運送業の資金調達にファクタリングが最適な理由と5つのメリット

プライバシーポリシー

03-5953-5814
無料ご相談はこちら
03-5953-5814無料ご相談はこちら

ファクタリングコラム

運送業の資金調達にファクタリングが最適な理由と5つのメリット

ファクタリング

2020年11月1日

ネット通販の普及により以前にも増して社会に求められる様になった運送業。ですが人件費や燃料費などのやり繰りが難しく資金繰りの難易度が高いことから、多くの経営者様が資金調達の悩みを抱えている様です。そんな資金繰りの悩みを解決する救世主となるかも知れない、運送業にとって最適とも言える資金調達方法がファクタリングです。この記事では運送業にとってファクタリングが最適と考えられる理由と、利用することでどんなメリットが得られるのかを解説します。

 

運送業が資金不足に陥りやすい原因

運送業が資金不足に陥りやすいのは、運送業が「安定したキャッシュフローが難しい仕事」だからです。しかしファクタリングを活用すれば、キャッシュフローを安定させることは難しくなくなります。ここからは運送業が資金不足に陥りやすい原因とファクタリングを使うことでスムーズな資金調達が可能となる理由をご紹介します。

 

支払サイトが長くなりがちだから

売掛債権に対して実際に代金が支払われるまでの期間を支払サイトと呼びますが、運送業の場合では2ヶ月近い支払サイトを必要とすることも少なくはありません。他の業界と比較した場合にも短いとは言えない期間であり、現金を受け取るまでに長い期間を必要とする影響で、資金繰りに苦労してしまう企業が多くなってしまうと考えられます。

 

毎月の売上が変動しやすいから

特に運送業が忙しくなるのは12月の年末商戦の時期ですが、時期による売上高の変化が大きくなりがちな仕事でもあります。安定した仕事量を抱えるためには数多くの取引先を持つことが大切ですがそれも容易なことではなく、取引先が増えたことで年末商戦などの忙しい時期には人件費や燃料費などが多く必要となるという問題が発生してしまう危険も否定できません。

 

車両の故障や事故などによる思わぬ出費の可能性があるから

搬送中の事故や車両の故障などの可能性は通常時から計算に入れておくべき事柄ではありますが、突発的な出費が重なってしまった場合には資金不足に陥ってしまう恐れがあります。車両の修理費が捻出できない状況に陥ってしまうと、仕事を進めることができずにさらに経営面での悪循環に陥ることも考えられます。他の業界でも予想外の出来事は起こりえますが、運送業は事故や故障が起こり得る可能性は他の業界よりも高く、大きな問題になってしまう危険を無視することはできません。

 

ファクタリングなら素早い資金調達でピンチが乗り越えられる

運送業で起こり得るピンチを回避するため必要なのは、「素早い資金調達」が行える方法を確保しておくことです。ファクタリングは融資と比較して格段にスピーディーに資金を準備できるのが特徴です。売掛債権の支払サイトの問題もファクタリングを活用すれば解決することが可能となります。つまりファクタリングはイザという時に非常に頼りになる資金調達の方法なのです。

 

運送業がファクタリングを利用するメリット

ファクタリングを利用するメリットは「スピード」だけではありません。その他にも契約方法に選択肢があることや、ファクタリング独自の審査方法がもたらすメリットも存在します。ここからは運送業の資金調達方法としてファクタリングを利用した場合に得られるメリットを5つご紹介させていただきます。

 

メリット1.最短で即日資金調達が可能

ここまでもご紹介した通り、「売掛債権を現金化するまでのスピード」がファクタリングを利用する上での一番のメリットになることは確かです。しかもファクタリングは最短即日での現金化が可能という、他の資金調達方では実現が難しいスピードを誇ります。融資を利用する場合には、審査期間を考慮して早めに手続きを行う必要がありますが、ファクタリングならば3日から1週間で契約が完了できるのがほとんどです。ですから融資では間に合わないタイミングで申し込んでも、ファクタリングならば資金調達ができる可能性が高いということにもなります。

 

受注量の急な増加などにも対応しやすくなる

ファクタリングの資金調達にかかるスピードを活かせば、急な受注量の増加があった際にも無理無くドライバーの増員費や燃料費の増加に対応することが可能となります。受注が増えるのは企業にとって大きなチャンスとなり得ますが、業務を遂行するには相応の資金が必要になります。しかし手元の資金が不足気味だった場合でも、ファクタリングを上手く使えばチャンスを掴み取ることが難しくなくなるはずです。

 

メリット2取引先との信頼関係を考慮して契約方法が選べる

運送業において取引先との信頼関係は、継続した仕事を発注してもらうためにも非常に重要です。しかし取引先から見て資金難を疑われてしまうとしたら、信頼関係を保つのは難しくなってしまいます。もちろんファクタリングは公的にも認められている資金調達方法ですから、利用に関して後ろめたさを感じる必要は無いのですが、契約方法の選び方次第では取引先に怪しまれるという不安を軽減することも可能となるのです。

 

「2社間ファクタリング」なら取引先への通知なし

ファクタリングには売掛債権の取引先を含めて契約を行う「3社間ファクタリング」と、ファクタリング会社とだけ契約を行う「2社間ファクタリング」があります。2社間の場合は取引先には通知や確認はありませんので、債権の売却について知られてしまう危険を大幅に下げることが出来ます。売掛債権の売却が信頼関係に悪影響を及ぼすと不安に思うのであれば、2社間での契約を選択することをお考えください。

 

取引の理解があるなら「3社間ファクタリング」がおすすめ

運送業界では既にファクタリングを利用している企業も多く、実際のところ多くの企業から理解を得られるはずです。そしてもし理解が得られるのであれば、2社間よりも手数料を低く抑えられる可能性の高い3社間ファクタリングがおすすめです。ファクタリング会社のホームページに記載されている手数料の下限の値は3社間ファクタリングを対象としていることが多く、少しでも多くの額での資金調達を目指すのであれば3社間を選択するのが効果的です。

 

メリット3.幅広い額の債権の買取に対応

最小で10万円程度から最大数億円までの、幅広い額の売掛債権にファクタリングは対応可能です。ただし対応可能な額に関してはファクタリング会社ごとに違いがありますので、ホームページ上の情報や問い合わせを行い確認してください。買取時の手数料が占める割合は債権の額が大きくなるほどに小さくなる傾向がありますが、少額債権の場合は受け取れる額の割合が小さくなることにもなりますので少し注意が必要です。

 

車両などの購入費を確保するのにも役立つ

高額な売掛債権をお持ちであれば、買取によって車両の購入費などを賄うことも不可能ではありません。融資を受けることが難しく、設備投資にかける費用が準備できない場合でもファクタリングによって費用を準備することができるかも知れないのです。車両の購入費などに対して多くの方はまず融資の利用をイメージするはずですが、ファクタリングもその選択肢の1つとなり得ます。

 

メリット4.取引先の倒産リスクが避けられる

原則的にファクタリングによって買取が行われた債権に対して、売却した企業は責任を負う必要はありません。ですから売掛債権の取引先企業が倒産してしまったとしても債権の買い戻しを求められてしまったりはしないのです。これをノンリコース(償還請求権なし)などと呼びますが、ノンリコースで契約できるのは大きな安心感となるはずです。

 

メリット5.経営状態が悪化していても利用可能

売掛債権の現金化を行うのがファクタリングであり、審査で重要となるのは経営状態よりも「債権の取引先の信用度」です。融資とは審査基準が全く違い、例え赤字経営であったり税金の滞納などがあったとしても契約が行える可能性は十分にあるのもファクタリングの特徴です。融資に頼らない資金繰りであるファクタリングは、銀行融資の審査に通過しにくいと言われる中小企業にとっては、特に頼りになる存在です。

 

「タイムリーな資金調達」がファクタリングなら実現できる!

事故や車両の故障、急な受注増加など予想外のタイミングで資金調達の必要性が起きることが考えられる運送業にとって、ファクタリングが利用できるかどうかは資金調達の成功に大きく影響します。ファクタリングを上手に活用できれば、必要なタイミングで資金を用意することが可能となり、資金繰りの悩みを大きく減らせる様になるはずです。

お気軽にお問い合せください
CONTACT

to top