03-5953-5814無料ご相談はこちら
03-5953-5814無料ご相談はこちら

ファクタリングコラム

「銀行融資」と「ファクタリング」の違いと資金調達先の選び方

資金調達

2020年10月17日

多くの企業が既に資金繰りに改善に利用しており、利用を考えている「銀行融資」。それに対して「ファクタリング」は、まだまだ浸透しているとは言えません。ですがファクタリングには銀行融資には無いメリットが幾つもあり、特に中小企業や個人事業主様におすすめしたい資金調達方法です。この記事を通し銀行融資とファクタリングの違いを知ることができれば、状況に応じてどちらの方法を選択すべきかが見えてくるはずです。

 

銀行融資は「借入」、ファクタリングは「買取」

銀行融資とファクタリングの最大の違いは、銀行融資はその名の通り融資を受ける「借入」であり、ファクタリングは「買取」だということです。ファクタリングとは支払いのタイミングが訪れていない売掛債権を、業者に売却することで現金にする資金調達方法です。借入なのか売却なのかという違いは資金調達の前にも後にも大きな影響を与えますが、まずは銀行融資とファクタリングそれぞれの特徴やメリット・デメリットについてご紹介します。

 

銀行融資のメリットとデメリット

資金調達方法の中でも最もメジャーと言える「融資」の中でも、銀行からの借入は安心感があります。しかし何も考えずに銀行融資を利用しようとしても、期待通りの結果が得られるとは限りません。とりあえず銀行融資に申し込むのではなく、メリットとデメリットを知り利用すべきかどうかを判断してから手続きを始めましょう。

 

低金利での借入が期待できる

審査結果や返済期間に影響されますが、銀行融資であれば2%台などの低金利での借入ができる可能性があります。銀行からの融資は信用金庫やビジネスローンを利用するのに比べて低金利が設定されることが多く、利息を抑えてコツコツと返済するのには向いていると言えます。その場を融資で乗り越えられたとしても、返済に苦労してしまっては経営状況が中々上向きません。借入する際には、当然ですが金利は重要なポイントとなります。

 

高額融資が受けられる可能性も

銀行からの融資のメリットの一つとなるのは「高額融資の可能性」です。ビジネスローンでは多くても数百万円程度しか期待できず、また信用金庫などよりも高額融資が期待できる銀行は、設備投資などまとまった事業資金が必要な時にはとても頼りになります。もちろん希望する額が借りられるかは審査次第となりますが、上限の限度額が低い場所に申し込むよりは、多くの資金調達ができる確率はアップするはずです。

 

審査通過は容易ではない

融資を受けるには審査に通る必要がありますが、銀行は他の金融機関よりも審査が厳し目だと言われています。特に低金利での融資を期待するとすれば、そのハードルは一段と高くなります。中小企業や個人事業主様の場合には、審査に通過することができたとしても設定される金利が高く、信用金庫や日本政策金融公庫に申し込む方が金利が低く設定されたという話も少なくはありません。逆にある程度の会社規模と良好な経営状況であれば、低金利での融資が受けられる期待は高まります。

 

実績を積むことで融資が受けやすくなる

審査に通過することが難しいと言われる銀行融資ですが、信用金庫などを利用し返済実績を積むことができれば融資が受けやすくなります。将来的に大口の融資を考えているのであれば、まずは銀行以外で実績を積むことも有効です。

 

信用情報の傷や利息に追われる危険

これは銀行融資に限ったことでは無いのですが、融資を受ける以上は返済のトラブルなどを起こしてしまい信用情報に傷が付く危険は否定できません。数カ月の延滞などで金融事故として登録されてしまっては、今後融資を受けられる可能性は極端に低くなってしまいます。利息に追われて新たな借入を増やしてしまうのも経営状況の悪化に繋がってしまいますし、しっかりとした返済計画を建てることが何よりも重要です。

 

ファクタリングのメリットとデメリット

ファクタリングは支払い期限前の売掛債権があれば利用できますので、個人事業主様や中小企業にも利用しやすい資金調達方法です。また資金調達までのスピードも優秀であったりと他にもメリットがあり、既に海外ではメジャーな資金繰りの手段の一つとなっています。

 

負債が増えずに資産が増える

融資を受ければ、バランスシート上の負債の額が増えるのを避けることはできません。計画的で着実な返済が行われている間は大きな問題にならないとしても、借入額が大きくなれば負債超過になってしまう危険性は高くなります。しかしファクタリングはそもそも融資ではありませんので負債額が増える心配もなく、バランスシートの提出を求められる場面でも悪影響を及ぼさないで済むのです。

 

早ければ数日で現金化することが可能

ファクタリングは取引先からの承諾を必要とする3社間ファクタリングと、必要としない2社間ファクタリングがあります。3社間の場合でも書類の準備に不備が無ければ2から3日で現金化することが可能ですが、2社間ならば即日の現金化も不可能ではなくなります。銀行融資ではこのスピードを実現することは難しく、急いで事業資金が必要な時には非常に頼りになります。

 

手数料が思った以上に高額になることがある

売掛債権の買取には手数料が必要となります。また債権譲渡登記を行うための費用が求められることもあり、前もって確認をしておくことが大切です。特に少額の債権の買取の場合には手数料の割合が大きくなりがちですが、2社間ファクタリングを選択した場合も3社間よりも高い手数料を求められる傾向にありますので少しご注意ください。

 

債権の信頼性が重視される

「銀行融資を断られたがファクタリングは利用できた」という経験をした企業は数多く存在し、これは2つの資金調達方法における審査基準に大きな違いがあるから起きることなのです。銀行融資の場合は経営状況や将来性が、ファクタリングの場合は売掛先企業の信頼度や支払い実績が重視されます。ですから会社規模や実績が充分でなくても、ファクタリングは利用しやすいのです。

 

銀行融資とファクタリングの活用方法

銀行融資とファクタリングには、それぞれ違ったメリットとデメリットがあります。ですからメリットを活かし、デメリットの影響を受けにくい活用方法を選ぶことが大切です。どんな状況の時に融資を選択し、ファクタリングはどんな時に活用すべきか、その一例をご紹介します。

 

設備投資など大きな額の融資を希望するなら「銀行融資」

大きな額の融資が受けられる可能性があるが資金調達までに時間のかかりやすい銀行融資は、設備投資などに利用するのが最適です。ファクタリングでも数億円単位での現金化は可能なのですが、それに見合った債権が必要となってしまいます。ですから、事業拡大のためなどで多額の費用が必要な場合は銀行融資が向いています。

 

急いでいたり融資に頼りたくないなら「ファクタリング」

ファクタリングは「繋ぎ」としての活用がおすすめです。数日で現金化ができる為、融資までに時間がかかりそうな時などに必要な額だけを現金化して繋ぐことができます。また融資に頼ってしまいがちな経営状況を改善する為に、負債を減らす目的で利用するという考えた方もあります。

 

「どちらか」ではなく柔軟に資金調達方法を選択しましょう

融資と買取という全く違う資金調達方法ですので、2つの方法を併用したとしても何も問題はありません。ですから資金が必要になった状況によって、銀行融資とファクタリングのどちらがより有効かを考えることが大切です。どちらかに拘るのではなく、柔軟な考えで資金調達方法を選びましょう。

お気軽にお問い合せください
CONTACT

to top