請求書先払いサービスとは?フリーランス向けの資金調達方法?

プライバシーポリシー

03-5953-5814
無料ご相談はこちら
03-5953-5814無料ご相談はこちら

ファクタリングコラム

請求書先払いサービスとは?フリーランス向けの資金調達方法?

ファクタリング

2021年4月9日

手元にある請求書の支払いが実行されるまでの期間は、資金繰りを難しくする大きな要因の1つです。この期間を短くすることができれば、資金調達の負担を減らすことが可能となりますが、それを実現してくれるのが「請求書先払い」と言われるサービスです。請求書先払いとはどんなサービスで、どのよう特徴があるのかをデメリットも含めて解説します。

請求書先払いサービス=ファクタリング

請求書先払いサービスは「ファクタリング」と呼ばれる売掛債権を買い取るサービスと同じと考えていただいて問題はありません。また「売掛債権買取業務」や「請求書買取サービス」などと呼ばれることもありますが、全て内容的に大きな違いはなく同様のサービス内容です。売掛債権を期日前に買取業者に売却し資金調達を行うのがファクタリングですが、売掛債権には売掛金と受取手形が含まれます。請求書は売掛金として扱われることが多くなりますので、請求書先払いとファクタリングに違いを求めるのであれば、売掛債権全般が対象か請求書などの売掛金のみかということになります。

請求書先払いサービスのメリット

支払期日前に現金化できることや、請求書さえあれば利用のハードルが高くないことが、請求書先払いサービスの特徴となります。まずはファクタリングを含めたこの資金調達方法で得られるメリットをご紹介します。

請求書の支払い期日前に現金化できる

本来の請求書の支払期日より早く、請求書を現金に変えることができるのがこのサービス最大のメリットであることは間違いありません。通常であれば請求書の支払いが実行されるまでに一ヶ月から二ヶ月待たされることになるのも珍しくはありませんが、その期間を大幅に短縮できることで、資金調達の自由度は大きく高まるはずです。

申込みから現金受け取りまで短時間で可能

銀行からの融資では多くの場合で早くとも数週間の期間が必要であり、状況次第では月単位での期間が必要になることもあり得ます。しかし請求書先払いサービスならは即日での資金調達も決して不可能ではなく、現金が必要になったタイミングで素早く請求書を資金に変えることが可能となるのです。

担保・保証人不要、償還請求権もなし

請求書を売却して現金に変える請求書先払いサービスは、融資とは全く違う資金調達方法です。担保や保証人は必要ではなく、売掛債権担保融資とは違い償還請求権も求められません。無担保・無保証であることで利用のハードルも低くなり、償還請求権がないことで請求書の売却後の不安も小さくなりますので、利用しやすく安心感の高い資金調達方法と考えることができます。

赤字など融資が難しい状況でも利用可能

請求書を買い取る際の審査で重要なのは、売掛先が支払いを実行してくれる確率の高さです。確実に支払ってくれると判断されれば高確率で審査に通過することができ、融資のように資金調達を行いたい企業の経営状況が審査で重要となるわけではありません。ですから赤字経営や税金の滞納などという、融資では審査通過が難しい状況の企業であっても売掛先の状況や関係性次第では利用することが可能となります。

請求書先払いサービスのデメリット

買取りを実行する際には手数料が必要となり、審査では自社ではなく売掛先の信用力がっ重要となることは、状況次第では請求書先払いサービスのデメリットともなり得ます。契約方法などによっては手数料に大きな違いが出るのも特徴の1つであり、デメリットを理解し対処することで影響を小さくすることができるかも知れません。

手数料が必要になる

ファクタリングの手数料は、売掛先への通知を行い承諾を得て契約する3社間契約で2%から10%が相場と言われていますが、売掛先への通知を行わない2社間ファクタリングの場合は20%を超える手数料が設定されることもあります。手数料自体が必要となるのは避けられませんが、契約方法を考慮したり手数料以外の費用が不要な場所を選ぶことで影響を少くすることが可能です。

売掛先の信用力が重要

審査で売掛先の信用力が重要視されるということは、自社の経営が安定していても売掛先次第では審査通過が難しくなるということにもなります。また新規の取引先など取引実績が少ない売掛先の請求書は審査通過しにくくなる傾向もあり、売掛先の選択は資金調達を成功させるためにも非常に重要となります。

請求書先払いサービスはフリーランス向け?

請求書先払いサービスそのものはファクタリングと同様の資金調達方法なのは事実ですが、「請求書先払い」という名前でサービスを提供している場所の多くは、フリーランスに特化した業務を行っているようです。ファクタリングが中小企業向けの資金調達方法というイメージが強くあることで名称を変えて業務を行っているようですが、サービス内容に若干の特徴がある場合もありますので、確認した上での利用をおすすめします。

フリーランス向けサービスの特徴

フリーランス向けの請求書先払いサービスの特徴として、一般的な中小企業向けのファクタリングよりも気軽に利用できるようになっていることが挙げられます。しかしその分、制限と感じる部分もありますので、サイト上の情報をしっかりとチェックし必要性を感じたのならば問い合わせも行うようにしましょう。

高額債券の買取に対応していない

1万円程度の少額の請求書から買取りが可能な場所もあるようですが、1000万円を超えるような高額な請求書の買取には対応していないことが多く、高額の資金調達を期待した場合に利用できないという可能性があります。通常の利用には大きな問題はないかも知れませんが、買取可能な請求書の額を事前に確認しておくと安心です。

買取スピードが早い

オンライン対応可能な場所も少くはなく、請求書の額面が大きくなりにくいこともあり面談などが不要で利用できる場所も存在しています。その結果、請求書を現金化するまでのスピードが早いのも特徴です。ただし中小企業や個人事業主向けの通常のファクタリングも即日資金調達は可能ですので、フリーランス向けの請求書先払いサービスの方が必ずしも早く資金調達が行えるわけではありません。

手数料は10%程度

企業向けではなくフリーランス向けということもあり、手数料はわかりやすい数値が設定されている傾向があります。多くは10%前後であり特別に低い手数料ではありませんが、利用しやすさや資金調達スピードなどを考慮して納得できる数値かを考えてみることが大切です。フリーランスに特化していない場所の方が、低い手数料が設定されることもありますので、フリーランス向けも併せた幾つかのファクタリング会社に対して、一度問い合わせを行ってみるのもおすすめです。

中小企業には通常のファクタリングがおすすめ

請求書先払いサービスは実際にはフリーランス向けのサービスであることも多く、その場合には買取可能な額や手数料の面で中小企業が資金調達を行うにはおすすめしにくいのも事実です。また個人事業主やフリーランスの方が利用する場合にも、通常のファクタリング会社の方がメリットが大きくなることも十分に考えられます。フリーランスだから請求書先払いサービスを利用すると安易に決めるのではなく、様々なファクタリング会社と比較して利用先を決めることをおすすめします。

お気軽にお問い合せください
CONTACT

to top