支払基金か国民健康保険団体連合会に請求をして3ヶ月程かかる工程をファクタリング会社が先に医療機関に報酬を渡すことで現金化が可能となり、後にファクタリング会社は社会保険診療報酬支払基金か国民健康保険団体連合会から報酬を受け取ります。
よって、ファクタリング会社を介することで数ヶ月かかる支払いがすぐに医療機関に支払われることになります。

診療報酬ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの種類がありますが、その違いを学んでいきましょう。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違い

2社間ファクタリングとは、医療機関とファクタリング会社の間で締結されるものであり、3社間ファクタリングは、医療機関とファクタリング会社以外に社会保険診療報酬支払基金か国民健康保険団体連合会が加わります。
診療報酬ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングどちらが一般的に用いられているのかを見ていきましょう。

診療報酬ファクタリングの場合

診療報酬ファクタリングの中でも3社間ファクタリングが一般的です。医療機関は審査支払機関に知られても問題がないため、3社間ファクタリングが多く利用されています。一般企業だとほかの企業にファクタリングを活用していることが知られると業績不振と思われ、今後の取引に影響を及ぼす可能性がありますが、医療機関はそのような心配がありません。
診療報酬ファクタリングは3社間ファクタリングが一般的であったとしても、ファクタリング会社によって異なるため確認が必要です。
診療報酬ファクタリングを利用することが出来る人はどのような人なのかを解説します。

診療報酬ファクタリングの利用条件

診療報酬ファクタリングを利用できる人は、医療関係の事業者や法人となります。たとえば、薬局を経営する人、開業医、病院やクリニックを経営する人などです。
誰でも利用できる訳ではなく、医療関係向けに特化したファクタリングです。

診療報酬ファクタリングのメリット

医療関係の事業主は資金に困ったときのことを想定して診療報酬ファクタリングの良い部分を知っておくことが大切です。

・資金を早急に調達することが可能
・経営が赤字でも問題なく活用可能
・銀行融資に影響なし
・審査が優しい
・通常のファクタリングと比較しても手数料が安い傾向
・担保や保証人が不要
・手続きが簡単

医療関係の事業主の元に現金が入ってくるのは、3ヶ月程かかるため資金繰りに困っている人にとっては有効な手段となります。
また、ローンや融資のように返金という形ではなく、本来手元に入ってくる資金を先に受け取る形となるため経営が赤字だったとしても活用することができます。

通常のファクタリングと診療報酬ファクタリングを比較すると、診療報酬ファクタリングは社会保険診療報酬支払基金か国民健康保険団体連合会という公的な機関を介することになるため倒産の心配がなく、確実に資金を回収することができるため、手数料が安い傾向にあります。
経営に困っている人は診療報酬ファクタリングを検討してみてください。

上記の内容を見ていると診療報酬ファクタリングがとても活用しやすいものに思えますが、よい部分ばかりではありません。どのような点が不利なのかを見ていきましょう。

診療報酬ファクタリングのデメリット

・手数料を引いた額が支払われるため、診療報酬債権の金額すべてを受け取ることは不可
・通常のファクタリングよりも、診療報酬ファクタリングを取り扱っているファクタリング会社が少数

診療報酬ファクタリングを利用するときには、どのファクタリング会社を利用するかを自分で見極める必要があります。
診療報酬ファクタリングの利用を検討している事業主にとって利用時の注意点を知っておくと困らずに済みます。

診療報酬ファクタリング利用時の注意点

診療報酬ファクタリングは経営が悪化している医療機関にとって救世主となりますが、残念ながら根本的な経営悪化の解決にはなりません。
請求した月は経営資金が潤ったとしても根本を解決しなければ、また来月から赤字の経営となってしまいます。
近年、医療機関の経営が悪化していると言われる理由を見ていきましょう。

医療機関が経営悪化している理由

日本病院会、全日本病院協会、日本医療法人協会が公表した「新型コロナウイルス感染拡大による病院経営状況緊急調査」によると、新型コロナウイルスが流行したことにより、巨額の設備投資が必要になる、本来入院予定の人が延期となるなどして経営が悪化している現状があります。

診療報酬ファクタリングが簡単に利用することができたとしても、残念ながらすべてのファクタリング会社が優良な企業とは限りません。悪徳業者の特徴や見極め方をお話します。

診療報酬ファクタリングの悪徳業者の特徴

診療報酬ファクタリングを取り扱っている会社は少数ですが、だからこそ医療機関の事業主に合ったファクタリング会社を見つけ出す必要があります。
相談する前に少しでも違和感がある、対応に不信感がある場合は即座に話を中断することがポイントです。そのまま話を進めてしまうと思っていた内容と違う、悪徳業者に騙されたと後悔することになりかねません。
具体的に悪徳業者の可能性がある特徴を見ていきましょう。

契約書を交わさない

悪徳業者の特徴の1つとして、書類が極端に少ない、契約書がないことが挙げられます。申し込みをおこなう場合は、医療機関とファクタリング会社のお互いの信用が大切です。医療機関である証明として、社会保険診療報酬支払基金か国民健康保険団体連合会に関する請求書が必要になります。医療機関としての実績を証明するためにも必然的に書類が増えていきますが、極端に書類が少ないと感じる場合は注意してください。
基本的に診療報酬ファクタリングを依頼するときは、債権譲渡契約書を交わして契約をおこないますが、これらがない場合は高い利子で貸し付けをさせようと企んでいる場合があるため気を付けてください。

ホームページの内容が正しくない

診療報酬ファクタリングを依頼したい場合は、ホームページで検索する人が多いですが、ホームページに記載されている内容が必ずしも正しいとは限りません。
虚偽の住所や名称を名乗っている可能性があるため、診療報酬ファクタリングを依頼したいと思えるファクタリング会社を2~3社ほど選択して本当に信頼できる会社かを調べるようにしてください。実際の住所に足を運んでみる、問い合わせをしてみるなどホームページの内容と一致しているかを確かめることが大切です。

医療機関の事業主が信頼できるファクタリング会社に出会い経営を保つためにも、どのような流れで診療報酬ファクタリングがおこなわれるのかを見ていきましょう。

診療報酬ファクタリングの流れ

診療報酬ファクタリングの流れを知ると、診療報酬ファクタリングを活用することに不安を抱いている人の解消に繋がります。

診療報酬ファクタリングの流れとしては、まず医療機関がいつも通り社会保険診療報酬支払基金か国民健康保険団体連合会に診療報酬を請求します。次に医療機関がファクタリング会社に請求済の診療報酬債権の買い取りを依頼しましょう。
社会保険診療報酬支払基金か国民健康保険団体連合会に診療報酬債権を売却する承諾を得たらファクタリング契約が成立します。
ファクタリング会社から医療機関へ買い取とった診療報酬をご入金し、実際の入金日に社会保険診療報酬支払基金か国民健康保険団体連合会からファクタリング会社へ診療報酬が入金されたら完了です。

ファクタリング会社によって多少違いはあるかもしれませんが、一般的にはこの流れとなります。

診療報酬ファクタリングの悪徳業者を避ける方法は理解できたとしても、自分に合ったファクタリング会社を選択することは難しいです。
信頼できるファクタリング会社を探すためにも、会社の選び方のポイントをお伝えします。

診療報酬ファクタリングを提供する会社の選び方

診療報酬ファクタリングを依頼する会社を選択するにあたり、どのファクタリング会社も同じような傾向があります。しかし、会社によっては解約時に解約金が必要になる場合や
審査費用や事務手数料、出張費用などで別途手数料がかかる会社もあるため諸経費に注目する必要があります。

診療報酬ファクタリングは株式会社イディアルで

診療報酬ファクタリングを取り扱っている株式会社イディアルの特徴として、業界最低水準の買取手数料であり、買取手数料以外の名目で別途手数料がかかりません。
また、オンライン契約が可能のためスピードに特化しており、全国対応しています。
ほかのファクタリング会社に断られてしまった人も株式会社イディアルでは独自の審査基準により、高い通過率を誇っているため1度相談することをおすすめします。
株式会社イディアルは15年間の買取実績があり、ファクタリング会社の中でも歴史があり、信頼度も高いため、診療報酬ファクタリングを検討している人は問い合わせしてみてください。

診療報酬ファクタリングのまとめ

診療報酬ファクタリングについての特徴や注意点などをまとめてきましたが、ファクタリング会社は医療機関を経営していくのに欠かせない制度です。
診療報酬ファクタリングを活用しながら黒字経営になるように見直すことが大切です。
財務状況に影響がないため、資金に困っている人は株式会社イディアルに相談することをおすすめします。

お気軽にお問い合せください
CONTACT