03-5953-5814無料ご相談はこちら
03-5953-5814無料ご相談はこちら

ファクタリングコラム

3社間ファクタリングの流れ

コラム

2020年9月13日

3社間ファクタリングの流れ

今回は3社間ファクタリングの流れについて解説します。

2社間ファクタリングと比べて3社間ファクタリングは流れが複雑になります。

まず初めに3社間ファクタリングについての説明からしていきます。

 

3社間ファクタリングとは

3社間ファクタリングとは、お客様、売掛先企業様、ファクタリング会社での契約になります。

おおまかな3社間ファクタリングの流れは以下となります。

 

①ファクタリング審査の段階で、売掛先企業様にファクタリング契約の承諾を得る

②ファクタリング審査通過後、お客様、売掛先企業様、ファクタリング会社での契約を結ぶ

③ファクタリング会社からお客様の口座に買取り代金を振込みます。

④支払期日までに、売掛先企業様がファクタリング会社へ売掛金の支払いをします。

 

3社間ファクタリングの場合、売掛先企業様にファクタリング契約を承諾してもらう必要があります。

そのため、3社間ファクタリングは、2社間ファクタリングと比べると時間がかかってしまうデメリットがあります。

しかし、3社間ファクタリングは、2社間ファクタリングと比べると、ファクタリング手数料が安いのがメリットです。

何故、ファクタリング手数料が安くなるのかと言うと、3社間ファクタリングは、売掛債権未回収リスクが低くなるからです。

ファクタリングの利用を理解してくれる売掛先企業様でしたら、3社間ファクタリングでの契約がおすすめです。

 

3社間ファクタリングの流れ

① 取引によって売掛金が発生

② ファクタリング会社に申込

③ 売掛先企業に債権譲渡の同意をとる

④ ファクタリング契約の締結

⑤ ファクタリング会社からお客様へ買取金額の支払い

⑥ 売掛金の支払期日に売掛先からお客様へ入金

⑦ 売掛金をファクタリング会社へ支払い

お気軽にお問い合せください
CONTACT

to top