03-5953-5814無料ご相談はこちら
03-5953-5814無料ご相談はこちら

ファクタリングコラム

2社間ファクタリングの流れ

コラム

2020年9月13日

2社間ファクタリングの流れ

今回は2社間ファクタリングの流れについて解説します。

3社間ファクタリングと比べて2社間ファクタリングの方が資金調達までのスピードが早くなります。

まず初めに2社間ファクタリングについての説明からしていきます。

2社間ファクタリングとは

2社間ファクタリングとは、お客様とファクタリング会社、2社間での契約になります。

2社間ファクタリングの基本的な流れは以下となります。

 

①ファクタリング会社がお客様の売掛債権を買取ります。

②ファクタリング会社がお客様の指定口座へ買取金額を振込みます。

③支払期日までに売掛先企業様からお客様へ支払いがあったら、ファクタリング会社にそのままお支払い2社間ファクタリング取引が完了です。

 

2社間ファクタリングの場合、売掛先企業様に知られずに資金調達が可能となります。

ファクタリングをご利用されるお客様は、近年増加の傾向ではありますが、まだまだ「ファクタリング」の知名度は低いです。

そのため、ファクタリングの利用は、売掛先企業様に「資金繰りが厳しいのではないか…」というマイナスな印象を持たれてしまう可能性もあります。

最悪の場合、ファクタリングの利用を知られると取引停止になる可能性があります。

ですが、2社間ファクタリングでは、お客様とファクタリング会社のみの契約になります。

よって、売掛先企業様との関係に支障をきたすことなく資金調達が可能となります

 

2社間ファクタリングの流れ

① 取引によって売掛金が発生

② ファクタリング会社に申込

③ ファクタリング契約の締結

④ ファクタリング会社からお客様へ買取金額の支払い

⑤ 売掛金の支払期日に売掛先からお客様へ入金

⑥ 売掛金をファクタリング会社へ支払い

お気軽にお問い合せください
CONTACT

to top