03-5953-5814無料ご相談はこちら
03-5953-5814無料ご相談はこちら

ファクタリングコラム

2社間ファクタリングについて徹底的に解説します

コラム

2020年5月13日

ファクタリングの契約形態は、以下の2種類があります。

 

・2社間ファクタリング(お客様、ファクタリング会社での取引)

・3社間ファクタリング(お客様、売掛先企業様、ファクタリング会社での取引)

 

今回は、2社間ファクタリングについて徹底的に解説していきたいと思います。

・これからファクタリングでの資金調達をご検討の方

・2社間ファクタリングと3社間ファクタリングでどちらにしようか考えている方

・ファクタリングの知識をつけたい方

など、ご参考にして頂ければ幸いです。

 

ファクタリングとは

2社間ファクタリングのご説明をする前に、簡単にファクタリングについてご説明していきたいと思います。

ファクタリングとは、「売掛債権の買取サービス」です。

お客様がお持ちの売掛債権をファクタリング会社が買取ることによって、売掛債権の入金期日前に早期現金化することができるサービスです。

つまり、売掛債権入金までのタイムラグをなくすことができます。

入金前に支払いなどで、早急に資金が必要な場合に最も適した資金調達方法の一つです。

 

2社間ファクタリングとは

2社間ファクタリングとは、お客様とファクタリング会社での契約になります。

おおまかな流れは以下となります。

①ファクタリング会社がお客様の売掛債権を買取ります。

②ファクタリング会社がお客様の口座へ買取金額を振り込みます。

③実際に売掛先企業様からお客様へ入金があったら、ファクタリング会社へ支払います。

 

必然的に、売掛先企業様に知られずに資金調達が可能となります。

ファクタリングの利用者数は、近年増加の傾向ではありますが、まだ知名度は低いです。

そのため、ファクタリングの利用は、売掛先企業様に「資金繰りが厳しいのではないか…」というマイナスな印象を持たれてしまう可能性もあります。

ですが、2社間ファクタリングでは、お客様とファクタリング会社のみの契約になります。

よって、売掛先企業様との関係に支障をきたすことなく資金調達が可能となります。

 

2社間ファクタリングのメリット

前項と重複してしまう部分はありますが、以下が2社間ファクタリングのメリットになります。

 

売掛先企業様に知られずに資金調達が可能

2社間ファクタリングのメリットの一つは、売掛先企業様に知られずに資金調達が可能ということです。

2社間ファクタリングでは、お客様とファクタリング会社での契約となりますので、売掛先企業様に知られることはありません。

そのため、取引停止や取引縮小になる恐れはありません。(3社間ファクタリングは、売掛先企業様の承諾を取るため、必然的にファクタリングの利用を知られてしまいます。)

 

資金調達までのスピードが速い

2社間ファクタリングは、最短即日での資金調達が可能となります。

入金前に支払いなどで早急に資金が必要な場合は、2社間ファクタリングでの契約がおすすめです。

3社間ファクタリングの場合、売掛先企業様に承諾を取る必要があるため、2社間ファクタリングと比べ、資金調達までの時間がかかってしまいます。

 

2社間ファクタリングのデメリット

次に、2社間ファクタリングのデメリットについてご説明していきたいと思います。

2社間ファクタリングのデメリットは、以下になります。

 

ファクタリング手数料が高い

2社間ファクタリングは、3社間ファクタリングと比べてファクタリング手数料が高いのがデメリットです。

2社間ファクタリングの手数料相場は、10%~30%となります。

3社間ファクタリングの手数料相場は、1%~10%となります。

2社間ファクタリングは、3社間ファクタリングと違い、売掛先企業様が参加しません。

そのため、ファクタリング会社は、お客様から提示のあった資料のみで、買取る売掛債権の存在確認をしなければなりません。

また、支払いもお客様自身が行うことになりますので、売掛金持ち逃げのケースが発生する可能性があります。

このように、ファクタリング会社の売掛債権未回収リスクが高くなってしまうため、手数料は高く設定されています。

 

審査に通りづらい

2社間ファクタリングは、3社間ファクタリングと比べて審査に通りづらいデメリットがあります。

3社間ファクタリングと比べて、売掛債権未回収リスクが高いからです。

2社間ファクタリングの場合は、売掛先企業様が参加しないため、お客様から提示のあった資料のみで、買取る売掛債権の存在確認をしなければなりません。

2社間ファクタリングでお申込みをする際は、売掛債権を証明できる書類はもれなく用意しましょう。

 

大手や銀行系は2社間ファクタリングを提供していない

大手や銀行系のファクタリングサービスは、基本的に3社間ファクタリングのみとなります。

そのため、2社間ファクタリングでの資金調達を行う場合は、大手企業、銀行系以外のファクタリング会社を選ばなければいけません。

日本には数多くのファクタリング会社があります。

その中には、ファクタリング会社を装った悪徳闇金業者も紛れています。

悪徳闇金業者の場合は、金融免許がないにもかかわらず償還請求権があるファクタリングを提供しています。

償還請求権があると、ファクタリングではなく、「売掛債権を担保とした貸付」になってしまいます。

ファクタリング会社を選ぶ際はご注意ください。

 

売掛金をお客様がファクタリング会社へ直接支払わなければいけない

2社間ファクタリングの場合、売掛金の入金があり次第、お客様がファクタリング会社へ直接支払わなければいけません。

3社間ファクタリングの場合は、売掛先企業様がファクタリング会社へ直接支払いを行います。

2社間ファクタリングでは、お客様がファクタリング会社へ直接支払わなければいけませんので、その分、手間がかかってしまいます。

 

まとめ

2社間ファクタリングは、お客様とファクタリング会社での契約になります。

必然的に、売掛先企業様に知られずに資金調達が可能となります。

 

2社間ファクタリングのメリット

・売掛先企業様に知られずに資金調達が可能

・資金調達までのスピードが速い

 

2社間ファクタリングのデメリット

・ファクタリング手数料が高い

・審査に通りづらい

・大手や銀行系は2社間ファクタリングを提供していない

・売掛金をお客様がファクタリング会社へ直接支払わなければいけない

 

よって、

・早急に資金調達が必要な方

・売掛先企業に知られずに資金調達をしたい方

は、2社間ファクタリングでの契約がおすすめです。

 

2社間ファクタリングを検討中の方へ

日本には、数多くのファクタリング会社があります。

そのため、ファクタリング会社によって、手数料の設定は異なっていきます。

株式会社イディアルでは、2社間ファクタリングに特化しているため、業界最低水準のファクタリング手数料2%からご案内しております。

また、お申込みから最短60分のスピード審査、オンラインでのスピード契約にも対応しております。

最短、お申込み当日に買取金額をお客様の口座へお振込み致します。

ファクタリング会社をお探しの方は、お気軽にお問い合わせください。

無料相談も受け付けております。

お気軽にお問い合せください
CONTACT

to top